« それが若さか | Main | もうイヤだな…… »

2006.01.11

嗚呼、友人よ。

高校時代からの友人がいる。

その友人と、知らぬ間に負担をかけて合っていた。

最近の彼があまりにも否定的だから、僕になにか問題があるのかと聞いてみたところ、僕に対する不満を吐露してくれた。

メールが短過ぎる、

協調性に欠ける、

一緒に行動するのなら、その都度報告してほしい、

小説の話をするのはやめてほしい……。

彼の言ってることは実に正鵠を射ている。

ぼくは彼を映し出そうと鏡になろうとしていたのだから。

もう2度と彼に小説を読んでもらうこともないだろうし、彼が望むのであれば気に障るやも知れぬメールを送ることもないだろう。

ただ、僕のしたことを彼が気付いてくれてそれを生かしてくれることを願う。

|

« それが若さか | Main | もうイヤだな…… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/8108668

Listed below are links to weblogs that reference 嗚呼、友人よ。:

« それが若さか | Main | もうイヤだな…… »