« September 2006 | Main | November 2006 »

2006.10.31

To LOVEる、エムゼロが発売間近

もうすぐ11月2日ですね。

月の初めのメインイベント、ジャンプコミックスの発売日がこうしている間にも迫っているのです。今回の悩みの種……ついにきましたか、ToLOVEるの発売が。

ブラックキャットではパンチラさえも書かずに単純なキャラクターの造詣だけで勝負していた矢吹氏が、なにを狂ったか画風はそのままにお色気路線にチェンジするとは誰が予想していたでしょうか。

中高生の男の子たちが大喜びで書店に押し寄せてくるに違いありません……いや、嬉しいんですけどね、嬉しいんですけど……新刊の配本は書店からは調整することはできないのですよ。
ちなみにうちは千葉県の田舎にある個人経営の本屋さん。今では銀魂は50冊くらい入荷しますけど、第1巻は2冊程度しか入荷しませんでした。当然即売り切れ。週刊少年ジャンプでは、「売り切れ店続出!」との文字が躍ってましたっけ。頼むからもっと入荷して。

そんなわけで、過去のデータを見ますとですね、困ったことにブラックキャットはうちではあまり売れてなかったのですよ。これがどう響くことか……。

どちらにしろ、間違いなく中高生から若年層のサラリーマンが大挙して全国の書店に押し寄せてくるのは確実です。

他の書店さんはどうなってんだろうなー、なんて、

べ、別に気になってるわけじゃないですからね!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.10.30

モンスターハンターP攻略中3

村長クエストのラオシャンロンを撃破いたしました。

武器は斬破刀、防御力はスキルを気にせずに100程度。

ひたすら腹の下にもぐって切りまくってました。

 

こいつを倒したらココット農場が一気に拡張できるようになり、未知の虫や鉱石が取れるようになりました。

さて、次は集会所のソロプレイがメインになりますけど、それらの飛竜は1人では少々手におえない体力を持っているようです。

そこで龍属性の武器をそろそろ持ちたいかなっと。
狙っているのは大剣のオベリオンです。龍属性が180程度らしいですが。
なんかずるいくらいに強いらしいじゃないですかー。龍属性。

いや、すでにもう作れるのですが……にが虫が!

こういうときに限ってにが虫が出てこない!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.27

マジで負けたんですけど。

ラオシャンロンですか。

昨日まではただのデカブツで、大剣で簡単に倒せると思っていましたよ。

今日、2回チャレンジしましたけど勝てませんでした。強いです、こいつ。

砦もろ過ぎ。

 

とりあえず、頭が弱点だと思っていたのですがどうやら下腹部の模様。一部分だけブヨブヨしたところがあったのでそこを狙ってみることにします。

しかし困ったことに風邪を引いてしまったので、しばらく回復するのに専念しないといけないです。週末も暇になったっぽいですし。

それまではラオシャンロンは長生きできるということで首を洗って待っているが良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モンスターハンターポータブル攻略中2

村長クエのキリンを狩ったとか言ったら怒られますかね。自由業のクセに。

武器は斬破刀、防具はクロオビヘルム、ボーンGメイル、イーオスGグリーブ、レギンス、ゲリョスG腰当だったと思います。
斬破刀は雷属性ですけど切りつけダメージは通っている模様。

基本戦略は正面からのきりつけ。アイツは頭以外は弾かれますので。後は回復薬と回復薬グレート、薬草とアオキノコを限界まで持っていけば正面からガチンコ勝負でも勝てるかと。

もうすぐでっかい竜が来るらしいですね。

大剣でぶった切ってやりますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.26

モンスターハンターポータブル攻略中。

村長クエストの五つ星クエストはコンプリートしました。

緊急クエストのモノブロスは段差の上に昇り、大剣の○→○△以下エンドレスを繰り返していると角をボッキリ折ることができます。このコンボは前に進まないので、飛竜の足元にもぐりこんだときに効果的です。相手の大きさにもよりますが。

武器は大剣の斬破刀。防具はクックG系混合、スキルは盗み防止。

次はー、……

運搬系クエストを放置したままなのでクリアしないといけないですね……。

あとは防具を揃えたいのですよ。

こないだ、友達と集まったときに一番死亡率が高かったのが僕ですので。
本当に申し訳ない。
本当に、死にたくて死んでるわけじゃないんですよ。一度攻撃を食らうと雑魚に囲まれてパス回しの要領でデスコンを決められてしまってたわけですよ。

少しでも安全率を高めたいので防具を揃えたいと思います。クックとボーンじゃツライっす。

え?

プレイヤースキルを磨けって?

……がんばります……orz

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.10.24

クイズマジックアカデミー4

マジアカの公式ホームページで発表されていました。

今回の目玉はなんと言っても新ジャンルの『ニュース』。

なんと、昨日のニュースが今日のクイズになるらしいのですよ。趣味がニュースサイト巡回の僕としては、かなり戦力になりそうなジャンルです。

それと予選トーナメントが参加者によるアンケート方式に代わるそうです。
これで芸能を避けて通ることができそうです。芸能ジャンルはマジでオタ殺しですので……『鬼束ちひろ』のおにづかを読めずに……冷静になれば分かるんですけどね……。

そんなわけでシリーズを重ねるごとに仕様がマイルドになっていってますね。
ワンコイン20分になる日も近いかもしれません。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2006.10.23

このままじゃいけないと思うんだ

この半月、狂ったようにモンハンPをやりまくっていました。
おかげで武器が斬破刀とかいうのになりました。

斬りつける度に電撃がビシビシいうのでちょっとお気に入り。

 

 

……って、このままじゃいけないと思うのですよ。廃人になってしまう。
やっぱりモンハンは廃人育成機だったのか。

そんなわけで、しばらくはモンハンを封印します。
いやいきなり封印は無理なので時間を決めることに……いやそうなるとずるずると長引きそうな気が……orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.20

ハイパー・ハイブリッド・オーガニゼイション

ハイパー・ハイブリッド・オーガニゼイションを読了しました。

いやー、面白かったw
やばいっていうのは分かっていたんですけど、『ドラム缶とコンクリートが必要になった』って言うせりふはセンス良すぎです。
電撃文庫ではとても珍しい任侠モノでして、最近流行の『龍が如く』的なノリがスバラシイ。
友人宅で半分くらい読んだのですが、どうしても続きが気になって購入。

オールバックと銃声が入り乱れる世界に浸りたいのならオススメです。

仮面ライダーを毎週見てそうな友人がいるんですけどね、進めてみようかな。もう読んでいる可能性がとても高いですが。

リアルに仮面ライダーが存在したらこんな風になるだろうな、と思わずニヤリとしてしまいました。

いまの高校生に読んでほしい作品ですので棚に刺してあるのですが中々売れずに……やっぱり、平台に面陳するべきですかね?

新刊出たら平台面陳しますよーーー!!!!

しかし残念ながら12月までは新刊の予定は内容で……。
ちなみに高畑京一郎の性格の作風を知りたいのなら、電撃hpの人生相談室を読んでいただければ一発で理解していただけるかとw

12月までは分かるのですが、そこは断章のグリム3と十三番目のアリス2ですか。
ダングリはたんまりと弾を用意してあるので一安心。
アリスは2巻目でどこまでオリジナリティをだせるのかに期待です。
前作はローザミスティカ=LTスフィア、ローゼンメイデン=キリングドールでして、LTスフィアを奪い合う戦いはアリスゲームでしたし。

次はがんばれー。って、2ヶ月前じゃもう手遅れですよね。
じゃあ、せめて3、4巻まで出たら平台に面陳されるかもよ。などと適当なことを言いつつ、モンハンやりすぎて3次酔い。

| | Comments (67) | TrackBack (0)

2006.10.18

リオレウス攻略!

森と丘のリオレウスを倒しました。
ちょうどここにくるまで2週間。それでやっと中盤に差し掛かったあたりですか。このゲーム、長く遊べますよ。
モンスターハンターポータブル。

結局、大剣で試しに挑戦してみたところあっさりと倒せてしまいました。
武器は大剣の『神楽』、装備品はクック装備とイーオス装備の混合。

落とし穴は計3つ持っていきましたけど内一発は失敗に終わったので実質2発。
あとは閃光弾をうまく使って相手をぴよらせてぶん殴ってました。

落とし穴は巣に戻ったところで仕掛けておくと一方的に殴れるのでいいかも。

そんなわけで、その勢いでバサルモスも攻略。
こいつはなんの策もなくあっさりと狩れました。

 

次は……なんかリオレウスやらリオレイヤを狩ってこいなんて言われてるのですがw
ちょっと今の装備だと自信が……w

次の大剣を鍛えるには電気袋が必要ですか……。
今度みんなで集まったらフルフル狩りに行きたいなー。
なんて今のうちに予告してみるw

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.10.16

ツンデレ発注の次を考える。

『べ、別に満数ほしいわけじゃないんだからね!』

などのように、書店員が出版社に本を注文するとき、コメント欄に書いたことから始まったツンデレ発注。

そして、ごく一部の出版社が悪乗りし広範囲にその存在が知れ渡ってしまうことになりましたw

ちなみに上のセリフを翻訳すると「本当は満数ほしいけど、それを口に出して言うのは悔しくてツンツン」ということになります。書店側から注文した数が入荷されるのは奇跡なので、書店員は試行錯誤をしているのですけどね、中々うまくいきません。

 

しかし、その存在が知れ渡ることによりマンネリ化してきたこともまた事実。
そこで今日は次を考えてみようかな、と。

まずは、有名な小説から気の利いたセリフを引用してくる方法。いかにも書店員らしくていいじゃないですか。……言い出しておいて、とっさに思い浮かぶのが無いのが痛いところですが。小説というのは多様化しているので、この方法を使うのなら注文先の出版社の本から引用すると効果的っぽいですね。

次に思いついたのが、有名なアニメから引用する方法。これならたくさん出てきますよ、ええ。

 

 

『哀しいけどコレ配本なのよね』

これは機動戦士ガンダムであまりにも有名なセリフをもじったものです。本来ならば「配本」のところに「戦争」が入ります。って、オールドタイプには説明なんて必要ないですか。念のためまだ若いコーディネーターの方々のためにね。

これは、あまりにも配本が少なかったときに使うと効果的。こんな日にはお客さんからの問い合わせが殺到するに違いありません「もう売り切れちゃったの?」「この店、品揃え悪ーい!」 
注文書に書きなぐって送りつけてやりましょう!!

 

『ただの既刊には興味ありません。冊子、特別フェア、あなたのイチオシがあったら、あたしのところに送ってきなさい。以上!』

涼宮ハルヒの憂鬱より引用。
……なんか色々と他にも変えられそうなセリフですね。しかしそんなことよりも初回配本をもっと増やしてほしいな。

 

『嘘だ!!』

ひぐらしのなく頃により引用。
いつも大変お世話になっております! と出版者様はいいながらも、結局は配本は減数して売り切れ状態、お客さんのほうが減ったからバランス取れていいやー。へっへー。
これは「飛行機の右側のエンジンが壊れて慌ててるときに、左のエンジンも壊れてバランス取れたよー」なんて言ってるようなものです。
……墜落しますって。そんなときには大きく書いてあげましょう。一歩使い方を誤ると祟り殺されるかも知れませんが。

 

『……見える!』

機動戦士ガンダムより。
こうやってタンカきったからには減数されてはなりません。ぎりぎりのところをニュータイプのように見極めて発注してやりましょう。相手が撃ってくる「減数しました」はコロニーレーザーに匹敵する破壊力を持っているのです。
……元から少なかったらいくら頑張っても無意味なんですけどね。
今月も配本は1ケタ台だぜ!!
狙ってた新刊が1冊も入荷されて無い!!

……はぁ。

 

まとめ
うーん。

ここに書いてあることを相手が知らずに、そのコメントを見てジョークだと分からなかったら大変なことになってしまうかもしれません。いや、分かってても大変なんですけどね。

意外と誰でも知っていそうな作品って言うのが難しいことが分かりました。ガンダム、今話題の作品などなど。僕だって最近のガンダムはさっぱりですし。キラとシン、アスランとルナマリアの区別がつきません……そんなこと言ったら全国のガンダムファンを敵に回しそうですが。あわわ。

 

やっぱり一番大事なのは、その出版社の営業努力とその作品の完成度や売行きを見極めるなどの、その出版社を観察することが大事なのでしょうね。

ちなみに、ここに書かれていることを実際に出版社に送るとどうなるか分からないので、僕はなんの責任もとれませんからね(笑)

前回のツンデレ発注のときは突貫した猛者が何人かいたようで……世の中には面白いことをする方が多くいるのだなあ、と。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

最近ブログの更新が滞っていますが……

プレイステーションポータブルで発売しているモンスターハンターPを買ってやってみたのですよ。

面白すぎてこの1週間、モンスターを狩り続けていましたw

1人プレイのときは大剣を振り回し、3人くらいになるとボーガンで補助に回るのが多いでしょうか。ボーガンにロングバレルや可変スコープつけて鉄甲榴弾撃って遊んでます。

しかし今日、初のシングルプレイのリオレウスに挑んでみたところ返り討ちにされてですね、大剣でもボーガンでもダメだったものですからしょうがないので竜の爪を集めて拡散弾レベル2を持ち込みまくって血祭りに上げる計画を立てている最中です。拡散厨とか言わないように。

そんなわけでボーガンが思っていたよりも高火力だったので(金は掛かりますが)、プレイヤースキルを磨いてみたいと思いますよ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.10.14

シリウスコミック、テレパシー少女蘭発売

本日、10月13日、テレパシー少女蘭の3巻目が発売だったはずなのですが……どうやらうちには入荷されなかったようです。

シリウスコミックは講談社とはいえかなりマイナーな雑誌ですから、小書店に配本がなくても不思議じゃないんですけどね……あー、今月のシリウスコミックの単行本はこの作品だけですか、そりゃ大変ですね、みなさん、テレパシー少女蘭、面白いですよ。

創作的なコマ割、元気な中学生ショートカットと、突っ込み役の黒髪ロング娘がニュータイプのような閃きを発しておられます。

しかしシリウスコミック自体があまりにも知られていないという泣ける状態。今回の入荷0もそれが原因かと。
あんまり売れずに廃刊……とかなりませんように。

何コマか引用して応援記事でも書こうかな。

とりあえず、買えなかったので気分だけでも平台面陳。元気な中学生は見ているだけでも清々しいものです。服とかもオシャレでいいですね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.10.08

ぶっちぎりフェア&新刊

電撃文庫の新刊とぶっちぎりフェアが同時入荷。

ここ3ヶ月間のフェアのラストとあって、かなり気合の入った入荷でした。

「キノの旅」、「護くんに女神の祝福を!全巻」、「とある魔術師の禁書目録全巻」などなど。これがここに来るまで、一体何人の人たちが腰を折ったのだろうか。

更に、前日の大雨のためにお客さんが集中し、うちでは年に一度あるかないかの大忙し状態。そういうときに限って客注や問い合わせが殺到するという死のスパイラルへ。

「いぬかみっ! 全巻」が平台に納まりきらなくなったので返本。
衛くんと禁書目録にスペースを明け渡す。
沖田雅の新シリーズもひとまず返品。っていうか、あんまり動かなかった。
そして個人的にイチオシの「半分の月がのぼる空」が棚ざしだけど結構売れてる。思わずニヤリ。ドラマはこの前の日記のとおり。全体的に突っ込みどころが多かった。

 

メディアワークスはこのフェアの勢いを来春の劇場版灼眼のシャナに繋ぎたいところ。
その繋ぎに短くてもハイクオリティのアニメをやると今の時流に乗ることができるか。テーマは高品質でありそれでいて静謐に? 言うのは簡単だけど。

塩の街とかどうっすかね。
秋庭の声は置鮎龍太郎、真奈は桑島法子……って、妄想してみただけです。

もちろん、MWはキーリのアニメ化も想定していると思うので、考えているだけでも楽しみが増えていく感じがいいですね!
そのときはもちろん兵長の声は青野武様でお願いします! もしくは千葉繁で!
ハーヴェイとキーリは……小山力也と柚木涼香だったりしたら面白くなりそうですねー。

 

……以上、好き勝手な場末の書店員の妄想でした。
お目汚し、ごめんなさい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

給料日

休み前の7日に給料を頂くことが出来ましたので、さっそく……

PSPを買って来たいと思います。

DSにしようかと散々悩みましたけどね、DSってミニゲーム的なイメージが強くて、ソフトをたくさん消費しそうな予感がしたのですよ。あんまりお金が無いので、1本で長く遊べるソフトがあればいいな、と。

モンスターハンターポータブルも買ってきます。(予告)

新品のゲームを買うなんて……何年振りでしょうかね。……思い出せないっす。
中古なら結構買ってるんですが(劇空間プロ野球:180円、幽遊白書:200円)

あー……思い出した。
アルトネリコ。

1年くらい新作を買って無いことになりますね。

 

買ったらやりこむぞー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.10.06

関東は大雨

今日は朝から台風並みの大雨が降り続いています。

風も弱くはなく、天気予報だったら黄色い矢印程度の風が吹いている模様。

「今日は職場(書店)に行ってもお客さんが来なさそうだなあ……けど、駅からダッシュしてる人を眺めているだけでもエキサイトできそうだな……」

とか思っていたら店長から電話が。

「今日、休みね」

キターーーー!

店長の閉店宣言!!

そんなわけで夕方から暇になってしまったわけですが、こんな天気の日には小説を読んでいるのが一番ですよね。

| | Comments (47) | TrackBack (0)

2006.10.05

レジに宗教の勧誘が来ました

これはだいぶ前……今年の6月くらいかな? の話になります。

レジで立っていたら、若い女性のお客さんが本を持って店内に入ってきたのですよ。

そして真っ先にレジに来たものだから、「きっと本は図書館からの借り物で、それと同じ本の注文に来たんだろうな」って思って待ち構えていました。

予想通りお客さんは本を差し出してきてですね、

客「この本、素晴らしい本なんです!!」

僕「あー、ご注文ですね。えっと、出版社は……」

出版社は背表紙に書いてあることが多いので、そこをチェックしてみますと●●●(一身上の都合で伏字にさせてもらいますw)、そこには見慣れない出版社らしき名称が。

なんだこりゃ?
って思っていたら、実はお客さんだと思っていたのは宗教の勧誘に来たらしくww

客「素晴らしい本なんです、ぜひ読んでください! あ、そっちの子もほしいの? いま車から持ってくるから待っててね!」

僕(ちょww いらねぇよ!!!! 心の声)「いりません(スマイル)」

と言う感じなんですけどね、まさか店内で怒鳴り散らすわけも行かずにやんわりと断ると、そいつらは店内で勧誘活動を。

っていうか、店の中で宗教の勧誘はww! そしてしかも未成年を勧誘するのはやばいって!! 

そんなわけで「警察呼ぶよー」ってことで事無きを得たのですが……。まさかこんな猛者がいるとは思いませんでした。

 

まあ、その女性の目付きがこれまた正常ではありませんでして、分かりやすく言うと、

「NHKにようこそ! に出てくる岬ちゃんにそっくりだけど、目の下にはすっごいクマがあってそれでいて顔面真っ青」という方でした。普通のときに出会いたかった。

 

ちょーっと尋常じゃないなって思ってニュースサイトで本に書いてあった名前を検索してみたところ、暴行などいろいろ引っかかって恐くなってしまいましたよ。

そんなわけで、なぜか宗教の勧誘が寄ってくる僕でも久々にHITした体験でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.04

書店にご来店時には

「この本、持ち込むから」

なんて気軽に言わないほうが良いですよ。とか言ってる僕もはじめて言われたんですけどね、50歳くらいの背の高いオールバックのナイスミドルでした。

この人の言いたかったことは、「本屋に本を持ち込むと万引きとか紛らわしいから、最初に持ち込むと言っておこう」くらいの気持ちだったと思うのですよ。

しかし、出版業界では「持ち込み」という言葉は違った意味を帯びてきます。
それはもちろん自分で執筆した作品を売り込むと言うことです。

てっきりこのことを聞いた僕は、自費出版の商談かと思ってしまいました。ですので、当然それは持ち込めません、店長と相談してからでないと、と断ってしまい、話の食い違いがスタート。

「何で持ち込めないんだよ」「そりゃいきなりそんなこと言われても困りますよ」「困るってどういう風に」「そんな、勝手に棚に置かれても」「はぁ?」「店長と相談しないことには決められません」「じゃあ店長に聞いて来い」「ただいま外出中なもので」

いやー。
哀しいかな勘違い。
押し問答を繰り返し、ようやくこの人の「持ち込み」が納得できた時点で「ああ、そう言う事、ご自由にどうぞ」ってことになったんですけどね、いやー……

その人の捨て台詞は、

「頭、悪いんじゃない?」

でした。しょ、初対面で馬鹿とはなんと不見識な!

馬鹿っていったやつが馬鹿なんだいっ

なんて拗ねたいところですけどね、これで自費出版の人が時々来るものだから判断に困るところです。

自費出版の持込の方々は、往々にして情熱的なことが多いので中間的な僕の立場では混乱が起きることが多いのですよ(泣)

ですので、できれば本屋さんに本を持ち込んでほしくないなーなんてことを切実に感じてしまった1日でした。

もしそれが無理だったら、カバンに仕舞って口を閉めたりしてほしいな、と。
今日のようなレアケースでは、本をむき出しで持ち歩いておられました……。
車に置いて来れなかったの? それとも電車通勤で手ぶらで本を? 
職業の判断に困るところです。

とにかく今日は疲れました。

このことを言いたいがためにこの記事を書いたのですが。

余計疲れてしまいましたよ。
おやすみなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.03

ドラマ版半分の月がのぼる空1話目感想

第1話を見ました。
印象としては喜劇を目指していると受け取っていいのでしょうか。

僕、ドラマはあんまり見ないので分かりませんが。
見ていたと言えるドラマが「金田一少年の事件簿」「銀狼怪奇ファイル」で、最後に見ていたドラマが「ソムリエ」でした。(98年放送、主演:稲垣吾郎)

ですのであんまり偉そうなことは言えないんですけどね、せめて太陽の位置くらい気にしてほしいものだと思いました。

図書館が閉館直前なのに影が短かったり、病室に差し込んでくる日光は明るいのに窓から見える砲台山は青みがかっていたりと。たぶん、これは別のところから見えてるものを引っ張ってきたんでしょうね……。そのシーンだけ窓に格子がはまってますし。うーん。

台詞でも日常会話で幼馴染が「こいつ、父親居ないから」と、ひどい言葉をさらりと。なにもこんなところで説明する必要ないのに……。

と、普通の人はこんな細かいことを気にしないので、それを抜きにして考えてみればキャストは橋本淳や石田未来という人で、調べてみるとこの人たちは特撮モノをやっているそうですね。滑稽なまでに熱い演技に期待したいところです。

書籍のほうも動き出しているので在庫を多めに取ってみようかな、と。CMでも宣伝してましたしw

さーて。
お仕事が忙しくなってくれれば嬉しいな。橋本紡は好きな作家の1人なのでがんばってほしいものです。

ちなみに公式HPがまだ準備中なのが不安でたまらないのですが……。

公式HP

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.10.01

友人がPSPを持っていた。

正直、PSPよりもDSのほうを買うつもりだったのですよ、ポケモン大好きですし。

しかし先日、2人の友人がPSPの「モンスターハンター」を通信協力プレイしているのを見てですね、ぐぐっとPSPに傾いてしまいましたw

モンスターハンター、実はちょっとだけ触ったことがあるのですよ。
そのときは中々操作になれずに苦労しましたが、面白いことはなんとなく伝わってきました。これは、中毒性あるな、と。

そして今日、……友人のボウガンプレイに惚れてしまいました。

僕、リアルの性格もそうですが(笑)、ネットゲーでも中途半端な役割をさばくのが好きなのですよ。先陣を切るのは苦手で、魔法使いの強すぎる魔力もキライだというひねくれ者w
分かりやすい例を挙げると、FF5の赤魔、PSOのレイマー・フォマールetc...

聞いたところによると、ボウガンは回復や攻撃をこなすことが出来るというではありませんか!
しかも、標準操作に熟練を要するという玄人仕様!
これは極めたくなってきましたよ。

ちなみに僕、メタルギア3ではAКをスナイパーライフル並みの精度で撃つことが出来ます……って、この無駄スキルを身につけてしまったがために普通のスナイパーライフルを撃てなくなってしまったのですがw

こっそりと弓矢を練習して、司令塔的な役割を担えたらな……なんて妄想していますけど、……いや、まだ弓矢は使ったことがないのでどう転ぶかは分からないのですが。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »