« む、難しい……。 | Main | PC不調。 »

2006.04.04

メイ台詞(?)

僕はいつまでも少年でいたいと思っていた。
だが現実はどうだ、深夜アニメをリアルで見る体力がなくなり3倍録画で済ませ、反射能力が落ちてギャルゲーばかりしている……これが少年といえるのかっ?

……なんてセリフがさっきから脳内を無限リピートしています。

このセリフは、今書いてる小説のキャラクターが言うのですが、このキャラクターの乗り越えるべき壁は年齢と共に押し寄せてくる体力と反射能力の限界です。

弟がいるお兄さんは誰だって高校辺りで体験すると思うのですけど、弟のほうがゲームが上手くなるんですよ。いや、誰だってそうじゃないかもしれないけど、少なくとも僕はそうでした。

ストⅡから格ゲーをはじめた僕としては、今の格ゲーの入力コマンドなんて復活の呪文に見えます。

そうそう、復活の呪文といえば、

こないだアルバイトの新人が携帯で『ドラクエⅠ&Ⅱ』をプレイしたというので、昔懐かしの話をしてしまいました。

『昔は、セーブなんて機能は無かったから、ゲームを止めるときはパスワードを紙に書き写さないといけなかったんだ』

『何文字ですか?』

『40文字くらい』

なかなか信じてもらえませんでしたw

確かに、今の時代では復活の呪文は時代錯誤もいいところかもしれません。

振り返って考えてみれば、なんで1歩も歩いてないのに、話しかけるたびに復活の呪文が変わるのか、その当時は疑問にさえも思いませんでした。

ですから、例えば小説の比喩で、

『彼女の顔は青ざめていた。まるで復活の呪文を間違えた時のように。』

なんて書いても、いまの高校生には通じないかも知れないよ、と、そんな話です。

ひどいオチだ。

 

|

« む、難しい……。 | Main | PC不調。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/9425809

Listed below are links to weblogs that reference メイ台詞(?):

« む、難しい……。 | Main | PC不調。 »