« 表現について | Main | θ波 »

2005.11.19

K-1

今日のK-1は……ある意味リアルな結果になりました。

最近のK-1は、プロレスのような見せ方に偏っていたような気がしましたから、セーム・シュルトが優勝することに物足りなさも感じるかもしれません。

僕的には、シュルト対セフォーの試合が感涙ものでした。

ただ、武蔵とシュルトの決勝も見てみたかった。
それで武蔵が負けたなら、日本人として惜しみない喝采を送ることができたでしょう……。

うーん。
武蔵選手、身体は大きなりましたけど、慎重さが抜けきってないような気がします。
あそこでグラウベのヒザが当たってしまったのは、武蔵がグラウベの動きをパターン化しすぎ、尚かつグラウベが武蔵の退き方を見極めていたからなのかもしれません。

打撃系の格闘技では一撃で決まると言うことはよくあることです。

と言っても、グラウベがいくらヒザにひねりを加えた蹴りが上手いとっても、セーム・シュルトには効かないのは悲しいところです。

セーム・シュルトは数年前までは両手で相手の頭をつかんでの膝蹴り(今では反則)を常套手段として使っていた選手でしたが、今大会ではずいぶん強くなっていました。

ただ、彼が勝ったことによってルールが変わるかもしれませんが。
それ以前の問題として、武蔵は蹴り以外の『攻め方』も使えるように馴れないと優勝は厳しいかもしれません。

|

« 表現について | Main | θ波 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/7209802

Listed below are links to weblogs that reference K-1:

« 表現について | Main | θ波 »