« 毎日がブルーマンデー | Main | 高橋名人流スイカ割り »

2006.11.09

現実と空想の狭間

魔法先生ネギま! の積読を10巻まで読んだ。

夕映に萌え死ぬ。

職業柄、図書館探検部に感情移入しやすいんですけれども彼女の描かれ方といったらもー、堪りませんね!!
子供っぽい容姿にデスノートのような考察がハマッテマス。

しかしこんなことを店頭でお客さんに勧めたら変態扱いされちゃうので鉄のマスクを被りながらの接客になりますが。

こないだの素朴な感じの男子高校生、ネギパの2を目的買いしてくれたなあ……夕映特集がある巻。同士よ。そんなことがあるからこのお仕事はやめられないんですけれどね。

 

 

 

 

 

 

 

……鬱だ。

|

« 毎日がブルーマンデー | Main | 高橋名人流スイカ割り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/12612919

Listed below are links to weblogs that reference 現実と空想の狭間:

« 毎日がブルーマンデー | Main | 高橋名人流スイカ割り »