« 東京の雪女は | Main | それが若さか »

2006.01.08

電撃文庫が発売

今月はフォーチュンが出てます。強烈なスタートダッシュはないので安心して追加発注できるタイトルです。

ただ、最近気になってることがあって……。

配本数がジワジワと削られていると思うのは僕だけだろうか。

過去のデータを見てみると、そのタイトルの売り上げの85パーセントくらいが新刊の配本数になっているようです。

そのほかにもジャンルごとによって括っているっぽいですが……。

なんだか、『麻雀で振り込んでないのにテンパイに吸われていく』ような感じで配本がジワジワと削られているような気がします。

どうしようか……。

2ヶ月先のタイトルを確認して、その既刊や同ジャンルを集めて平台に展開しないといけないのだろうか。
2ヶ月先なのは、スリップの送付時期を考えてのことなのですが……。
こういうときはポスレジだと小まめにデータが送られるので便利なのだろうなあ、と。

ほしいなあ、ポスレジ。

|

« 東京の雪女は | Main | それが若さか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/8061695

Listed below are links to weblogs that reference 電撃文庫が発売:

« 東京の雪女は | Main | それが若さか »