« アナログなタッチと児童文学の相性の良さ | Main | 特殊な…… »

2006.05.09

経営者って言うのは伊達じゃないっすね

出勤すると、ライトノベルのスリップがまとめてある場所に、新聞の切抜きが。店長が切り抜いたのだろうなと思いながら読んでみると、小学館のガガガ文庫とルルル文庫の募集広告でした。

…………………………………………………………………やれと?

今年は下積みの年と決めて、現役のラノベ作家の文章術を研究している矢先にこんなことがあって、どうしようか迷ってますよ。

自分の小説のことは考えずにいたのですが、イヤでも身体が熱くなってしまうのです。

とりあえず、長編を書いている時間はないので昔に書いた短編を、今の自分流にアレンジしたいと思います。

店長も今の時期にこんな新聞の切り抜きを持ってくるなんて、いつも笑っているようで人のことを見ているとしか……。

|

« アナログなタッチと児童文学の相性の良さ | Main | 特殊な…… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/9996666

Listed below are links to weblogs that reference 経営者って言うのは伊達じゃないっすね:

« アナログなタッチと児童文学の相性の良さ | Main | 特殊な…… »