« モブログ | Main | さすが雨男(泣) »

2006.08.08

ツンツンデレ/こどものじかん1

書評サイトへ戻る

タイトル:こどものじかん1
著者:私屋カヲル
出版社:双葉社
初出:2006/1/12
オススメ度:8点
備考:テーマは重たいけど読みやすい。

あらすじ:
新任教師の「青木大介」が好きになってしまった小学3年生の「りん」。りんが、わざとパンツを見せたり逆上がりを手伝ってもらったりと、体当たりでアタックしていく様子を初々しく描いていく。

って、オイオイ(汗

感想:
体育の着替えのときに教室に入ってしまったり、逆上がりの手伝いをしてほしいと言われたり、色んなシチュエーションが満載。

この著者はテンポをコントロールするのが上手く、お堅い内容と小学生のサービスカットを交えながらお話を進めていくので、気づいたら読み終えていました。

小学3年生のマセガキの「りん」が、新任教師をゆーわくしようと猛烈にアタックしたりつんつんになったりと、最近の流行を取り入れているのかと。
それが自然と描かれているのですが。
スバラシイ。

 

実は僕は「こどものじかん」を買う気は無かったのですよ。しかしですねアマゾンに行きますと毎回『オススメの本があります。ないしょのつぼみを買った人に』といつもいつもいつもいつも! それで洗脳されてしまったようで。

気づいたらカートに放り込んでレジに進んでいました。

書評サイトへ戻る

|

« モブログ | Main | さすが雨男(泣) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/11336805

Listed below are links to weblogs that reference ツンツンデレ/こどものじかん1:

« モブログ | Main | さすが雨男(泣) »