« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.31

みどりのたぬき

今日の昼ごはん。
みどりのたぬき。
以上。

以上、って変換するときに『異常』て出てきた。
確かに異常かもしれないですな。

最近カップ麺が続いている。
周りからも身体に悪いと言われつつ、なかなかやめられない。
つゆまで飲み干す。

最近身体にいいカップ麺がはやっているそうですね。
『健太郎』だっけ?
よく覚えてないや。

昨日帰ってくるときにコンビニで見かけたから、今日はそれでも買ってこようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.30

ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきら

ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺぺぺぺぺぺぺ・・・・・・・・・・・・

みょもと Lv48

強い、強すぎるぜ!ローレシア!


ゆうれいもリザードマンもヒババンゴもイチコロさ。海底洞窟の溶岩だってなんのその~。
ロンダルギアの洞窟だってへっちゃらさ。


彼の通った後には、モンスターの亡骸と、ひつぎが二つ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.29

地震ていうのは

怖いものですね。
来るのが分かってて、完璧に対策を立てても、いざ来たとなったらガスの元栓締めてブレーカー落として、逃げ道を確保しておいて・・・そこで手が止まっちゃう。
で、どうしようか、って。
もし津波が来るぞ、なんてことになったら慌てて逃げ出すしかないでしょうね。

2005/3/28の地震では津波の被害はなかったものの、千~2千人が死亡したと伝えられています。
そのほとんどが建物の下敷きになったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.28

寒い日は、かけそばを

気温のアップダウンが激しいですね。最近。
何か知らないけど、今日になって急に花粉症の症状がでてきました。今まで全然平気だったのに。

ちなみに今日の関東の天気は雨です。天気予報でも『少ない』だったのに。

なんでだろう?
……とりあえず病院で貰った点鼻薬をシュシュッとやったのでかなり良好。
心いくまで鼻呼吸を楽しんでみる。あんまりやりすぎると鼻凍えしちゃうからほどほどに。

食べるものにも気をつけないと。
最近1日2食しか食べてないです。

昼、チキンラーメン。
夜、ダブルチーズマックトリオ。飲み物はホットコーヒー(ブラック)。

メチャクチャ身体に悪そうですね。

……嗚呼、こんな寒い日は、あじさいのかけそばが無性に食べたくなる……。
あの麺の喉越しが絶妙なんですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.27

こみっくパーティー5

っていう本を買いました。
コミックマーケット(通称コミケ)をテーマにした漫画ですね。
これでシリーズ5作目で最終巻です。

ここまで至るのには4年くらいかかってます。
大体1年に1冊ペース・・・。

だけどそれでも、つぎの巻を買うときに、前巻の話を忘れることはありませんでした。それほどこの作品には熱いものがこもっています。
それはものを書いていく上で薄れていってしまいそうになるものだけど、これを忘れたら熱くなれない『なにか』なのかもしれません。

最後に
犬威赤彦先生お疲れ様でした!
大志が格好よかった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.26

寝坊

寝坊しました。

さいきん起きるのが遅くなってきているような・・・・・・。
起きれるんですけど、座ってたら寝てました。
一度寝だめしておいたほうがいいかもしれません。

今日も仕事です。
さて、チキンラーメンでも食べて出勤するかな・・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.25

ライブドアvsフジテレビ3

これは私的な意見なので真に受けないでください。ただの呟きです。

フジテレビのホワイトナイトにはソフトバンク・インベストメント(SBI)がなるようです。
SBIはニッポン放送が所有している13.88%のフジテレビ株を借り受け、フジテレビの筆頭株主となりました。これによってライブドアがニッポン放送を経由してフジテレビと提携することは困難なことになりました。

ライブドアにとって最悪なシナリオは、SBIとフジテレビが提携して、パックマンディフェンス(逃げていた側が逆襲して飲み込むこと)をして反撃してくることだと思われます。もっとも、堀江社長は受けてたとうと言っていましたけど。
しかしその心配は今のところなさそうです。

SBIは今回の提携に際し、ライブドアよりも具体的なヴィジョンをプレゼンテーションしたことになります。やろうとしていることはライブドアに近い(それかおなじ)ことなんですけどね。
『SBIビービー・メディア投資事業有限責任組合』というものを立ち上げたようです。そこではネットとメディアの融合に対して模索するようです。
SBI側は、『フジテレビのホワイトナイトになるつもりはない。だがこの騒動を丸く治める策はある』と言っていました。

これに対してライブドア側は、ニッポン放送がフジテレビ株をSBIに貸し出したことに関して、なんらかの法的手段を行使できないかと検討しているようです。

しかし・・・・・・。
フジテレビの老人方は堀江社長がよほど嫌いなようですね。
ライブドア側が話し合いを求めてもちょっとしか応じないし、黙っていたかと思うと他のインターネット関連企業と提携するし。
それにしてもSBIでしたか。私は楽天が出てくると思っていましたけど。しかし今出てこなくても近いうちに出てくるでしょう。

 さて、素人目に見て、これからのシナリオを考えて見たいと思います。

 まずは、SBIとフジテレビが立ち上げたファンドにライブドアが参画するシナリオ。これは一番ありうると思います。

 次にライブドアがニッポン放送のフジテレビ株を取り戻し、従来どおりフジテレビと提携を呼びかけていくシナリオ。これもありえますね。フジテレビ側もSBIと手を結んだと言うことはネットとメディアの融合に対してある程度の期待はしているわけですから。

 最後にライブドアがLBO(レバレッジド・バイアウト:てこの意)によってフジテレビを買収すると言うシナリオ。これは一見なさそうに見えますけど、堀江社長のことだからなにをやらかすか分かりませんね。

これからどうなるかは、SBIの呼びかけにライブドアが応えるかどうかにかかっているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.24

ライブドアvsフジテレビ2

これは私的な見解ですから真に受けないでください。ただの呟きです。

 ニッポン放送株の新株予約権の発行に関する東京高裁の判決があったようです。
結果はライブドアの勝利です。
これを含めるとライブドアの3連勝と言うことになります。

 それにしてもその後のニッポン放送の亀淵社長の記者会見がなんともいえぬ哀愁が漂っていましたね。
亀淵社長はまず一言目に『残念だ』といって、その後も連発し、記者から堀江社長について聞かれると、
ずるい』と言ってました。
ずるいってあんた・・・・・・。あんたが生きている社会はこういうものなんだよ、って失笑してしまいましたけど、そこがカメちゃんの愛嬌と言ったところでしょうか。

 ライブドアの堀江社長は、フジテレビの買収は今のところ考えていないようです。当面のところはニッポン放送を通じたフジサンケイグループとの提携でしょうか。
『我々はこの分野に関しては素人だ。教えを乞うて行きたい』といった意味のことを言っていました。

 フジテレビの日枝会長は、記者会見には出てきませんでした。
その代わりに社長が出ていました。その社長は記者の質問に対して、あまりにも大げさな相槌を打って、慎重に言葉を選んでいたところから察するに、日枝会長は相当ご立腹のようです。当然と言えば当然ですが。

さて、これでライブドアとフジテレビのバトルは終わりました。……このままでは終わりそうにないけど。
楽天が動きそうかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.23

ドラゴンクロニクル

こないだ攻撃を喰らった時に、ちょうどHPが1残ったんですよ。

それでどっちかがこっち向いてくるだろうな、と思ってたらどっちも向く気配がない。
『お前がやれよ、オレはお前を叩く』
っていういやな場ですね

そんなことでこっちはフリーになったわけですけど、普通だったらガードかシールドで手堅く行きたくなるのが普通ですけど、手元には『予告・打撃』が・・・・・・。

やりましたよ。
のこりHP1で『予告・打撃』
打撃を高らかに宣言した!
かっこいいですね!

時属性はこういうのが面白いですね。
ラス前のターンにこれをやったんですけど、つぎのターンはどうなるか分からないものがありますね。
もちろん殴ったんですけどね。
スペルデストロイヤーで葬りました。

だけどそのあとに攻撃を喰らってあえなく3位。
そのあとに『予告・魔法』を覚えました。

ああ、クセになりそうだ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.03.22

ドラゴンクロニクル

ドラゴンクロニクル、昨日久々にやりましたよ。
一ヶ月半ぶりですね。
ちなみにマイドラゴンは初めての時至竜。

そっちょくに思ったこととしては、流行の技が変わったことや、見たこともないドラゴンがいたということでしょうか。

久々ということでなかなかカンがつかめず、最初の3回は下位に終わりました。その後、ちょっとしたイタズラ心で、1ターン目に痛い魔法を当てると、相手は魔法で反撃してくるはずという(あさはかな)読みのもとやってみると、意外と面白いように引っかかるんですよ。

1ターン目
アピアウェポンズ
2ターン目
反射の盾

て感じですけど、3ターン目からが勝負ですね。ケンカ売ってますのでw。両方から狙われます。
この方法は1ターン目が高確率で祈る人に対してオススメです。

あとおなじ人には通用しませんでしたね。
1ターン目に魔法封じやられましたw。
『こいつ絶対根に持ってるよ…』
とかいいながらやるのも面白いかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.21

QMA2

今日はクイズマジックアカデミーの大会ではありませんか!
ついさっき調べて気づいた!

いまからゲーセンに行ってアロエたんに会ってきます!では!

プロフィール
マイキャラ:アロエたん
キャラネーム:YOU
所属:ガルーダ寮

ガルーダ先生は
『行くぞオラァ!』
と気合を入れてくれます。(声優は若本規夫:鬼武者3の明智光秀、F-ZEROファルコン伝説のブラックシャドウ、あずまんが大王のちよ父など他多数)

あったときはお手柔らかに!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.20

昔に書いた小説を読み返す…

創作小説サイトを立ち上げたということで、2年前に書いた小説を読み返してみたんですけど、……よくもまあ、こんなものを書いたものだな、と顔が赤くなるのを感じました。

シナリオはいいんですけど……まあ、文章と構成が……これじゃあダメだ。
添削しようと思うんですが、大まかなシナリオを変えずに構成を変えなければならないということでかなりややこしいことになりそうです。

書いた当時は自信作だったけれども、こうして読み返してみるとなんとアラが多いことか。
そう思えることが成長した証なんだろうけど、なんだか素直になれません。

とりあえず、これをそのままアップするわけには行かないので、ホームページに載せるのは添削してからになりそうです。
さて、これからがんばらなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

司馬遼太郎

今日はぼくの読書の趣味を明かしたいと思います。

ぼくは司馬遼太郎をよく読みますけど、周りに誰も読んでる人がいないんですよ。
確かに20代前半で司馬遼太郎は渋いな、と自分でも思うけど、ぼくの周りは電撃文庫などのライトノベルが主流なのでしょうがないですね。

いいですよ~、司馬遼太郎は。
まずは著者近影が渋い。彼ほど稀有な容姿をしている作家は他にいないでしょう。さわやかな若者の短髪が、そのまま真っ白くなっているような感じでしょうか。

彼の作品ではじめて読んだのは『梟の城』(ふくろうのしろ)ですね。
読み始めたころは、正直教養を得るためだったんですけど、読んでいくうちに見事にはまってしまいました。司馬遼太郎は長編がいいですね。短編はあんまり好きじゃありません。m(_ _)m

梟の城→燃えよ剣→竜馬がゆく→国盗り物語のコースを短編集を織り交ぜつつ読みすすめていって、いまは風神の門を読んでいます。

あんまり古いものばかり読んでいても、感覚的に取り残されていってしまうので、最近は江國香織や宮部みゆきも読んでいます。

……しかしすごいものですね、司馬量太郎→江國香織って言うのも。
なかなかギャップがあって面白いものですよ。燃えよ剣とぼくの小鳥ちゃんが並んでいる本棚も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.19

ライブドアvsフジ1

これは私的な意見なので真に受けないでください。ただの呟きです。

さて、ライブドアがニッポン放送を買収することがほぼ確実となったようです。しかしそれだけでは止まらずに、ライブドアはフジテレビも買収しようかという勢いのようですね。
ニッポン放送が持っているフジテレビ株が22%ほどですから、30%ほど買い足せばいいわけですから。
となれば必要とされている資金は2000億円だそうです。

ただ、ぼくが思うにフジテレビ買収の情報はブラフなのかな、と。
もちろん、やる気はあるのでしょうけど。

LBO(買収企業の資産を担保に資金を調達する方法)によってフジテレビを買収するという情報を流すことにより、フジテレビが交渉の席に着く可能性は高くなるわけです。
もちろん、今までどおりフジテレビ側が強硬な姿勢をくずさなかった場合、ライブドアはフジテレビを買収しようとするでしょう。

現状ではライブドアのほうが有利な選択肢が多いようですね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.03.18

日記がつまらない職業

日記がつまらない職業ってなんだろう?
と考えて、働くことなんていつものことなんだから、どんな職業の人が書いたってつまらなくなるよ、なんて思うけど、それでも考えてみるといい暇つぶしになるかもしれない。

それとは逆に、日記が面白くなる職業はなんだろうなと考えてみると、消防士や警察官なんかは面白くなりそうだ。ほら、ドギュメンタリー番組でもやってるし。やはり、他の人とは一味違った非日常と背中合わせの人が書くものは面白いんだろうな。

だけどおなじ非日常といっても、いくら文章を描くことが仕事と言っても、小説家の書いた日記はあまり読みたくないような気がする。
そりゃあ、文豪がかいた日記とか手紙とかは、意外な人のつながりがあって面白いけど、日記って言うものは基本的には今日身の回りで起こったことを書いていくものだと思う。

小説家の一日をそのまま書き起こすことになったら、とても地味なものになってしまうだろう。
朝起きて、机に向かって本を開いて、気が向いたらペンを持って、外が暗くなったから寝る。
それか昼夜が逆転してる人もいるかもしれない。いや絶対いるはず。

そのてん、小説の神様と呼ばれている志賀直哉の書いた日記風の短編集「小僧の神様 城之崎にて」は面白い。
彼の小説は読み始めると、あまりにも文体がシンプルすぎて、何か物足りないような気がするのだ。それは内容面ではなく、あまりにも歯切れがよすぎるからで、そういった批判はぼくが言えるレベルじゃない。

ただ、現代の完成された文体を知っている人が志賀直哉を読むと、物足りなさを感じるのは事実だ。
彼が生きていた時代は、いわば小説の黎明期といえる時代で、確固たる文体が存在していなかったのだ。だから、現代で間違いとされている文法が使われていることもある。

こないだNHKでライトノベルのことを扱っていた。
そのときに出ていたコメンテイターの言葉を借りれば……うろ覚えなんだけれど……、現代の若手ライトノベル作家には、確固たる文章語は存在していず、喋り口調を小説の中に取り入れている……確かそんな意味のことだったと思う。
それでその人はこのようにも言っていた。
インターネットが普及することにより文章離れが促進されるかと思われたが、むしろその逆で、もしかしたらいままでで一番多くの人たちが文章を書くということに関係しているのではないか。
混沌とした文章の成立は、小説の黎明期に似ている。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.03.17

イリヤの空、UFOの夏

イリヤの空UFOの夏は、メディアワークスの電撃文庫から出版されている、いわゆるライトノベルと言うやつです。
作者は秋山瑞人。挿絵はこつえー。

最近DVD化しているらしいけど、僕には買えるお金はありません。
せっかくだから、小説を読み返すことにしました。
題名とは裏腹に、ヘビーな世界が独特な文体で描かれています。

僕は書店でライトノベルの発注をしてるけど、売れる原因のNO1はやはり「表紙」だと思います。とりあえず見栄えするものを平台に置いておけ。買う人に対しては失礼かもしれないけど、これが売り上げアップの秘訣でしょう。
いかに「萌え」なイラストレターの小説を仕入れるか。それによって売り上げは全く違うものになっています。
こう言った意味では、ライトノベルは著者よりもイラストレターのほうが重要なのかもしれません。

そんなことを普段から考えている僕だけど、イリヤの空UFOの夏を読み返してから、そんなことはない、と思えるのが秋山瑞人のいいところでしょうか。
時にストレートに、それでいて段落の最後を詩的に締めるところが彼の特徴ですね。
読み終えてから、表紙なんて関係ないよ、と思えるのです。

……だから電撃文庫は発注するときに棚ざしが増えていくんだけどね。
棚が爆発しそうだ。

| | Comments (392) | TrackBack (0)

2005.03.16

真昼の決闘

僕が勤めている本屋でDVDを販売しはじめたんですよ。
ラインナップは……まあ、完璧に店長の趣味が出ているな、と。個人経営ですからね。
『武器よさらば』『キングコング』『チャップリンの黄金狂時代』『真昼の決闘』などの昔の映画などです。

さて、これが 1つ500円で手に入るんですよ。
というわけで『真昼の決闘』を買って見ました。
西部劇の代表作だそうで、製作年は1952年だそうです。僕が生まれる30年前ですね。
アカデミー主演男優賞他3部門受賞とテロップに書かれているんですけど、金曜ロードショーくらいしか見ないぼくには何のことだか分かりません。
けれど、まあ主人公のゲーリー・クーパーが渋かったな、と。

ここで書きたいんですけど、どうしてもネタばれになってしまうのでやめておきます。
その代わり、マイベストに載せておくことにします。
なんとこのDVDは本屋で注文することもできるので、店頭に無かった時は、ぜひ。
出版社はコスミック出版。

追伸
これマイベストに載せられないよ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.15

ケロイド治療…背中に注射三本

背中に変なできものができて、それを7年ほど放置しておいたんですよ。
それが最近大きくなってきたので病院に行って見たところ、『ケロイド』とのこと。

放っておいても害は無いらしいんですけど、ケロイド自体が痛がゆいので、判断は患者さんしだいといわれました。
治す気があるなら、それを治せるのは『形成外科』だけど、専門で開業しているお医者さんはいないので、いくつか病院を紹介されました。

背中にケロイドがあるとなにがつらいって、あおむけに寝ると圧迫されるんですよね。わたしの場合、右肩のところにあるんですけど、眠っている時に気づくと腕が冷たくなってるんですよ、血が止まってて。

それで紹介された病院に行ったら、その治療法が注射だったんですよ。
しかも患部=背中に。
長期的に身体にクスリを馴染ませる必要があって、お医者さんによって説明はまちまちだけど、半年から2、3年かかるようです。
僕の場合は半月に1回、注射を3本打って、リザベンというクスリを毎食ごとに飲んでいます。
治療しはじめて1ヶ月半が経ちまして、ケロイドはかなり小さくなりました。

ちなみに僕は注射が大っ嫌いです。
射されるところが見るのもいやなんですけど、見えないのはもっと怖いです。
今日もこれから注射を打ちに行かなければなりません。
注射って言うのは何本打ってもなれるものではありませんね。あの打つ瞬間の緊張感とか。

| | Comments (114) | TrackBack (0)

2005.03.14

創作小説

ホームページで連載している短編小説『おとぎ話を取り戻せ!」が3作までできた。

テーマ自体はおとぎ話を元にしているけど、シリアスなのは他の作品に寄せておいて、気軽に読める短編を心がけているつもりだ。

興味がある方は、ぜひホームページに遊びに来てください。
アドレスはプロフィールにあります。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.03.13

ドラえもんの声優交代

ドラえもんの新しい声優が決まったそうです。

のび太役は、小原乃梨子さん(69)から、大原めぐみさん(29)
ドラえもん役は、大山のぶ代さん(68)から、水田わさびさん(30)
ジャイアン役は、たてかべ和也さん(70)から、木村昴(すばる)(14)さん
しずか役は、野村道子さん(66)から、かかずゆみさん(31)
スネ夫役は、肝付兼太さん(69)から、関智一さん(32)
へと変わるそうです。五人合わせると206歳も若返ります。

 大原めぐみさんはアニメ初挑戦とのことなので調べてみたら、PS2の『SIMPLE2000 THE 鑑識官』というゲームソフトにでてくる鑑太と言うキャラクターの声優をやったことがあるそうです。
 水田わさびさんは『ヒカルの碁』の福井雄太、『アークザラッド』のポコなど。
 木村昴さんはこのはる中学三年生になるそうです。
 かかずゆみさんは『月詠』のエルフリーデ、『ヒカルの碁』の藤崎あかり、シスタープリンセスの『春歌』など。
 そして関智一さんは『Gガンダム』のドモン・カッシュ、特撮物の『ボイスラッガー』の大地友一(ボイスラッガー・エメラルド)、『頭文字D』の高橋啓介、『ヴァイス・クロイツ』の飛鷹健(あすかけん)コードネーム:サイベリアンなどです。

 驚いたのがやはり関智一さんでしょうか。
この名前を見たとき、『ああ、ジャイアンはセキトモ(兄貴)か』なんて思いましたけど、よりによってスネ夫!?
彼は熱血系武闘派声優として知られているのに・・・・・・。

何はともあれ、決まったからにはそれなりの理由があるのでしょうから、楽しみに待っていたいと思います。
ちなみにドラえもんの時間は仕事なので、ビデオをセットしておかなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.03.12

藍より青し

勢いで買ってしまいました。
まだ読んでません。

給料が出た途端に衝動買いのクセが出てしまったようです。
昨日だけでカードキャぷターさくら(10)と藍より蒼し(1)を買ってしまいました。
CCさくらはいいんですよ。
だけど藍より青しは……14巻以下続刊中だったような気が……
なんてものに手を出しちまったんだ。

そうそう、今夜は友人とアーマードコアナインブレイカーの対戦会をやるので、たぶん徹夜になりそうです。
毎日欠かさずに更新してきた日記ですが、明日はもしかしたら寝てるかもしれないです。
それでは、これから仕事なので。では。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.11

創作小説

ホームページで小説を書いています。
アドレスはプロフィールにあるので、よかったら遊びに来てください。
まだまだちょっとしか無いけど、これからどんどん更新していくので温かい目で見守ってやってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.10

アーマードコアナインブレイカー

今週の週末に、アーマードコアナインブレイカー(ACNB)の対戦会をやることになりそうです。

このゲームはストーリーは皆無に等しいのであまりお勧めはできません。たとえるなら、グランツーリスモのライセンスしかないと思っていただければ間違いないかと思います。
私自身、あんまりに単純な作業だったので、友人からデータを頂きました。

さて、こんなゲームですけど、対戦となれば話は別です。
武器だけは増えてますからね。ただしその武器を一人では試せないと言うのがこのゲームの最大の欠点でしょう。

わたしの仲間内ではネタ機体としか思えないようなものばかりが集まっています。
本来足が遅いはずのキャタピラで時速500キロ出したり、半永久的に空中浮遊していたり、ブレードに命を注いでみたりと。

特にキャタピラで500キロのやつが非常に厄介で、固いのに早いというタンクの常識を根底から覆すのです。
さて、週末のために趣向を凝らした機体を組んでおかなければ……。

最後に一言。
ブレード命。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.03.09

いとうのいぢ

 給料が出たのでちょっと奮発してしまいました。いとうのいぢの初の画集『紅蓮』です。
 出版社はメディアワークス。同絵師が灼眼のシャナの挿絵を描いている出版社です。
 それとガンダムファクトファイルとツバメしんどろーむ(2)も同時買い。

 さて……これからツバメしんどろーむを読まなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.08

結局風邪は引かなかった。

今年は絶対にインフルエンザにかかると思っていたのに、いつのまにか三月も中旬になろうとしている。
だけど、健康なのはいいことなんだけど、体重が増え始めた。十八歳のころから五年間変わらなかった体重が、二キロ増えた。
たしかに毎晩丼飯食べて、ほとんど運動もしなければ増えますわな。

ちょっとわき腹が気になってきたので毎日の晩酌はやめようかと思います。ウイスキー(100cc)の一気飲み。身体にも悪そうだしね。

しかしこのままでは六十キロを超えてしまう……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.07

ラリージャパン6

IMG_0146
たまには違う視点のものを。
写真のクルマはトヨタのスターレットです。街中では女子大学生やおば様の買い物車というイメージが強いクルマです。
ヴィッツに押されて生産中止へと追い込まれてしまいましたが、ラリーでは現役のようです。ちなみに我が家の愛車とおなじ車種。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.06

ツバメしんどろーむ

全てを受け入れてくれそうなとても優しいお姉さん『ツバメ』と、そんな姉さんに年中どきどきしている思春期真っ盛りな少年『タイガ』の超ド級にアマアマな漫画です。

ジャンルはSF風味の姉弟萌え系といったところでしょうか。

月刊ドラゴンエイジがターゲットにしている読者層は、大体中学生から高校生あたりなんですけど、『ツバメしんどろーむ』はなぜかご年配(20~30歳)の方々にも人気があるんですよ。
読んでみて、ああ、納得。
ツバメ姉さんが無茶可愛い。
そしてライトにえろい感じです。

ただ、どこかでこれと似たものを読んだことがあるような気がしたのですよ。
本棚を見て、その謎はすぐに解けました。

『まほろまてぃっく』の『まほろ』とツバメ姉さんのキャラクター属性が似ているところが多いのです。

まほろ
保護者系姉さん、メイド、実は強い、普段は朗らか、家事が得意、貧乳etc

ツバメ
保護者系姉さん、実は強い、普段は朗らか、家事が得意、巨乳etc

ざっと感じでしょうか。
最後の一つを除いてキャラ属性が似ていることが分かります。
誤解する人がいるかもしれないので言っておきますが、これはパクリとかそういうのではないとぼくは思っています。

ぼく自身、どちらかというと『りぼん系』の少女漫画を好んで読みますけど、『お姉さん属性』のこの2冊が家の本棚にあるということは、両方ともSF的な要素が入っているからだと思われます。

ツバメしんどろーむには、思わずにやけてしまうようなシチュエーションが違和感なく組み込まれていて、すぐに読み終わってしまうのです。

……すぐに読み終わってしまうのは、この本がとても薄いからなのかもしれませんけど。

書店としては薄いほうが棚に並べやすいので全然OK。

書評・ゲーム空間へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.03.05

ラリージャパン5

IMG_0145
さて、ラリージャパンの第5弾は日産発の環境に優しいクルマ、マーチです。このクルマは街中でもよく見かけますね。ヨーロッパでもよく見かけるそうです。
このクルマは、環境との調和を目指しているラリージャパンのコンセプトとある意味一致しているのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.04

本屋の給料日前

この時期が一番キツイですな。
本屋で働いてるんですけど、金がないのに目の前には新刊が……。

本好きは本屋で働いたらいけないんじゃないか、と。
金が飛んで逝きますよ。(時給も少ないんだけどね)

さて、これから雪の中を仕事に行かなければなりません!
電車が止まってたらどうしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大雪だよ

久々の大雪です。
交通状況が気になるところです。
こどものころを思いだして嬉しいと思う反面、これから仕事だよと憂鬱になったり。
それはそうと、とても寒いです。
ハロゲンヒーターを使ってるんだけど、これって扇風機みたいに当たってるところしか暖かくならないんですよね。
左半身は暖かいんですけど、右半身は凍えてます。ていうか指先動かないよ。

今日はこれから仕事だけど、正直なところ行きたくない。
けどどこにでも物好きと言うものはいて、こんな雪の日でも本屋にくる人もいるのだ。しかも寒そうなジーパン・ヤマシャツで。そして店に入ってすぐに目的のコーナーに向かい、物を獲得するとカウンターへ一直線。
そして店を出て行く。
こんな彼らを見るために、今日も職場に行ってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.03

雪が降るかも

今年の関東は暖冬ということで西高東低の気圧配置が弱まっているせいか、雨や雪の日がおおい。
どうやら今夜仕事から帰ってくるときも雪になってそうだ。
ヤフーの天気予報では明日も雪が降るらしい。
商店街でタイ焼きでも買ってみようか。イチゴサンデーとアイスクリームも食べたいところだけど、まだ寒いし、牛丼を食べようにも売ってないし。
やっぱりここは肉まんに決定。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.03.02

中国武術留学

IMG_0167今朝8:30ごろ、弟が中国へと旅立って行った。
名目は語学留学だけど、本当のところは武術留学だそうだ。

弟が空手をはじめたのは確か小学二年生の時だった。長いあいだ黄色帯で止まってて、二年くらい黄色帯をやってから、やっと青帯になったと思っていたら、そこからは見る間に昇級して初段にまでなった。
そして今年、高校を卒業と同時に中国へと武者修行に旅立っていった。

彼が帰ってくるのは、5、6年後になりそうだ。
そのあいだに僕も変わっているだろうし、彼も変わっていることだろう。
写真は、昨日取ったもの。デジカメを向けたら気前よくポージングしてくれた。
逆光なのは仕様です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.01

ラリージャパン4

IMG_0156Nチューンには女性ドライバーも多く出場していました。
なかには男性よりも勇ましい突込みを見せる方もいまして、そのときはギャラリーから声援が送られていました。
写真の軽自動車は、片輪が浮き上がっています。軽とは思えないほどの突込みでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »