« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.31

息切れw

今日はラノベ読むのは休みます。

振り返ってみれば、

リバーズ・エンド1

塩の街

パンツァーポリス1935

エアリアルシティ

風水街都香港(上)

風水街都香港(下)

OSAKA(少々)

……な感じで、この1週間はあっと言う間に過ぎていきました。

ここら辺で、ちょっと文章のリハビリをしとかないと、いざ小説を書き始めたときにクルマをエンストさせてしまうようにギクシャクしたものが出来上がってしまいそうです。

そういうわけで、今日は創作小説のプロットを立て直したいと思います。

この1週間、ラノベを読みふけっていて思ったのですけど、ぼくが目指しているものとずいぶん距離を感じました。

この距離は、読者との距離でもあると思うのです。

ですからそれを考えながら、3分の2弱くらい書き終えた作品にオペを加えつつキャラクターの感情の変化などを描写していけたらな、と。

ただし、それだけだと乱暴なものが出来上がりそうなので、作品にリアリティを持たせるためにキャラクター以外のものにも細かい設定を加えて行きたいと思います。

 

誰も読まないだろうけど、上のような目標を立ててみました。6月の30日までには達成したいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.30

都市シリーズ風水街都(下)。読んでみた。

『読了』という言葉を使いたいのですけど、字面的に読み終えて完全に理解した状態でないと『読了』と言えないような気がするのです。

風水街都は一読しただけでは完全にできませんでした。……ぼくの記憶力が頼りないだけかもしれませんが。

頭の中に地図を作り出せなかったり、遺伝子と詩(うた)をかけていたり、それを色によって視認することによってキャラクターが考えていることを伝えたり、その能力を失わせて挫折させようとしたり。

すごい量のアイディアが盛り込まれていました。

一晩寝れば整理がつくとも思えません。

ここからはネタバレ注意で。

新装版が出たということで、あとがきも変わっていたのですけど、なぜ作者がこんなに『2』じゃないですと断っていたのかが、最後まで読んでみてやっと分かったような気がします。

アキラは結局どうなったのでしょうか。

その答えは巴里で明かされるような気がします。なんとなくですけど。

次はついに日本OSAKAですか。

知人の話ですと、OSAKAが一番健全らしいです。なにが健全なのかは知りませんが。

最後に。

天使は羽が邪魔になるからバックでしたかw

ラノベとは思えないほど濃密なシーンでしたw

直接言葉にしないところが更に……(*´Д`)。

書評・ゲーム空間へ

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.29

風水街都香港(上)読了

ここ数日、アルコールの代わりに活字を摂っています。

都市シリーズの3作目の香港ですよ。上巻だけで1日と半分かかりました。段々読むペースが遅くなってきているような気が……。

とりあえず誤字情報。
第3版現在、P98の1行目、『そうか? 五行にしろ風水にしろ、……』の『五行』には『バスト』と振られるところが、『ベスト』になってました。

……僕が読んでいる本だけかもしれませんけど。

と、そんなことは置いといて、次は下巻です。

ネタバレ注意。

風水紋章を止められなかったアキラ、ついに隠された力を使ったガンマル、新世界を作り出そうとするダブルリー。

はたして、アキラは大人になるのでしょうか!?

……。

いや、そのために読むんじゃないっすよ。ラノベ修行ですから。

決して不純な動機は(以下略

書評・ゲーム空間へ

| | Comments (26) | TrackBack (0)

ココログ

いまさらながら、このブログはココログです。

昨日メンテナンスがあったのですよ。

それ以降、妙に重たくなったり、バグのような症状が現れたりと、とても調子が悪いです。

ココログのメンテナンス後のバグはお約束なのでしょうがない事ですが。

何度も繰り返されると消費者としての権利をかざしたくなります。

そういえば、セガのクエDでカードのデータが欠損したけど、カード送ってから音沙汰無しだなあ……。

メールで聞いてみようかなあ……。

無視って言うのは、企業の対応としてどうかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.28

エアリアルシティ読了

読み終わりました。

アモン、クラウゼル、フィル。

ヴァレス、モイラ、ラルフ。

この共通点の多い3人組が、どのように会って、そしてどのようにぶつかり合っていくかが見所のような気がしました。

悩ましい男性陣を支えるクラウゼルとモイラ、それを差し置いて活躍した『警部』。

キャラクター小説とはこういうことを言うのか……。

キャラクターの行動する理由を、行動をもって示すだけではなく地文でも示す、と。
なんだかとても誤解を招きそうな言い方ですが。
いやあ、瑞々しいっすね……。

 

川上稔はこれで2冊目になりますけど、地文がとてもサッパリしすぎてますね。

爆風! や 破裂音! みたいな。

……次は香港ですか。

そのような文体に影響を受けるかどうかは、もっと読んでみないと分かりません。
できれば読んでいくうちにモノにしていきたいけど、

自分、不器用っすから……。

書評・ゲーム空間へ

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.27

朝起きたら泣いていた

なんてことは無くて、胃が断続的に痛んで目覚めました。

今朝の6時ごろです。

 

酒を飲まずに生活しているのですけど、な・ぜ・か、身体のどこかが調子悪くなるんですよ。

今朝の胃痛で目覚めたのだって、生まれて初めてですよ。胃が痙攣してました。

 

過ぎた量の読書なんて、馴れないことをしているせいかもしれません。

この記事を書いているのは16:00時ですけど、もうすぐエアリアルシティを読み終わります。

似たもの同士の3人組を平行して描いて、人として生きるのか、それとも物として生きるのか……似ているようで生き方が正反対になってしまう……最後はそんな感じでしょうか。

まだ読み終わってないのでなんとも言えませんが。

残念ですけど、これからバイトですよ。

読み終わるのは今夜になりそうです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.26

悪癖

『玄関くらい閉めてくれよ』って、おいおい……。それなら先に言ってくれよ、と。それに、暗い部屋の電気をつけといたのですが。

と言うわけで、順調にウツになってきています。ちょっとした会話の意味を色々と考えて、その裏にある感情までネガティブに読み取ってしまうのです。

僕の悪癖の1つです。

そういえば、昔ちょっとだけ読んだ乙一の作品で『暗いところで待ち合わせ』に出てくる主人公がそんな性格でした。そいつは殺人を犯していましたけど。

今日はパソコンの前からほとんど歩かずに本を読んでいました。

目が痛く、頭も痛い。

軽くノイローゼ気味かもしれないです。

ネガティブなことしか浮かんでこないのです。

文庫本、1日1冊を3日繰り返しただけで頭痛って……シャレになりませんね。きっと脳内では新しいシナプスが結合しているに違いないです。

リバーズ・エンド1、塩の街、パンツァーポリス1935からどのようなシナプスが生み出されるかは僕にも分かりませんが。

今日も酒を飲まずに寝ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.25

ラノベ修行

細かい設定が大切だという話を友人にしたら、都市シリーズが1番だと言われました。

しかし都市シリーズはAHEADを含めると20冊を超える大作なのです。

そこで貸してもらいましたよ。

……全巻、自転車に積んで運んできました。

 

 

周りに人がいなかったからよかった。いやそれよりも、午前4時に、リュックをパンパンに膨らませてカゴにも本を積んでいるところをポリスメンに見られなくて本当によかった。

結構、うちの近所ではパトカーとエンカウントするのですよ。

間違いなく泥棒と間違われて職質コースになりそうですw

……1度は受けてみたいものですがw

  

さて、これから2ヶ月は忙しくなりそうです。ゲーム会社の組織図や、代表的なSFロボットのスペックなどを調べて、これまで書き進めた作品のオペもする必要もあります。

好都合なことに、ガンダムファクトファイルを全巻買い揃えておりますので、資料に困ることはありません。ジ・Oのバーニアの数まで載っていますからw

そしてラノベを読みまくり『SF修行』ならぬ『ラノベ修行』でもしてみようかな、と。

今日読み終わった『塩の街』はとても新鮮でした。
もしもいまの価値観で秋庭がF2に乗っていたら生き残ることができたのか……そんなことを考えてしまいました。

真奈がいたらゼロ戦ででも帰って来そうな男ですが。

秋庭燃えってことで。

それにしても今日はもう眠い。もう午前4時半ですか。午後3時から仕事ですよ。

おやすみ。

もしくは、おはよう。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.24

方向転換

今書いている作品を、隙のないものにするためにちょっと時間がかかりそうです。

もうちょっと、キャラクターの動機とか、巨大ロボットの構造とかを書き込みたいし、その他の細かい設定とかもがっちり決めて説明の補足とかをしなければならないので、どうしてもこのままの〆切では中途半端なものになってしまいそうなのです。

ですので、いまの〆切カウントは止めることにします。

 

次の〆切は6月の末になりそうです。

それまでは、禁酒します。とても頼りない禁酒の誓いですけど、よく上手い文章は豊潤なブランデーに例えられるので、酒の代わりに活字成分を摂ることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.23

おおう!

あの小説大賞から返信が来ました。

応募作品は夏コミに出展したものです。

結果は惨敗なのですが、まさかここまで弱点を並べてくれるとは……自分の脆いところがよく分かって、とても参考になります。

まさかここまでびっしり書評をくれるとは思ってませんでした。
しっかりと読んでくれて意見をくれるのがとても嬉しいです。
具体的にキャラクターの名前を挙げて、ラストに至るまで助言をくれるのです。

その弱点が今書いている作品にも出ているので、それを修正できます。

最後に『書くのも大事ですが、読書の量を増やしましょう』と。
なんか、全て看破されたような気がしましたw

その通り。
書くには書いているのですが、読む方が疎かになっていました。

そして今日はラノベを2冊ほど読みました。

リバーズ・エンドと塩の街です。

他人から批判されて、それから読むラノベはとても新鮮なものがありました。新潮文庫などの少年向けではない文学と比べて、地文に感情が押し出されているのですね。
それがキャラクターの行動する動機付けになる、と。

ぼくは地文がト書きのようだといわれて初めて気付きました。この記事自体もそうなのですが。

 

やる気が湧いてきましたよ!

 

ここまでつっこんでくれるのなら、もっと応募して意見をもらいたいです。

となると、〆切が6月に延びるわけで……それまでにぼく自身のレベルを上げて、作品をもっと充実したものにする必要があります。

急がば回れということで、〆切を延ばすことにします。

その間、楽をするわけじゃなくて、ライトノベルを片っ端から読んでみようかな、と。

と言うわけで、職権を生かし、本を注文しようかな……ちゃんと買います。

キーリの評判がいいらしいですね……ニヤリ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

〆切まであと18日。その2

キン肉マン2世

結局、ウォーズマンとは言わずに終わってしまうのでしょうか。
来週は最終回なので見逃せません。

ケビンマスクの武藤ポーズ希望。

かしまし

やす菜ととまりがいつ仲直りしたのか気になりました。

あかほりイズムの前では、そんなこと些細な問題なのかもしれませんw

来週の大胆予想は、

やす菜がおばあちゃんの家に行くとか言って、それを直前ではずむが告って引き止め、それでやす菜に人の顔が見えるようになる、と。

めでたし、めでたし。

はずむ-やす菜

とまり-あゆき

と普通なら予想を立てるのですが、ちょっと羽目を外し……

やす菜が明日太に一目ぼれ、明日太ははずむを追いまわし、はずむはやす菜を追いかけて……。

かしまし 第2章 ~ガール・ミーツ・ボーイ~

く、くだらない……。

とりあえず、来週のかしましは上の方に書いてあることで間違いないと思います。
先が読めているのってつまらないかもしれないけど、この作品は音楽とか季語をうまく取り入れているのでつい見てしまうのですよ。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

〆切まであと18日。

病院の待合室に、プラモ狂四郎が置いてありました。

実を言うと僕は、プラモ狂四郎を知りませんでした。

第3巻しか置いてなかったので、しょうがなく途中から読んだのですが……とても面白かったです。

ボトムズが出てきて普通に受け入れられているのには時代を感じました。

ボトムズ対ミラ(自動車)のバトルって……おいおい。

 

これは1巻から読むしかないですよ。

今の原稿が終わったらになりそうですが。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.22

〆切まであと19日。

『我輩はいつまでも少年でいたいと思っていた! 

だが現実はどうだ、反射能力が衰えてギャルゲーばかりやっていて、深夜アニメをリアルで見る体力がなくなってビデオに撮っている! 

これが少年といえるのか! こんな奴に生命をかけて戦う資格があるのかっ?』

 

いい感じに思考が電波ってきました。さあ、今日もキーボードを叩くぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.21

〆切まであと20日。

WBC、日本が優勝しました。

日本-キューバで、10-6です。

最後まで諦めないキューバは本当に強かった。

いろんな問題があったけど、優勝決定戦は良い勝負だったと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.20

〆切まであと21日。

現実で欲しい、ドラクエの魔法ランキング。

1位、パルプンテ

2位、ザメハ

3位、ルーラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.19

WBC日本が決勝進出

まさか日本がここまでいくとは思ってもいませんでした。

しかしお隣の韓国の方々にとっては、ルールといわれても納得しきれない部分もあるかと思います。

今回の結果は、トーナメント方式と失点率という制度がうみだしたイレギュラーケースと言えるのかもしれません。

僕は今年の結果に驚きつつ嬉しく思っていますけど、きっと他の国が納得しないのだろうなあ……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

貫徹も~ど

18日の土曜日は、朝11:00時ごろに起きました。

そしてこの日記をつけているのが日曜日の20日、夜8:00時ごろです。

この間、一睡もしてません。

小説の執筆を少しでも急いぐために、雨の音を聞きながらカタカタとキーボードを叩いていた……とか、カッコいい理由があればいいのですけど、ぼくに限ってそんな話は無いのですよ。

実は、友達と『機動戦士ガンダム 連邦ジオンの最強ユニットはなにか?

というもので盛り上がってしまったのです。ガンダムやらグフやら色んなモビルスーツが登場しますよね。

 

これが土曜夜の話。

しかし話しているだけで、実践してみないことには始まりません。ということでゲームをはじめたのですよ。

おあつらえ向きにも、外は春の大嵐です。雨宿りにはちょうどいいでしょう……。

 

ガンダムやってたら、いつのまにか翌日の朝6:00時になってましたw

しかし、なぜか分からないけど、そのとき無性にラーメンが食いたくてたまらなかったのです。

徹夜明けのテンションゆえの過ちで、そのまま11:00まで起きていたのですよ、『式神の城Ⅱ』をやりながら。

その後、ラーメン花月へ行き、生絞りニンニクを投下したしょう油ラーメンを完食……テンションが妙なギアに入り、ゲーセンに突撃する、と……。

今日は本当に疲れた。

眠たくてたまりません。

しかし、フェイトが……ビデオにとるか……。

ちなみに、ぼくらのなかでは、『』最強ユニットは『Gブル』に決定しました。こっちがレベル1で出撃して、敵3体をレベル5のGブルにすると勝てる気がしません。

弾速早いし、コスト安いし、両側に盾ついてるし。

同じ条件なら、なんとか他の機体に勝てるのですが……Gブルだけは……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.18

土曜は

〆切まであと23日。

今日は土曜日なのでこれからバイトに行ってきます。

今日はファンタジア文庫が入荷です。

まぶらほは入ってきますけど、他は顔見せ程度の冊数しか……。

 

今回の作品を、思わずHPにアップしてしまいたい衝動に駆られますけど、そうすると『未発表であること』に引っかかる可能性があるので公開できないのですよ。

この未発表というのがイマイチはっきりしなくて、『商業で発表したらダメなのか』『同人であってもダメなのか』『HPで無償で発表してもダメなのか』というのが分からないのです。

同人でもダメって書いてあるところはありますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.17

WBC 日本が準決勝進出

お昼のワイドショーを見ていてびっくりしました。

なんとアメリカ代表がメキシコ代表に1-2で負けたと言うのです。アメリカに有利な疑惑の判定があったにもかかわらず。
メキシコが打ったホームランがライトポールに当たり、2ベースになったそうです。その判定を下したのが、日本でも疑惑の判定をしたボブ・デービットソン氏らしく……。

これによって日本とアメリカとメキシコが1勝2敗で並ぶので、失点率というもので順位が決まります。
これは失点とイニング数を割って出すようで、日本の『守りの野球』が生きてくるルールでもあります。もっとも、こうなる前に勝ってほしいものでしたがw

これによって失点率が一番低い日本が勝ち残ることになりました。

これで韓国と日本がベスト4に残ったことになります。

準決勝『韓国-日本』は3月19日にやります。

それにしても韓国からしてみれば、日本はゾンビのようにしつこいのだろうなあ、と。
倒しても倒しても這い上がってくるし、なかなか点を取らせてくれない守りの野球だし。

パワプロだったら、絶対に相手にしたくないですw

なんにしてもリーグ構成的に、下馬評ではアメリカが世界一になれる可能性が高い状況であって、アジア勢がここまで勝ち残ることができました。

もっとも来年のWBCの存続自体が怪しいし、もし続いたとしても、失点率がなくなって得失点差率というものが組み込まれていそうな予感がします。

どっちにしろ、現状のルールでは審判の公平性に問題が多いし、日本も生きた心地がしない勝ち方だったので、まだまだ変更の余地はあると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

修羅場も~ど!

(ネコミミモ~ド風に)

4月10日が〆切なので、それまでカウントしてみようかな、と。
気を引き締めるという意味でも。去年の夏コミのときのように、〆切直前になるとバイトを休むことになりそうですが。

と言うわけで、〆切まであと24日です。

ちなみに現時点で規定がワープロ原稿で80枚~120枚までのところ、71枚まで書き進めました。

問題は何枚まで膨らむかです。

下手すると膨らみすぎて規定&時間オーバーという可能性が……。

いまはそんなこと考えている場合じゃないですね。

そんなわけでカウントダウン中は日記が極端に短くなるのでよろしくw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.16

深夜アニメコンボ

キン肉マン2世

クロエ、もうウォーズマンって言っちゃえよ!

 

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

はずむととまりのキスシーンがついに来ましたよ。
そしてお約束でやす菜がその場に居合わせました。

爆弾投下

ポチッとな、と。

このあとアニメ版かしましは、やす菜がはずむの顔が見えなくなって、それが見えるようになって最終回……なんて予想を立ててしまいました。いま何話目かは確認してないので外しそうですが。

 

水曜日の深夜は一番熱いのですよ。

特にキン肉マン2世の熱さは尋常ではなく、2世VSケビンマスクが息をつくヒマも無いほど面白いのです。

ケビンマスクの決めポーズがよかったです。あのダサカッコよさにあこがれてしまいます。あんなことやるんならプロレス見てみたいなーって。

 

昔の話をしますけど、ぼくが初代キン肉マンを見ていたのが幼稚園あたりでして、うっすらとしか覚えていないのですよ。

そのくせにしっかりと覚えていることがあって、

新幹線アタック、テリーマン失格!!

なんてことはしっかりと覚えているのです。

この役に立たない脳細胞はどうにかならないかw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.15

トトロおじさん

この前の話になりますけど、お店の監視カメラの端っこに変な人が映っていたのですよ。

児童書のコーナーで座り読みしているので、『子供かな』と思ってよく見てみると、いい年した、

おじさん

だったんです。

こういう時って、往々にしてよくあることなんですけど、『普通の人じゃない』ことが多いんです。
人を差別するわけではありませんが、客商売をしていると色々な人が来るのです。いい人もいれば、ごく少数ですけど騙そうとしてくる人もいる……これは人間なんですから当然のことです。

それで、そのおじさん、マークしてから1時間以上も同じところに座って本を読んでいる。カメラで確認してみると、それは児童書の『となりのトトロ』だったのですよ。

……このパターンだと、下手に注意すると暴れだしたり、なにか予想もつかないことをしでかす可能性があるのです。この前はキレられて店の前の自販機で立ちションしてました……警察に捕まってましたが。

しかしこのトトロおじさん、周りにお客さんが来てもあぐらをかいてとなりのトトロを読みふけってます。

1時間経てども、2時間経てども。

そろそろ僕も我慢の限界だったので、注意しに行ったのです。

そうしたら意外と素直に立ちました。その後、1時間くらい立ち読みは続けて、何も買わずに店を出て行きましたが。

これだけなら記憶に残らなかった。

問題はその後だったのです。

日も暮れて仕事も一段落したな~と思っていたら、再びトトロおじさんが入ってきたんですよ。

そして真っ先にレジに来るなり、

『外の自販機に千円入れたけど出てこないぞ!』

となったわけです。

と言うわけで店の自販機をいじくってみたけど、千円は入っている様子もありませんし、出てくる様子もありません。

『ホントに入れたの?』

と聞いても、入れた入れたと言い張ります。

そしてその千円が唯一の所持金で、それがないと電車に乗れないと言い出しました。

僕は心の中で『それなら本屋に来るなよ! こいつ、本屋と図書館を勘違いしてる』と思いましたさ。しかし声には出しません。顔には出るらしいですが。

それで放置しておくわけにも行かないので、僕の千円を入れてみたのですよ。

あっさり入りました(笑)

しかしそれでもトトロおじさんは食い下がってきます。
そこで自販機に書いてある電話番号に電話をいれてみましたけど既に窓口は閉じてしまっていたのですよ。

しかしトトロおじさんに千円わたす訳にも行きません。

そこでしょうがないので『警察に被害届けを出しましょうか』と言った途端……さっと顔色が変わりました。

明らかに挙動が変わったのですよ。

次の瞬間には、脱兎の如く駅のほうへと逃げていきましたとさ。

後日、自動販売機の業者に確認したところ、

こういうことはよく有る事なんだそうです。
JRでも入れた入れたと言い張る輩までいるのだとか。

しかし入れたお金は商品のボタンを押すまでは入り口にあるので、次のお金が入ることはないのだそうです。

本当に故障したときは、お客さんに業者の電話番号を教えてあげて、そこにクレームの電話を入れると後日、本当にお金が出てこなかった場合は郵送にて送られるシステムらしいです。

店頭の対応としては、無愛想な声で『警察に届けましょうか?』か『業者の管理となっていますので、そちらに連絡してください』が効果的かもしれません。

ああ、疲れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.14

今日、そういえば。

そういえば、今日って

ホワイトデーだったんですね。

今年のバレンタインデーは大風邪を引いて寝込んでいました。

そして今日……義理チョコさえももらっていない僕はすっかりホワイトデーの存在を忘れていましたとさ。

いいさ。

僕には空想の世界がある。

そこに行けばチョコなんか目じゃないぜ!

最近のプレイスポットは海浜幕張のマリンスタジアムや駅前プレナのゲーセンです。たまに幕張の浜まで行ったり。

今日はすごかったです。
あまりの入力スピードのあまり、筐体のレバーを折ってしまいましたから。

……あくまでも、空想の世界ですが……。

あーあ。

リアルでチョコくれる人なんているはずもなくて、今日も今日とて本屋でアルバイトですよ。

そういえば今月のダ・ヴィンチの特集は文学少女とやる方法でしたっけ。

なにをやるかは知らないけど参考にしてみようかな!

滅! ホワイトデー!!

むなしすぎる!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.13

トリプティック

ぼくにしては珍しく、濡れ場が含まれるPCゲーム……いわゆる18禁のパソコンゲームのお話でもしようかな、と。

 

不思議なもので、漫画やパソコンでは成人向けマークが存在しているのに、小説ではたとえフランス書院であっても成人向けマークはついていないのですよ。中には文学的な作品があるからだそうです。

ぼく的には、なぜ小説に成人向けマークがないのかというと、フランス書院などを成人指定にしていくと司馬遼太郎や川端康成の半分くらいが成人指定になってしまうので、なかなか踏み出せないのだと妄想しています。

ライトノベルの有名どころでは『機動戦士ガンダム1・2・3』の、アムロとセイラさんは一緒に寝ていますし。記憶が正しければ何度も寝ているはずです。しかも挿絵ではセイラさんの巻きタオル姿が!
さらに問題なことに、この作品にはスカトロジー的な要素があるのですよ……。

 

……話がそれました。

それで18禁物のPCゲームを体験版ですがやってみたのですよ。

ALCOTTriptych(トリプティック)というゲームです。なぜやろうと思ったのかは……想像にお任せします。

生のexeファイルだったので落とすのに1時間ほど掛かってしまいましたがいざプレイ……。

何行か文字を追っているうちに気付いたのですよ。添削するときのクセが抜けずに、おもわず誤字脱字を探してしまいます。

さっそく二重修飾を発見してしまいました……あ~やだやだ。姑みたいだ。

しかし気にせずに読み進めていくと……黒いゴシックロリータな少女がでてきましたよ。察するに、無口系ツンデレ(20:80)だとお見受けしますが、今回の体験版ではそれが明かされる前にお預けになってしまいました。

お約束の濡れ場も1シーン入っていました。あんまりドロドロしていなくて、かえって健全な印象を受けてしまったほどです。

興味がある人はALCOTのHPに行けば無料体験版を手に入れることが出来ます。

 

買うかどうかは……うーん。
もうちょっと文章がサッパリしてた方が、ぼく的には好みです。

確実にプレイする友達がいると思うので、その友達のお話を聞いてから決めようかな。

よろ。(^ー^)ノシ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.03.12

花粉症

風が強いです。

バンバン花粉も飛んでいるようです。
今年は飛散量が少ないそうですが……目がかゆいです……。

去年は、ケロイドの治療でケナコルトと言う薬を注射していたのです。
ケナコルトと言うのはアレルギー疾患に幅広く使われているそうで、ケロイドのほかにも花粉症にも効いていたようです。
ですので、去年の花粉症はそれほどひどくならなかったのです。

今年は……えっと、喘息用にフルタイドディスカス、セレベントディスカス、テオドール、オノン、ジルテック、リザベン、フルナーゼ点鼻薬……を投与していますが……症状は出るのでしょうか。

花粉症から喘息への連続コンボもあるかもしれないので要注意です。

しかし……薬代が、ね……。

医療費3割負担はほんとどうにかしてほしいものですよ……はぁ……。

| | Comments (210) | TrackBack (0)

アルトネリコ攻略02

第2章へと進みました。

……オリカのセンスがいい感じです。

手に入れたコスチュームが、

巫女服、ワインレッドの学生服着ぐるみバスタオル

学生服までは何も考えずにプレイしていたのですが……この着ぐるみって言うのがデスね、例えるならフルメタルパニックの『ボン太』でそれを着たまま戦闘に出るのですよ。

そして次のバスタオルとは、身体にバスタオルを巻いてですね、それで戦闘に出るという酔狂としか思えないコスチュームなのです。
いや、もっと酔狂なのはこんなことを考えた開発者なのですが。

 

しかしアルトネリコはやってみると本当に熱いゲームなのですよ。設定とかシナリオとか。
ヒロインは後衛で詩を紡ぎ、主人公達はそれを敵の攻撃から守りながら戦うのです。ちゃんと『守る』コマンドもありますし。

装備品のチューニングによってものすごく個性も出せますし、

イベント戦ではボーカル入りの曲が流れてですね、熱くなれるのですよ。それでヒロインを守りながら戦う、と。

久々に良作と出会えたのですが……。

出会えたのですが……。

この作品を語れば語るほどキモがられるのでリアルでは布教活動ができないのが痛いです。

どんなシーンがあるか気になるヒトは、

『アルトネリコ 問題シーン』でグーグル検索するといいことがあるかもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.10

グラマー美人?

dengeki  

 

 

ボンッ、キュッ、ボンッ!

と言うわけで、電撃文庫が入荷しました。

今月はリリアとトレイズ3(上)、撲殺天使ドクロちゃん7、しにがみのバラッド。8などが王道商品です。写真の一番左側がリリア、左から3番目がしにがみ、一番右に飛び出しているのがドクロちゃんです。

その真ん中のキュッは、ゆらゆらと揺れる海の彼方6です。
この作品は今回で最終回と聞いたので、みなさんチェックしていたようです。残り1冊と、事実上の売り切れ状態です。

中小の書店では、品切れが致命的となることがあります。
今の中高生は、コンビニに行けばなんでも揃っているように、少しでも品切れの商品があるとその店には行かなくなってしまいます。
当店では富士見ファンタジア文庫の特約店から外れてしまったために、ファンタジア文庫は棚ざしや1ヶ月前に発売された新刊などはほとんど動かなくなってしまいました。誰もそれを目的に来なくなったんですよね。

ようは、ボンッ、キュッ、ボンッ! の部分をもうちょっとだけ凹凸を減らしてそんなにグラマーじゃない方がぼく的には好みかな~なんて。

それにしても……『ストロベリー・パニック!』をパラパラとめくっていたのですが……いやはや、ちょっとビックリしてしまいましたよ。『かしまし』と並べてみようかな。

百合系は大きいお友達のほかにも可愛い物好きな女の子にも受けがいいので。

僕が読んでたら危ない人だと思われるので検品だけで済ませておきますが。

……ああ、早く『しゅごキャラ!』がコミック化されないかなあ……。白泉社のコミック版しにがみのバラッド。が1冊も入荷されなかったのですよ。
S-BOOKで注文しようとするも、品切れ状態でした。

amazon.comの書評では散々ですが、やっぱり読んでみたいのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.09

今月は

長編小説1本は4月10日に応募〆切があり、短編小説1本はHP用に皆様が楽しみにしていらっしゃるようで……。

しかし今は長編に力を注がなければならないのです……短編は雪女で、初心に帰ってかなり短めになる予定です。

長編:短編
8:2
くらいの時間配分で進めてますが、なにぶん遅筆なもので……申し訳ない。

 

ミントティーとシナモンティーを飲みまくりながら頑張っているところです。
あまりにもたくさん飲みすぎて、歯が茶色くなってきました。……いつも歯を磨いているのですが……もっと磨かなければ……。

最近ハーブに凝っていてですね、肉料理に買ったはいいけどお蔵入りしていたローズヒップも使ってみたんですよ。

紅茶ティーバッグに1つまみほど。
ものすごく癖のある味になりました。
そして身体がとても温まって汗が出てきたようながします。あくまでも気だけですが。

どうやらローズヒップはビタミンCが豊富で美肌効果やらアレルギーの抑制やら風邪予防にもいいらしいです。
ということは慢性鼻炎や喘息にもいいかもしれません。

しかしこの癖のある味は……紅茶に飽きたら試してみようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.08

森博嗣を

電撃文庫が7日に入ってこなかった……。

ということは、(水)(木)と休みなので追加発注が金曜日になってしまう……。

今月の予想は、

ゆらゆらと~が4冊しか入荷されてなくて、

空ノ鐘の鳴り響く惑星でも4冊しか入荷されなくて売り切れるのだろうなあ……その隣ではリリアとドクロちゃんがツインタワーの如く……。

発破をかけなければ……しかしゆらゆらも空ノも両方とも読んだことないし聞かれたら困る……今月は忙しいのです。

パラサイトムーンなら任せてくれと言いたいのですが、

しかし今の中高生の方々にはあの表紙の絵柄は『グッ』と来ないらしく……表紙で敬遠……。

仕事の話はここまでにして、

最近、仕事抜きで森博嗣を読んでみたいのです。
しかしたくさん小説を書かれているようで、どれを手にとっていいやらサッパリ。

森博嗣のオススメの小説があったら教えてくれたらな~なんて思ってます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.03.07

電撃文庫……。

♪ボーボボ撲殺~

と言うわけで、最近FLASHにハマッています。

今月の電撃文庫はたくさん入ってくるものとそうでないものがくっきりと分かれそうな予感がします。

リリアとトレイズと撲殺天使ドクロちゃんはたくさん入ってくるでしょう。きっと。

しにがみのバラッドは……ちょっと自信ないです……4日に発売したコミック版のしにがみのバラッドが1冊も入ってこなかったのですよ……キープしようと思ってたのに……。

しかし毎回疑問に思うのですけど、『空ノ鐘の鳴り響く惑星で』が配本が少なすぎて新刊が品切れを起こしてしまうのです。
……ちょっと発破をかけたほうがいいですか……既刊を平台にずらりと……。

そんなわけで近状報告でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.05

うるおされたい

最近、修羅場っているので癒しを求めているのです……。

かみちゅ、いいですよ。

千と千尋の神隠しっぽい雰囲気があるのがいいです。

背景に神様がたくさんかかれていたり、海に夜空が映ってて天の川みたいだったり。

背景がしっかりしているとその場にいるような感じがしていいですね。

登場人物も立っていて、内気な妹黒髪おかっぱ巫女属性の『みこちゃん』がクリティカルヒットです。

ああ、うるおされたい……。

『半分の月がのぼる空』と『しにがみのバラッド。』がWOWOWなのだよう!

家じゃ見れない!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恐ろしすぎる。

ぼくは食事に関する夢をよく見るのですよ……。

だいたいゲテモノなのですが……夢の中ではとても上手そうに食っているのです。

今日、夢を見ました。

例のごとく食事の夢です…………大皿に盛られた無数のナメクジ食っていました。

……思い出しただけで口の中がしょっぱくなってきました。

実は、その夢のことはすっかり忘れてたのですよ。しかしその日の夕飯がシイタケとエリンギのバター炒めだったので不意に思い出してしまったのです。

おえぇ……。

その瞬間、料理がまずくなりました。

きのことナメクジって似てますよね、見掛けが。
昔の話になりますけど、風呂に入っているときにシイタケだと思って素手でつかんだものがナメクジだったことがあります。

きっと、歯ごたえも似ているのでしょう。

今回の夢は、その幼少の頃の記憶が蘇ってきたものかと。

しばらくはきのこが食べられなくなりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.04

アルトネリコ攻略1

『初めては痛いって聞いたけど、あなたの入れてほしいの』

……どうします、内気でコンプレックスの塊のようなヒロインにこんなことを言われたら。
危うく家族が来たのでリセットボタンを押しそうになりましたw

アルトネリコには『ダイブ』というシステムがあります。
平たく言ってしまえば、これをやらないと技や装備品が手に入らないのです。
物語には必須のシステムと言えるかもしれません。

しかしこのシステムが曲者なのですよ。

ヒロインの深層心理へと潜り込んで、その子の心のしがらみを解きほぐすことによって能力を開放していくのです。
深層心理の世界は、ヒロインの妄想世界なので色々なことが繰り広げられるのですよ。

巫女服で出てきたり、学園物のブレザーを来て出てきたり。

悪魔が出てきて誘惑したり、天使が出てきて留めたり。

そのイベントを乗り越えるには、ヒロインとの信頼度が大事なのです。
信頼度は戦闘でヒロインを守ることによって稼ぐことが出来ます。

戦闘で守りつつ信頼度を溜め、ダイブによって新しいコスチュームや技が増えていく……このシステムはとても新鮮です。

……しかしここまでプレイして思うことがあるのですよ。

よくこのゲームはCERO12で済んだな、と。

CEROを上げるためにはいくつかの条件があります。
大きく分けると、

『性表現系』
『暴力表現系』
『反社会的表現系』
『言語・思想関連表現系』

の4つです。

ここから更に、表現度合いと言うものがあり、

『直接的であるか間接的であるか』
『肯定的であるか否定的であるか』
『必然的または自然的であるか否か』

です。

この観点からアルトネリコを考えると、……まだ途中までしかプレイしていませんが、

『性表現』に関しては、直接の言葉を使っていないにしろコスチュームなどで直接的であり、それを肯定していて尚且つ必然的です。

『暴力表現』に関しては、出血などの描写は無く間接的であり、暴力自体に否定的ですが必然的です。

『反社会的行為表現』に関しては、人権の蹂躙などが間接的にありますが、否定的で不自然的です。

『言語・思想関連表現系』はありません。

……以上、CEROの基準に当てはめて考えて見ましたけど、とても無理のあるシステムだなあ、と。

審査基準を考察してみると、細かくカテゴリーに分けて、無理やり『白』か『黒』に仕分けようとするあまり、全体で見ると灰色になっている感があります。

そこから推奨年齢を決めようと言うのだからムツカシイ。

いっそのこと、年齢で人格が決まることなんて無いのだから、推奨年齢システムではなくてアイコンを作ってそれをパッケージに並べてはどうでしょうか。

ハートマーク……キスシーンがあります。

ナイフマーク……出血します。

W.C……排泄などの描写があります。

見たいに。

うん、それが分かりやすくて良さそうです。

……何が言いたいのかと言うと、CERO12のゲームを家族の前でできない僕は想像力がたくましいのか、それとも今の12歳の子供たちが進んでいるのか……どっちなのかはこれからのCEROの審査基準に掛かっていそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.03

祝! ほぼ1周年

と言うわけで、このブログもほぼ1周年を迎えることが出来ました。

初めての記事が去年の2/26日ですね。

バックナンバーを見ると思うのですが……昔の自分、とても若いですね……。

うは、一人称が違うよ……同じ記事で『ぼく』と『私』が混じってる……。

しかしどうやら不健康な生活をしているのは変わりないようです。

 

さて、もう春ですか。

毎年、今年こそは働こうかと思うのですけど、どうなのでしょうか。

とりあえず、新人オンリーの3カ月おきに締め切りがある小説大賞があるので、そこにトライしまくることにします。

時間のロスも少ないですし、返信もあるようなので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.02

集中!

ガムを噛むと、あごの筋肉が刺激されて脳に血液がいくらしい。

ペパーミントとシナモンは集中力を高めるらしい……。

と言うわけで、一身上の都合でこれから1ヶ月間パソコンに張り付かなければならなくなったので、集中グッズを買ってきました。

ミントティーと、粉末のシナモンと、キシリトールガムのボトルです。

シナモンは初めて使いますけどとてもうまいです。
砂糖とシナモンの粉末がブレンドされたものがスーパーに売っているのですけど、それを紅茶に入れるといい香りになるのです。

ペパーミントは食後のだるさによく聞きます。
目も覚めますし。

 

最近、不眠気味だったのですよ。
布団に午前3時に入っても、明るくならないと眠れない日々が続いていたのです。

しかし1日中ミントやらシナモンやらを摂っているとリラックスしているのか自然な眠気が押し寄せてきました。

ガムを噛みすぎてあごも疲れています。

もしかしたらこれは良い不眠対策かもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.01

TFTモニターの欠点

薄型と言うことに惹かれて買ったTFTモニタ。

画面も一昔前の液晶に比べれば断然いいし、軽いし何よりもオシャレな感じにあこがれていたのです。

しかしそこには思わぬ落とし穴があったのです……。

まずは下の画像をご覧ください。

itigo02

 

 

 

 

……分かりにくいでしょうか?

分かりにくいですね。

では、横からの画像をどうぞ。

itigo01

 

 

 

 

……今にも落ちそう。

しかもうちのパソコン、パソコンラックの据えつけが悪いのでキーボードを叩いているだけでモニタが揺れるのです。
置けたものじゃありません。

TFTモニタはフィギュアを置く場所がありません。

それはテレビにも言えることで、薄型テレビはきっとコケシが置けないのでしょう。
これは重大問題です。

だからと言って。

………。

……。

…。

tikatan 

 

 

 

キーボードの上にフィギュアを置いてはいけません。(誰も置かない

ちなみにぼくのことをフィギュアを集めているキモイやつだと思ったそこのあなた。
これはいつも読んでいる雑誌の付録でして、しょうがなく部屋にあるだけです、はい。

……説得力0デスカ。

ソウデスね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »