« あー | Main | ゴールデンウィーク »

2006.05.02

昔ばなしの新解釈として

タイトル:空想科学日本昔話読本
著者:柳田理科雄
出版社:扶桑社
初出:2006/4/30

あらすじ:
桃太郎はなぜ桃と一緒に切られなかったのか?
玉手箱の中身とは何だったのか!?
14.6光年離れた2人が、1年に1度会うためには。(七夕)……etc、etc。

『空想科学読本』でウルトラマンや仮面ライダーを科学的に検証した柳田理科雄が、今度は日本昔話を検証する!

感想:
昔ばなしを話しているとき、聞いているとき、その場面を思い浮かべることが多々あります。その度に思うのですけど、登場人物のなんとパワフルなことか。

竜に乗って空を飛んだり、亀に乗って海に潜ったり……。

ただ、常識を逸していることは何となく想像できるのですけど、具体的に検証できるほど僕は科学に詳しくないのです。

本書は、その疑問の答えの1つを明快に教えてくれる良作だと思いました。
科学的な解釈は元より、これだけの解釈をするための資料をよく集めたものだな、と。

それだけではなくて、

『竜宮城に釣竿を持ち込む無神経さ』

『かちかち山のウサギがタヌキを惨殺した動機を考える』

など、現代の考えとあわせて昔ばなしを解釈しているので、鋭いツッコミに笑いが絶えませんでした。

「昔ばなしは生きている」

これを読んで、1つの解釈を得ることが出来れば、更にそこから新しい昔ばなしが生まれるのかもしれません。

積読戦線異状無し

 

|

« あー | Main | ゴールデンウィーク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/9859429

Listed below are links to weblogs that reference 昔ばなしの新解釈として:

« あー | Main | ゴールデンウィーク »