« 1ファンとしてのフェア | Main | 今日 »

2006.01.18

部屋の掃除

1月6日から始めた部屋掃除がいまだ終わりが見えません。

原因は分かるのですが……一言でいってしまえば、

本(!)

なんですけど、どうやってもスペースを取ってしまうのです。

最近の新潮文庫はずいぶん若者を意識しているようで、とても手に取りやすいのです。
そのせいとまでは言いませんけど江國香織、宮部みゆきと来て、国語の時間に習ったことのある小説に手を出してみたりと。芥川龍之介のアフォリズムに苦笑してみたり、我輩は猫であるの前半部の改行無しに辟易してみたり。

自宅棚の事情が苦しいのにも関わらず。

新潮社の思う壺ですか。
自分でもそう思います。

もしも、今にも破裂しそうな棚からオススメを選んでと言われたら、ぼくは江國香織を引っ張ってくるでしょう。
特に『ぼくの小鳥ちゃん:新潮社』『モンテロッソのピンクの壁:集英社』がいい感じです。
小説というよりも絵本に近い、ページのほとんどがフルカラーの挿絵が入った文庫本なのです。

何度も読み返してもよし、手元に置いてニヤニヤするもよし……。
と言ってるぼくも、実はモンテロッソはまだ眺めているだけですが……。いつになるかは分かりませんけど、いずれ読んでみようと思います。

ただ、その横に『燃えよ剣』や『竜馬がゆく』のハードカバーがあるのは我ながらいいセンス過ぎると思いますが……本当に雑食だ。さらにその横には月詠。

ハッ!

そんなわけで、掃除しようとしているのにブログの更新に打ち込んでいる自分に気付くわけですよ。

ああ、棚整理が終わるのはいつになることやら……。(今日はネギま!12巻を買ってしまったし)

どうしろと。

|

« 1ファンとしてのフェア | Main | 今日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/8211960

Listed below are links to weblogs that reference 部屋の掃除:

« 1ファンとしてのフェア | Main | 今日 »