« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.31

誓い

コミケが終わるまで酒を飲まない。

ただし外で勧められたときはほどほどに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日

執筆、仕事、執筆。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コミックマーケット68

コミックマーケット68に当選しました。

軽くパニックになってます。
まず原稿、次に両面印刷プリンター。

絵師がいないので、ものすごく殺風景なコピー本が出来上がりそうです。
個人サイトのつらいところですね。こんなこと言ってないで一人でやれって感じですけど……。

せめて表紙だけは良い紙質を使いたい……。
フリーペーパーも作って、……全然分からないよ!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.30

全身筋肉痛じゃ

特に運動をしたわけじゃないんですけど。
ただ歩いただけなんですよ。
それだけで、足と背筋と首筋が痛くなるのはどうかと思います。

昨日はちょっと遠出して、友人と二人で稲毛の浅間神社にいってきました。
ここの神社のおみくじ、怖いくらいに当たるんですよ。
結果を読むと、コミケには受かって企業の小説大賞には落ちたかな、といった感じです。
いや当たるかどうかは分からないですけど。
『求人あらず』でしたから。


そしておみくじの裏に書いてある言葉があるんです。そこには、
『之を知るもの、之を好むものに如かず。之を好むもの、之を楽しむものに如かず』
と書かれていました。

その場では『如かず』の意味があやふやだったので、家に帰ってから辞書を片手に解読しました。
それによると、『如かず』とは『かなわない』という意味があるようです。

つまり、それを知ってるだけの人よりも、それを好きな人のほうが上手くて、その人よりもそれを楽しむ人のほうが上手いよ、と言うことなのでしょう。

ぼくに置き換えてみれば、もっと楽しみながら書け、と言うことなのでしょう。
そのためにCLANNADやってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CLANNADのサントラ購入

ちなみにKANONとAIRのサントラも持ってます。
そしてパソコンに落として300回以上聞きました。
PureSnowとか、夏影とか。


そしてついに今日、CLANNADのCDも買ってしまいましたよ。

タイムリーなことにDISC1のピクチャーレーベルが、おとといクリアしたことみ嬢ではありませんか!
靴下を脱ごうとして、きっとこれからご本でも読むのでしょう。(*´д`)

こんなことばかり書いていたらキモオタと勘違いされてしまいますね。
もう手遅れかもしれませんけど。

毎日のようにパソコンに向かうと、どうしても音楽がほしくなるんですよ。
朝起きたときには岡村靖幸、がりがり書いてるときは落ち着いてられるKey系、夜になったらLeaf系で、寝たくなったらGacktを聞いてます。

さっそくサントラのDISC1を聴いてみましたけど、『東風』がいい感じですね。まったりとした感じがなんとも言えません。

しかし、DISC2と3に見たこともない曲名があるんですけど。ボーカル付きのところから察するに、エンディングテーマだと思われ。
エンディングを迎えてから音楽を聴くか……?
それとも音楽を先にとるか……?

とりあえず今日は眠いので寝ます。
0:40AM。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.28

男組、落選。

角川系ライトノベル特約店、通称男組から落ちてしまいました。
さて……どうなってしまうのでしょうか。
新刊が入ってこなくなるのか? 新刊の注文さえもできなくなってしまうのか?
もしも注文さえできなくなるのなら、これは不利になりますね。

一応、スリップは送ったんですよ。まとめてドカンと。
その結果、1600枚以上はあったようです。
しかし6ヶ月以上送付をすっぽかしたがために男組から外れました。
同業者の人は気をつけてくださいw
せめて成長率を鑑みてから落としてほしかった……向こうの都合があるのでしょうけど……。


コメントで寄せられていたように、2005/05/27の男組に関する記事は大幅に修正しました。
ちょっと感情的になっていたものでして。

冷静になって数字だけ上げたいと思います。
2004年度は前年度に比べて成長率が、ファンタジア文庫・スニーカー文庫・ミステリー文庫が3~9倍売り上げ増、ドラゴンブックにいたっては約20倍増という数字が残っています。


来月からは新刊が入ってこないとなると、やることはただ一つ。
電撃文庫のメディアミックス戦略に便乗させてもらいます。
幸いにも我が店は電撃組なのです。

今現在、しにがみのバラッド。を平積み面陳したところ、女性にも好まれているようです。
ちなみにしにがみのバラッド。は、今月のLaLa(7月号だっけ?)に読みきり作品として掲載されています。
ここからバラッド→ブギー→デュアンの3連続コンボを組み立てられたらいいなあ、なんてことを考えてます。さすがに都合よすぎでしょうけど。
そんなことで、角川系ライトノベルの棚の平台にはしにがみのバラッド。が陣取ってます。

意外なことに、MISSING(12)……あの血まみれの女の子が手招きしてるやつです……を平積みしておいたところ女子中高生が既刊本を買っていくようになったんですよ。
女の子って意外とダークなんだなあ、なんて思いながらカバーをかけながら思ってます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.27

ことみルートクリア!

この記事にはCLANNADのネタばれがあるから読むときは注意してね。

ことみルート、クリアしました。
絵本のようにきれいな演出でしたね。

『このカバンを見つけたら、どうか娘に届けてください』
その言葉が様々な言語で流れていくのは、見ていて感動しました。
両親の願いは、世界中の人々を通じて長い時を経て娘に届いたことになります。

この演出に挿入されている音楽『TOE』ですけど、単純に和訳するとつま先です。
しかしここでいうTOEは『Theory of Everything』の頭文字を取った略で、意味は『超統一理論』だそうです。

なるほど、と思いました。
人々の思いが一つになったからこそ、カバンは娘のもとに辿り着けたのでしょう。
両親が残した論文の正しさが証明されたのです。
世界は美しい、と。


さて、光りが8個集まりました。
次はアフターストーリです。
ちょっとばかりググってみると、ここがクラナドの真骨頂だそうです。

え?秋生がすごいの?
なんかギャグの展開がぷんぷんするんですけど。

ことみルートの衝撃が大きすぎて、次を読み始めるのは当分先になるかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライトノベル 男組

今日は愚痴らせてもらいます。

角川文庫ティーンズ系 男組

って言うのがあるんですけど、平たく言ってしまえば、角川系のライトノベルの特約店のようなものです。
男組みって言うのに入っていないと、新刊が入ってこないんですよね。

今日、ぼくが勤めている書店が男組から落とされました。


おそらく、考えられる原因はスリップ送付をしていなかったからです。
スリップって言うのは、買う前の本に挟まってる、あのビラビラした紙切れです。買うときにしっかりと取られてますから、興味がある人は見てみてください。

6ヶ月以上スリップを送付しないと男組から落とされるのです。
そういえば、スリップ送付義務が年1回から月1回に変更になったらしいですね。電撃組を参考にして。ただ、電撃組は送料は出版社もちです。
しかし角川は書店持ちという罠。
つい最近になって送料が出版社もちになったので、それからは毎月送付しています。
それ以前は送っていません。

今回はそれが原因で落とされたのでしょう。

角川系ライトノベルが売れなくなると、その分だけメディアワークスの売り上げが伸びますね。ユーザはほとんど同じですから。男組制度が生まれてから、電撃文庫のユーザが角川ライトノベルに移るという現象がありました。今度はその逆です。

ちなみに、電撃文庫は今月だけで200冊以上売れて、棚ざしも画集も好調です。
その横では……ぼくの口からはとても言えません。

ここまで愚痴に付き合っていただきありがとうございます。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.05.26

ことみルート

なにもやる気が出ないよ。
ということで、今日は一日中クラナドをやってました。

なにギャルゲーやってるんだなんていわれそうだけど、読書の一環だと思ってw
やっぱり好きなアーティストの影響を受けるのはいい栄養になりますね。

昨日、アマゾンでサントラを注文しました。
ついでにヤングガンガンコミックの黒神とすもももも(?)題名忘れた、も注文しました。

本当は書店で買いたかったんだけど、なんで1冊しか入ってきてないんだよ!
シフトに入ったときには既に売り切れてました。新刊は大手にかなわないなあ、と。

まったりしてるなあ。
なにもやる気がないとか言ってる割には、今日だけでブログの更新が3回目になりましたよ。
これから仕事だから、もう更新はないです。

ごきげんよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラスが鳴いたら……

カラスがうるさいと思ったら、今頃の時期が繁殖期のようですね。
昼も夜もつがいが鳴いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラスが鳴いたら……

1:30AM。

近所のカラスが3回鳴くのを繰り返している。深夜にもかかわらず。
11:00PMあたりから鳴き続けている。

いつも見ているサイトでも、地震の前兆らしきものが観測されているし、それに慎重なコメントも添えられているし、動物も異常な行動を示しているし……地震とかがあるかもしれない……。

そういう不安は誰だって抱いてると思うんですけど、大事なのは起こってからどうするか、ですよね。

僕自身、地震が起こってからどうするかを考えていたんですけど実際に震度4,3程度の地震が起こってから、1.ブレーカーを落とす、2.ガスの元栓を締める。3.窓を開けとく。そこまではよかった。10秒以内で身体が反応しましたから。しかし、そこから先は身体が動かなかったんですよ。
呆然としてしまったのです。
どうしよう? 保険書? 食料? 近所を回る? と言った感じですね。

問題なのは、いつ来るか、ですよね。
枕元から重たいものを遠ざけてから寝ることにします。エアコンやら、ディスプレイやら。そして明かりになるものとスリッパを枕元に置いといた方がいいかも知れない……。

あくまでも、念のためですから。
ただ、僕自身の不安感を紛らわすためだけの処方せんにすぎませんよ。だからこの記事をまともに受けて地震が来る! なんてうわさを立てたら駄目よ。
念のため、ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.25

五月下旬の五月病

何もやる気が起こらない。
困ったぞ。

おととい、仕事の山を越えてしまって、それでなんとも言えないまったり感に包まれているのかもしれない。
こういうときは仕事……小説から離れるのが良いのかもしれないけど、どうしても頭の片隅で考えてしまうんですよね。

気晴らしにオンライン小説をあさってきます。きのうコメントくれた人のところに、読みかけの短編集があるので。
読み終わったとき、なんとも言えないこのまったり感がなくなっていたらいいなあ。
他人任せすぎだ……。


さて、ついさっき窪璃音さんの『無言のゆりかご』を読んできましたよ。

……。
………。
…………。

面白い、面白かったよ。
なんと言いますか、渋い作品ですね。
どんでん返しに次ぐどんでん返し、ってあらすじに書いてあったんですけど、その通りでした。こんな風な物の見方の変え方もいいかな、と。これ以上はネタばれになるのでやめときます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.24

オンライン小説を読んでました

窪璃音さんからコメントいただきました。
彼自身もオンライン小説サイトを持っているということなので、さっそく行ってきましたよ。

ぼくが手に取った作品は、短編の『無言のゆりかご』っていう作品です。
半分くらい読みました。色々と仕掛けがあるので、残りの半分は楽しみに取っておきます。
今日は17:30から仕事ですから。
仕事中に後々の展開を予想することにします……と言っても、予想通りに終わってくれるとは思えませんけどね。


窪璃音さんが運営する
オンライン小説サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.23

ああああ

ああああ

ねたがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.22

しにがみのバラッド。

うん。
いいですね。
ずっと昔……2年くらい前に買って、長いあいだ棚にささっていたのを、ほんの気まぐれで読み始めたんですけど、まさかこんなに引き込まれるとは思っていませんでした。
と言っても、まだ一編しか読んでないんですけど。
それでも叫ばせてください。

なんでこんなに切ないんだ!


今月6巻が発売されましたし、コミック化もされて波に乗ってます。
ということで、1巻~6巻を平台に並べてみました。
うちの店では、高校生後半から大学生くらい? によく売れてるようです。

こうして並べてみると、主人公の死神、モモたんの成長がよく分かりますね。持ってる人は並べてみてください。よく分かりますから。4巻当たりから着てる服が変わってますね。制服みたいなのが変わったのでしょうか。これからちょくちょく読んでいきたいと思います。

それにしても、ハセガワケイスケはライトノベル養成学校卒業だったと思うんですけど、第一篇には彼の心の鬱屈といいますかプレッシャーを感じるような気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.21

新人が来る。

きょうはバイトの新人が入ってきます。

最初は黙って仕事教えるべきか、それともフレンドリーに打ち解けてから仕事を教えるべきか……。

とりあえず自作したマニュアルを渡します。
店長はマニュアル嫌いなんですけど、やっぱり最初は必要ですからね。

やばいよもう14:00だよ。
仕事、15:00からだよ。
もう準備はじめないと……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.20

ESクローン細胞

米韓チームが、患者の細胞からES細胞(万能細胞)を作り出すことに成功したそうです。
この技術を応用すれば、ES細胞から望みどおりの臓器を作ることができます。その臓器は、その患者自身の臓器なわけですから、拒絶反応はありません。

ES細胞の作るには、卵子が必要になります。
まず、女性から卵子を提供してもらい、その卵子から、女性の遺伝子が組み込まれている『核』を抜き取って『除核卵子』とします。その除核卵子に、患者の皮膚細胞などを移植して、しかるべき方法を取ると細胞分裂が始まり、望みどおりの臓器を作ることができるのです。

『しかるべき方法』と書いたのは、まだその方法が確立されていないからです。望みどおりの臓器を作る方法も確立されていません。確か、記憶が正しければ、なんかの薬品の濃度によってES細胞の分化があるらしいです。

しかし問題なのが、このES細胞、女性の胎内に移植すると子供ができちゃうんですよ。
これは患者のクローンなわけですから、日本の法律で言う『クローン規正法』に抵触します。日本だけではなくて、国際的にクローン人間は厳粛に禁止されています。

それ以前の問題として、ES細胞を作るためには生命の根源である卵子を潰すわけだから、倫理的な問題を常にはらんでいるのです。
今後、この議論に火がつくのは間違いないでしょうね。


それにしても……。
ついにリアルの世界もここまで来たかと思いました。
僕自身、このジャンルには興味を持っていまして、以前から注目していました。
遺伝子ドーピングとか、遺伝子組み換えとか、クローン人間……。
SFだけの世界かと思っていたら、意外とすぐそこまできているんですね。

ES細胞から作り出された臓器移植って言うのも遠くない未来にあるかもしれませんね。
そうすれば移植待ちで亡くなるっていうケースも消えるでしょうね。

このニュースの詳しいことは、ヤフーニュースに載ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オンライン小説のすゞめ

おそらくオンライン小説というは、読んでいる人よりも書いている人のほうが多いのではないでしょうか。
と、月刊アスキーで書かれていました。

たしかにオンライン小説というのはマイナーなジャンルですね。
しかし、作家を志す人にとっては、ただに近い費用で多くの人に見てもらえる絶好の手段でもあるのです。

そういうぼくも作家を目指している元文学少年です。いまは文学青年をやっています。

オンライン小説検索エンジンを探してみたところ、意外と多い事におどろきました。
興味がある人は、右側のぼくのホームページから、リンクページを見てみてください。

オンライン小説のリンクは、ホームページのトップページではなくて、小説のページ自体にするのが主流なんですね。

理由を聞いてみると『遭難するから』だそうです。
なるほど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.19

ビデオ取り損ねた!

フタコイオルタナティブを取ろうと思っていたら、間違ってガラスの仮面を取ってしまいました。

ショックでしたよ。
さて仕事前に癒されるか、なんて思ってビデオを巻き戻していたら、ありえないキャラクター達が逆方向に歩いていたんですから。
どうやら千葉テレビを取ろうと思っていたのを間違ってテレビ東京にしてしまったもよう。
いつもGコードで取ってるんですけど、うちで取ってる新聞、最近Gコード書かれてないんですよ。
あえて叫ばせてもらいます。


オレのメモリーを返してくれ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.18

ファビアンA考察

ファビアンAを初めて使いました。

あの……初プレイにして、いきなり真ボス倒しちゃったんですけど。

確かにヤバイは、これ。
使ってみて分かるこのヤバさ、って感じですね。
いろんなところで厨キャラ呼ばわりされてる理由が分かりました。

短時間にリリクラスの弾幕はれるし、のけぞり判定あるし、動きが速いし。
ボスモードもフォーメーションチェンジするとかわしにくいしね。
対ボスのときも、通常ショットや→→Mとかで真ボスいけたし。

通常時のコンボとしては、S、MS、S、MMM……が安定して使いやすいです。
タイミングをはずす技は腐るほどあるので、技のバリエーションには困らないでしょう。ゲージも6だし。接近戦も早いし。
これさえやってれば、対戦でいい勝負ができてしまいます。

ただ、この機体、致命的な弱点があります。……これは今日までぼくがファビアンを使ってなかった理由なんですけど、機体が格好悪いんですよ。

設定ではサーフィンらしいんですけど、どう見てもスリッパにしか見えません。ボス発動時も、ぞうきんだし。
Fボス発動しようものなら画面上をぞうきんがけですよ。
それさえ気にならなければ、ファビアンは最強のキャラでしょう。

せめてゲージを4にして、Sの密度を少なくするか、リロードを長くして欲しかった……対戦ではほとんどファビアンですし。
ファビアンVSファビアンなんて目も当てられませんよ。
二人してパチンコ玉みたいに当たりながら弾幕張ってるだけだもん。隙を突いて接近をするリスクも、ショットの強さを考えると薄れてしまうんですよね。

ファビアンさえいなければ……もっと対戦が熱くなったんだけどなあ。

旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.17

ファビ厨

ファビアン禁止令が可決されました。

ファビアンは使わないこと。
ただしファビアンで乱入された時はこの限りではない。

といった感じでしょうか。

ぼくはファビアンを使ったこと無いんですけど、友達の話によるとS、MS、S、M……これさえやってれば空間を制圧できるそうです。
某掲示板でも『乱入ファビアンは厨房』なんてことで一致してます。

ファビアンさえいなければ旋光の輪舞はバランスが取れたゲームですよ?
ファ・ビ・ア・ンさえいなければ。
ミカがちょっと強いかなってくらいで。


しかしあんまり禁止ばかりしていても井の中のカワズになってしまうので、明日あたりファビアンを使ってみたいと思います。


聞いた話だと、ファビアンの真ボスにミカが出てきたそうなんですけど、どうなんでしょうか。そこまでファビアンを鍛える気もありませんけど。

『ああ……足りない!』



旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.16

ホームページ更新

今日はいつにもまして疲れました。

本当は昨日更新する予定だったんですけど、県内を飛び回っていたせいで更新できず。

それで今日更新ということにしたんですけど……こういう日に限ってアクセスカウンターがどんどん回っていくんですよね……。
本当にすみませんでした!

これからはカレンダーを見てから更新予定を決めたいと思います。


……さて、堅い話はここまでにしといて。


これからゲーセンに行ってくるぞぉ!
旋光の輪舞やってきます!
リリたん使ってきますから!
クセがあるところがまた可愛い!

2005/05/16/21:12PM

| | Comments (0) | TrackBack (1)

リリA考察

脅威の弾幕キャラの登場です。

Mはチャージ弾、Sはビット射出。
Mはボタンを押す時間によって分裂する弾の数が変わる。

このキャラの真骨頂は←→→+MS or ←←→+MSにあります。
前者が幅が狭いけど威力重視、後者が幅広で威力はそこそこといった感じです。

この技はガトリングガンを構えて高速連射を行うと言うものですけど、構えるまでに若干の隙があり、構えた後には動くことができないと言う困ったちゃんです。そこがかわいいんですけどね。

使うタイミングを考える必要があります。
オススメなのが、ビットが壊れる瞬間にだすホーミングレーザなど、相手が回避行動を取らざるを得ない状況の時に←←→+MSのライフルを呼び出すのがいいです。
それか、相手がひるんだときに呼び出すのもいいかもしれません。

威力を取るかバランスを取るかは状況によって判断する必要があります。

今日はじめて対戦で使ったんですけど、カレル相手にブーストライフル喰らって3分の1ほど持っていかれました。
リリってこんなに柔らかいんだ!
……なんて言ったら誤解されそうですね。

シナリオもいい感じですね。
ステージ1では、誉めてくれたミカに対して『そう言っていただけると励みになります』なんていってるのに、先に進んでいくにつれて、恍惚とした表情で『ああ……足りない!』『壊れなさい!』なんて言ってくれます。このあとさらに暴走します。

個人的にはクリティカルヒットなキャラクターなので、やりこんで行きたいと思います。

櫻子よりは使いやすそうだ。


旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.15

旋光の輪舞・真ボス

今日もロンドをやりに行きました。
そして逝かされました。

櫻子Aでいきました。
これで2度目です。
真ボスに勝てないぞー。
第1形態はなんとかなるんですけど、第2形態にやられます。

Sで弾を消そうにも、展開する前に弾幕に潰されるし、MSで防ごうにもチャージメーターが残ってないし。
と言っても、やられてばかりではありません!
10分の7くらい削ってやりましたから!

弾幕も、正面でよける弾と、正面にいたらやばい弾があることが判明。
これが分かっただけでも今日は収穫がありました。

それにしてもこの第2形態、見れば見るほどクラゲダゴに似てますね。
当たり判定の小ささとか。

そんなことを思ってしまうのはぼくだけでしょうか。
ぼくだけだろうなあ。


旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.14

櫻子A考察3

真のラスボスのうわさを聞いてみたので色々と試したところさっそく出てきました。
櫻子Aでいきました。
うわさ通りタコみたいなやつでしたね。


試してみた方法は『敵がFBOSS使ったらそれを破壊する』です。

1.ツィーラン○
2.ファビアン○
3.カレル×
4.リリ○
5.パレル○
6.ミカ○

といった感じで進んでいきました。

破壊の仕方は、ひたすら→→MSです。
リリやパレルは正面に弱点があるのでMも織り交ぜると尚可。
そうすれば、敵の本体にミサイルが直撃するので、かなりいいダメージを与えることができます。


さて、問題のタコ。今日は倒すことはできませんでした。
第一形態は→→MSで破壊することができたんですけど、その後の第二形態に負けました。

第一形態の時は、ダッシュSで機雷を展開して、その陰に隠れるのがいいかもしれません。その影から→→MSをぶっ放してやりましょう。今日は気づいたのが遅かったので、ダメージを受けすぎました。

さらに問題の第二形態。
とても硬かったです。
当たり判定も小さいです。
→→MSを直撃させても、1、2ミリしか削れませんでした。萎えます。
これをどうやって倒すかは要研究といったところでしょうか。
攻撃が2、3パターンくらいだったので、もしかしたらMSでしのげるかもしれません。

これを倒したときに真のエンディングへの道が開かれるのかな……?


旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.13

真のボス!?

旋光の輪舞に真のボスがいるらしいです。

僕は見たことはありませんけど、目撃者の証言によるとタコに似ているらしいです。

その時に使っていたキャラがカレルだったそうですけど、勝てなかったそうです。

いくつか条件があるそうです。
うわさや仮説も混じっているので確実ではありませんけど。
1.時間短縮
2.ファイナルボス4体以上撃破
3.500万点以上獲得。

1は頑張ればどうにかなるけど、問題は2と3ですね。
ファイナルボスを倒していけば500万点は到達できるでしょう。

問題なのは倒せるかどうかです。
ファイナルボスは1回の戦闘につき1度しか使えないので、撃ち損じるとその戦闘では倒すことができません。

使用するキャラによっても難易度が違ってきます。
とりあえず櫻子Aの場合だと、今日3回くらいやってきたんですけど、

1.ツィーラン○
2.ファビアン×
3.カレル××
4.リリ○
5.パレル○
6.ミカ△

と言ったところです。
カレルのファイナルはつらすぎるので放置の方向で。
ミカは→→MSを直撃させればなんとかなるような気がします。
となると残るはファビアン。
こいつはMSで掃討できればいいんですけど……。
要練習ですね。

さて、ちかごろ対人戦をやっていないので、弱くなってないか不安です。
最近思うことがあるんですけど、櫻子を使い始めた時点で負け組みのような気がするんですが。


旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.12

日記系ブログランキング

さて……

このブログ、日記系ブログランキングと言うサイトに登録しているんですけど、こないだまで100点中23点でした。

さっき見たら、22点になってました。

ここまで下がると逆に目を離せませんね。
興味がある方は、右側にあるネコちゃんのバナーをクリックしてみてください。
出てきた画面でCtrl+Fで『小説系』と検索すれば、引っかかるかもしれません。
もし引っかからなかったら、もう少し下の順位を検索すれば引っかかるはずです。


あと一ヵ月後には10点台になってそうな予感がします。
その時になったらまた書くのでよろしく。

今日は5月の12日……と言うことなので

『6月の12日までに10点台になるほうに全部』


なにが全部なんだか分かりませんけど、

全部って言うときに限って持ち点が少ないんですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.11

2005.5.10 電撃文庫発売

ゴールデンウィーク明けの5月10日、グッドタイミングで入荷しました。
4月の入荷があんまりだったので覚悟してたんですけど、今月はかなり入荷されました。
4月はお稲荷さまが0冊、とある魔術の禁書目録も0冊でしたからね。
今月はちゃんと入荷されてよかった!

カバーかけのラッシュです!

ウィザーズブレインが調子いいです。13冊入荷されたんですけど、初日で12冊売れました。
ものすごいスタートダッシュですね。ラスト1冊って言うのは一番上にあった立ち読みされたものが残るので、実質上売り切れです。

リリアとトレイズも飛ぶように売れてます。これはアリソンの続編ですね。
挿絵にも出てましたよ、アリソン。
この作品も今日には売り切れるのは確実でしょう。

フォーチュンは女性読者が強いのでスタートダッシュは控えめですけど、月間を通じて動きがいいです。

問題なのは……その影に隠れがちな富士見ミステリー文庫の存在でしょうか。
新刊を探すのに苦労しましたよ。
見つけた結果……
えっ?
『さよならトロイメライ4』が2冊だけですか??
他の新刊は?え?無い?

一応、男組み(特約店)なんだけどなあ……。
去年でしたっけ、一昨年?よく覚えてないんだけど、富士見ミステリー文庫がリニューアルされたんですよ。
そのときはよかった。だけどそれから尻すぼみです。

それでもまあ、今月は入ってきただけ良い方なんですけどね。
こないだなんて新刊が一冊も入ってこなくて、発売日に気づきませんでしたから。


他のライトノベル……スニーカー、富士見ファンタジアが売り上げが上がっているなかで、ミステリーだけが落ちてます。
と言っても、うちの書店の話なので、他では売れまくってるのかもしれませんね。
ライトノベルは地域によって売れるものが違いますから。

最後に、
新入生のハートをがっちりつかんだぜ!
今年も一年よろしく!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

櫻子A考察2

祝 クリア!

いやー。
長かった。
ラストステージまで行けば楽なんだけど、それまでがつらい。
機雷ばら撒きまくって相手の動きを封じて殴り飛ばすのを繰り返すのは簡単そうに見えて油断するとカウンターを喰らいますね。

クリアまでの道のり
1.ツィーラン
2.ファビアン
3.カレル
4.リリ
5.ペルナ
6.ミカ
7.ラストステージ

ファビアンとミカがつらかった。
特にミカは機雷を連射しているだけではなかなか当たってくれなかった。

そこで考えたんですけど、相手に向かってダッシュしながら機雷を撃つと自機の後ろを追尾するような軌道を描くんですけど、この方法は接近戦を好むプレイヤーだとうまいこと引っかかってくれるじゃないかな、と。

相手に向かってダッシュしつつSを1回をせば、一度に4発撃てます。
相手が向かってきたらびりびりさせてやりましょう。そこからは煮るなり焼くなり好きにしてください。
名づけて肉を切らせて骨を立つ戦法。
喰らい投げなんて言っちゃイヤ。


攻略はここまでにして、櫻子はストーリに重要な関わりを持っているようです。

なんといっても26歳ですからね
カレルでさえ25歳です。
この事実を知った瞬間叫んでしまいました。
「きれいなお姉さんは好きですか!?」

……まあ、そのことは他に置いとくとして、櫻子が所属しているのは『G.S.O』という民間警備会社です。
そこで櫻子はG.S.Oの隊長をやっているようです。
部下はチャンポとツィーラン。
G.S.Oの親会社がゴディヴァ社というロボット(ランダー)を作ってる会社です。
だからチャンポとツィーランがのってるランダーはゴディヴァ社です。櫻子は違う企業ですけどね。

さて、これが現在の状況です。

櫻子の過去……旋光の輪舞の過去を語る上で外せないのが6年前の大使館占領事件でしょう。
かいつまんで説明すると、大使館でパーティを開いている時にそこが占領されて、S.S.S(軍隊)に追い詰められた犯人が自爆したと言うものです。この時点では、櫻子はS.S.Sに所属しています。
ミカの両親もこの自爆に巻き込まれて死亡しています。
このときミカが13歳だからS.S.Sには所属していないはず。しかし現在はS.S.Sに所属している。
カレルが19歳、櫻子が20歳。
櫻子はこの事件をきっかけにS.S.Sを退役しています。
このときカレルは『グレイブ』と名乗っていたようです。それと同時に櫻子と因縁があるようです。

櫻子とカレルの因縁、これが旋光の輪舞のキーを握っているようです。


気になるのはS.S.S時代の櫻子の上司でしょうか。深~い関わりがありそうです。


他のキャラの視点でプレイしてみようかな。


旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.10

櫻子A考察1

セカンドキャラにしたいんですけど、かなり通好みの技構成ですね。
ストーリーには深く関わりがあると思うんだけどなあ……。ストーリーモードの途中で出てくる隠しキャラ(名前忘れた)から送られてくる通信がものすごく怪しいですね。(カレルに関わりが深そうでもありますね)

さて、今日はそのことは置いといて櫻子のBOSSの性能について考察したいと思います。

おそらく、全キャラ中1,2位の性能でしょう。
BOSSもFBOSSもありえないくらい強い。

BOSSのときは、敵は中央を狙ってくるので、まずはMで敵の弾道を塞いでおくといいかも。それで敵は右か左に移動するので、そこをMSのミサイルでダメージを狙うのがいいかもしれません。それが無理だったら、SとMを交互に押してタイミングをずらすのがいいかも。
敵が羽を狙い出したら、ミサイルで蹴散らしてやりましょう。ただ注意して欲しいのが、ミサイルを打つためには、いちどAMSを1、2秒ニュートラルにしなければならないということです。そうしないとミサイルを出せません。

FBOSSのときはそんな小細工いりません。AMSを同時押してれば、敵は勝手に当たってくれます。上と下を行ったりきたりして空襲してやりましょう。

櫻子Aはこんな感じでしょうか。
うーん。
もうちょっとBOSS前(通常時)を派手にして欲しかったかなあ……。


旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.09

チャンポB考察

一応マイキャラです。

基本パターンとしては、→→+MSをやったあとに、Sのホーミングレーザを撃って、敵に接近してMMSで殴るのが安定していいです。

→→+MSを時々、←→+MSにしてタイミングをずらしたり、←↓→+MSにするのもいいかもしれません。そのあとにはホーミングレーザを撃って突進すれば、相手プレイヤーに相当嫌なやつだなというイメージが植えつけられるに違いありません。

このキャラは、Mの威力は高いですけど、全くホーミングしないので当たらないと思ったほうがいいです。無理やり使おうと言うのなら、ダッシュで近づきつつ、外側の円に相手が入るかどうかきわどいところで発砲すれば、自機の向いてる角度によっては全段ヒットするかもしれません。そのかわり、かなりリスキーですけど。

主軸はコマンド技に頼ることになりそうです。とは言っても、このキャラはチャージメータが5目盛りなので、よほど乱発しない限りはコマンド技が出せなくなると言うことは無いです。
全キャラ中、安定して弾幕を張れるキャラでしょう。そのかわり威力が低いので、最後には殴るのは忘れずに。

敵として出てきた場合は、相手プレイヤーが格闘を多用する相手だったら、絶対に3発目も狙ってくるはずです。
チャンポの格闘は3発目に大ダメージ+チャージメータもごっそり持っていかれます。
そこで、2発目があたった時に、自分のチャージメータがたくさんあったときは、ボスモードを発動したほうがいいときもあります。

チャンポは4種類の弾幕技を持っているので、それを覚えるのもいいかもしれません。


旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.08

さくらこ考察

ごめんなさい。挫折していいですか?

このキャラ、クセがありすぎます。
Mがバルカン、Sがトラクターマイン(足止め)。聞こえはいいけど、トラクターマインが当たらないんじゃー!
トラクターマインが当たったら格闘に持ち込めるんだけど、そこまで行くのが時間がかかりすぎる。

ためしに二人でさくらこで対戦してみたら、全部タイムオーバーでした。
ボスが強いのは認めるけど、通常時が地味すぎる。

それでも無理やり使おうと言うのならば、つねにSの残弾には気を配らなければならないでしょう。
さくらこのSは、全部打ち切らないと回復しないので、つねに全部打ち切るように心がけるようにするのがいいかも。S×4とか、S×2を2回に打ち分けてみるとか。とにかく相手のタイミングをずらすことが大切なようです。

そしてたまにダッシュMSを撃つとか。これは撃った瞬間ミサイルが後ろに飛ぶので、それをすれ違いざまに引っ掛けると言った使い方もできそうです。
Bモードだと、MSが遠くまで飛んでいくから使いやすいけど、そのかわりSの軌道がかなり独特です。Sで動きを止めたいならAモード、ミサイルで動きを止めたいのならばBモードでいくといいかもしれません。


旋光の輪舞をもっと知りたいという人は、右側のカテゴリにある『旋光の輪舞』をクリックだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.07

20:38PMの心境

これからゲーセンに行って来るぞー。

旋光の輪舞にはまりまくってるぞー。

桜子難しいぞー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.06

人気ブログランキング

それにしても、アレな気分です。
人気ブログランキングっていうところに登録してるんだけど、そこってブログに点数を付けれるんですよ。
見たい人は右の方にバナーがあります。

今現在、このブログの点数を調べてみたんですけど、23点でした(笑)

確かこの前は25点だったので、誰かが10点か20点を付けたんでしょうね。

実は一番最初に点数を付けたのは僕自身です。いつまでも未採点のままでは悲しいと思いまして。とりあえず、へりくだらずに奢らずに、70点を付けておいたんですよ。
ところがその次の日に45点に下がってました。

だれかが10点を付けたんでしょう。
そこでその時の僕はなにを思ったのか、自分自身のブログに10点を連発して付けました。そして25点になったんですけど、まさかここから下がるとは……。

まあ……25も23も大して変わらないんですけど、他人に10点を付けられるとちょっとへこむものがありますね。
はぁ~。

中学生の頃の英語と数学の点数よりはいいから、ま、いっか……。
いつかBIGになってやるっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.05

拍手ボタン

拍手ボタンって言うのを付けてみました。

流行り物には弱いというか……。

最近爆発的に流行りはじめましたよね。このボタン。仕組み自体は単純なものでして、あのボタンを押すと専用のページに飛んでいって、そこについているアクセスカウンターのようなもので来訪者を数えてるっぽいです。


なかなか頭がいいやつでして、拍手ボタンを押すと、いくつか用意しておいたメッセージを表示できるっぽいです。絵も表示できるっぽいけど、僕にはとてもできない。

ということで、僕にできることは文を書くことですね。
そういうわけで今現在構想しているものとしては、拍手ボタンを押すと、そこに秘密のアドレスが表示してあって、そこに行くと新しい小説が読めるなどと……だめだ。ものすごく面倒だ。作り手にも、読み手にも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.04

三日間

GWなのに一日中ゲームやってました。

か、悲しすぎる……。

こんなにゲームを連続プレイしたのは久しぶりです。
最近は長時間やってると目肩腰が痛くなってきてどうもいけませんね。

さて、やってるゲーム名はいえません。ヒントはこの記事のタイトルです。分かる人は分かるかも。
アドベンチャーゲーム(かまいたちの夜)みたいに選択肢を間違うとすぐに死にます。
死んだ回数がカウントされていって、それがたまらないと先に進めない模様。

今日だけで12回死にました。

って言うか、フローチャートが用意されているんだけど、それで調べてみると……。

エンディングが全部『死亡』なんですが。
どの選択肢を選んでも絶対に死ぬっていうのはどうかと思います。

さらに、死ぬと振り出しに戻されて、死んだ回数が+1される、と。

今のところ終わりは見えません。

ああ、クラナドで癒されたい……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.03

これからゲーセン

これから(22:20PM)ゲーセンに行ってきます。

旋光の輪舞やるぞー!

チャンポ以外のキャラも試してみるぞー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旋光の輪舞2

すみません。今帰ってきたところです。(4:45AM)
ゲーセン行って、そのあと昔の友人と飲んできたところです。

ということで、日付は5月3日だけど、今から書くことは5月2日のことです。

近所のゲーセン行ってきました。閃光のロンドがフリープレイだったので乱入してみたんですよ。

いやあ、フリープレイだというのにぼくの他は3人しかいませんでした。
さっそくチャンポで乱入してみたんだけど、ゴルゴにボコられました。
しかも間違ってAタイプ選んじゃったし……。

そんなことで落ち着くために一服。
こうしているあいだに、フリープレイの残り時間も30分になりました。

いやあ、対戦って、こんなに面白かったんだ!
生まれて初めてです、乱入して勝ったことなんて!
このゲーム、見かけはハデだけど、ちょっと入り込むとものすごく深いんですよね。
ボスを発動させるタイミングとか、弾を置いていく場所とか。
そしてなによりも、Fボスを使わせないことですね。

そんなことでまあ、乱入したんですけど、最初の一人をなんとか倒したわけですよ。さっきのゴルゴ、まだ勝ち続けていたんでリベンジは果たしました。
すると、ゴルゴの友達が敵討ちといわんばかりに入ってきて、それにも勝つとまた次……。
それで5人目が妙に強いゴルゴだったんですよ。
ここで熱くなり始めたところで、
「お客さん、時間です」
リアル時間切れしました。

ちなみに最後のゴルゴは僕の友達だったという……来てたんなら教えてくれよ!
そのあと対戦したけど、ボコられました。

やっぱりゴルゴは嫌いだ。
ライフルが痛すぎる。

そんなわけで対戦ゲームに目覚めてしまいました。
これから閃光のロンド関連の記事が増えそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.01

旋光の輪舞1

閃光の論舞っていうゲームをやってみました。

この筐体、行きつけのゲーセンで一番目立つところに置いてあるけど、誰も見向きもせずに通り過ぎて行きます。

それもしょうがないかもしれません。
ものすごく見かけはつまらなさそうなんです

例えて言うのならば、バーチャロンを上から見下ろし視点でやっているような感じでしょうか。
ものすごくつまらなさそうですね。

ためしに100円入れてみましたよ。

まさか、これにハマるとは・・・・・・


ちなみに僕はレバーは大の苦手です。
苦手というか、触ったことが無いと。おそらく一桁でしょうね、生まれてから。
だからカクゲーとかも手を出せないんですよね。


そんなぼくが二日目で、カクゲーで慣らしている友達に三連勝しました。
と言っても、このゲームはカクゲーというよりもシューティングに近いので、あんまり参考になりませんね。
ここで言いたいことは、それほど操作が簡単だよ、と。そういうことです。


このゲームの面白いところは自分なりの弾幕を作り出すところにあります。少なくとも、それに凝ってます。
とりあえず考えたのが、その場に留まる弾をばら撒いて、そこにホーミングレーザを撃って、そこに急接近して白兵戦に持ち込む戦法です。

後は……キャラがすごいですな。
チャンポが使いやすくていい感じだ。

閃光の輪舞公式HP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »