« 電撃文庫が入荷 | Main | 風邪 »

2006.02.12

珍しいことに

富士見ミステリー文庫が入荷しました。

だがしかし。

かりん増血記が2冊しか入ってこないのはどういうことでしょうか。

いや、もう諦めているのですが。配本が皆無に等しいことは。

入ってくれば売れるのですが、入ってこなければ売れるものも売れません。

しかし最近思うようになったのですが、お客さんにとっては大きい書店に行ったほうが沢山の本を同時に見ることができるので、大きい書店への配本の一点集中はある程度ならお客さん本位の考え方なのだろうと思ってしまいました。

こうして少数の意見は切り捨てられていくわけで……しかしマニアックなお客さんを喜ばせるのは面白いのです。

それだけで商売が成り立てば言うこと無しなのですが。

ああ、もう。

愚痴しか出てきませんよ。

読み返してびっくり。

この記事、真っ黒だw

何もかもがメンドーサ!

……きっと、雑誌付録の『あの素晴らしい愛をもう一度』を聞いてネガティブになっているのでしょうか。
明日は『Humanity…』でも聞きながらパソコンにかじりついてることにします。

|

« 電撃文庫が入荷 | Main | 風邪 »

Comments

かりんは、短編集だからか売れ行きがわr(ry

電撃はシャナがヤバイぐらい売れてて焦ってます。
半分の月~は、こちらの記事を見てフェアがくるから大丈夫かぁ~♪とかおもってたら
こういうときに限って頼んでなかったらしく届かなかったorz

Posted by: かけるん | 2006.02.12 at 02:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/8615846

Listed below are links to weblogs that reference 珍しいことに:

« 電撃文庫が入荷 | Main | 風邪 »