« 風邪 | Main | キーリ2 砂の上の白い航跡を読み終わったよ »

2006.04.19

これでもまだ穏便なのです

春だからでしょうか。

マナーの悪いというか、僕の常識では考えられないようなことをするお客様が多くて、戸惑っています。

ぼくがバイトしているお店では、コミックの新刊はレジの前にまとめて置いてあるのですよ。新刊を立ち読みされないようにするのと、手にとってすぐに買えるようにしてあるのですが……それでも立ち読みする人はするのですよね。となると、どういうことが起こるかというとですね、目の前に立たれると、店内が見渡せないのですよ。

想像してみてください。

店員と額をつき合わせて立ち読みするシーンを。

気まずいですよね。店員も気まずいですw
ぼくは何も言わずに額をつき合わせていますが、店長は追っ払ってしまいます。そういうお客さんに限って、スリップを放置したり、本を片付けなかったりしますし。他のお客さんが来ても、微動だにせずに立ち読みし続けるし(手と目線は動く)。

それで気まずいなか、無言のプレッシャーとでも言いましょうか、そのようなものを発散させながらですね、お客さんの立ち読みが終わるまで待っているのです。

結局、その人は、MOJARの新刊を全て読んじゃいました。
せめて、スリップくらい戻して欲しいものです。

 

それだけなら昨日という日は忘れることができました。

しかし……。

ちょっとレジが混み始めたのですよ。

それをかき分けてコミックの発売日を聞かれたのです。しかもその客の態度といったら傲慢不遜・命令口調でして……以前から僕もこらえているものがあるのですよ。

「このコミック、まだ発売してないの?」(他の客がいるのに)

「雑誌の発売日はあちらの張り紙に載っています。連載されている雑誌は分かりますか?」

「サンデー」

「サンデーでしたら小学館ですね。え~っと(探し中)」

「早くしろや」

僕の中で、何かが決壊したような気がしました。
人に探させといて、『早くしろ』ですよ。

敬語を使って欲しいとは言いません。しかしせめて、そのいつ洗ったか分からない髪と、いつも同じ色の服、雑に剃られたヒゲとボロボロの肌をどうにかしてほしいものです。

結局、僕は『ここに載ってますので、ご覧になってください』と言い残してその場を去りました。レジも混んでいましたし。しかしその客は後ろについて来たのです。これは一悶着覚悟しとかないとなんて思いながら振り向くと、その客は、『載ってなかった?』なんて呑気なことを言ってるのですよ。

どうやら、そういう性格の人らしいです。

と、まあ、長々と愚痴に付き合っていただき、本当に申し訳ないのですが、これは全てのお客さんに向けて言っているのではなく、昨日はこのようなごく一部の人が集中してご来店してきたがために、新人の心象がかなり悪くなってしまったのですよ

本屋っていうところは、座って読んだり、紅茶を飲みながら読んだり、スナック菓子を食べたり、メモを取ったり、写真を撮ったり、駐車場でキャッチボールをしたらいけないぞ、って言うことなんですが……。

昨日はそのような暗部が大挙して押し寄せてきた感があります。

新人、辞めないといいなぁ……。

 

|

« 風邪 | Main | キーリ2 砂の上の白い航跡を読み終わったよ »

Comments

Excellent post. I used to be checking constantly this weblog and I am inspired! Extremely useful information particularly the final section :) I handle such info a lot. I used to be seeking this particular information for a very lengthy time. Thanks and best of luck.

Posted by: Age of Warring Empire Hack | 2014.06.01 at 01:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/9665021

Listed below are links to weblogs that reference これでもまだ穏便なのです:

« 風邪 | Main | キーリ2 砂の上の白い航跡を読み終わったよ »