« 友人がPSPを持っていた。 | Main | 書店にご来店時には »

2006.10.03

ドラマ版半分の月がのぼる空1話目感想

第1話を見ました。
印象としては喜劇を目指していると受け取っていいのでしょうか。

僕、ドラマはあんまり見ないので分かりませんが。
見ていたと言えるドラマが「金田一少年の事件簿」「銀狼怪奇ファイル」で、最後に見ていたドラマが「ソムリエ」でした。(98年放送、主演:稲垣吾郎)

ですのであんまり偉そうなことは言えないんですけどね、せめて太陽の位置くらい気にしてほしいものだと思いました。

図書館が閉館直前なのに影が短かったり、病室に差し込んでくる日光は明るいのに窓から見える砲台山は青みがかっていたりと。たぶん、これは別のところから見えてるものを引っ張ってきたんでしょうね……。そのシーンだけ窓に格子がはまってますし。うーん。

台詞でも日常会話で幼馴染が「こいつ、父親居ないから」と、ひどい言葉をさらりと。なにもこんなところで説明する必要ないのに……。

と、普通の人はこんな細かいことを気にしないので、それを抜きにして考えてみればキャストは橋本淳や石田未来という人で、調べてみるとこの人たちは特撮モノをやっているそうですね。滑稽なまでに熱い演技に期待したいところです。

書籍のほうも動き出しているので在庫を多めに取ってみようかな、と。CMでも宣伝してましたしw

さーて。
お仕事が忙しくなってくれれば嬉しいな。橋本紡は好きな作家の1人なのでがんばってほしいものです。

ちなみに公式HPがまだ準備中なのが不安でたまらないのですが……。

公式HP

|

« 友人がPSPを持っていた。 | Main | 書店にご来店時には »

Comments

Keep on working, great job!

Posted by: fifa 15 ps3 hack | 2014.12.05 at 00:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/12132553

Listed below are links to weblogs that reference ドラマ版半分の月がのぼる空1話目感想:

« 友人がPSPを持っていた。 | Main | 書店にご来店時には »