« 幕張メッセ | Main | なつぽち »

2006.11.27

Wii体験会in幕張メッセ

11月26日、Wiiに触りに幕張メッセに行ってきました。

プレイしたソフトは、
1.コールオブデューティ
2.ネクロネシア
3.ニード・フォー・スピード・カーボン

です。友達にラビッツ・パーティを勧められていたのですが、終了30分前に突然行列が伸びはじめ、時間が間に合わずにあきらめる羽目に。

 

さて、聞いた話によるとこのWii体験会は入場制限がかかるほどの盛況振りのようで、メッセに入るまでに待たされそうだったのでPSPを持参しました。待ち時間にでもやろうかと思っていたのですが……

周りの子供たち、みんなDSだよ!?

本当に視界に入る範囲に10人はDSが見つけられそうなくらい、DSばっかりでした。
こんなところでPSPなんて出そうものなら『ソニーの犬が!』とか言われて袋叩きにされそうです。しかしあっさり入場することができたので血祭りはなんとか回避。

それでまずはどのタイトルをプレイしようかとぐるっと回ってみたのですけどゼルダの100分待ちを筆頭に人気タイトルは50分待ちを超えていたので早くも帰りたいムードになっていたところ、15分待ちを発見。

『コール・オブ・デューティ』

っていう第2次世界大戦を舞台にしたFPS(一人称視点ガンシュー)なんですけどね……後ろで並んでみているときはバーチャコップみたいな物だと思ってましたよ。しかしいざプレイするとなると……。

Wiiリモコンの右手によって方向転換をするんですけどね、これが思ったよりもとてもシビアで少し傾けただけでその場で回れ右しちゃうくらいなんですよ。

しかもそれを気にしながら左スティックで移動しないといけない。かなりの慣れが必要なようで、障害物に隠れることもできずに敵陣に躍り出てしまい、その場でくるくる回りながら機関銃に蜂の巣にされてしまいました。それを2回繰り返したところで嫌になってしまい制限時間を待つことなくプレイ放棄。

他の皆さんはそんなことにならずにしっかりと障害物に隠れて殲滅しておられました。
知らない間にオールドタイプになっていた事実を見せ付けられたようで時代の動きを感じましたよ。あ、今だったらナチュラルですか。

そんなわけでWii初プレイは惨憺たる物でありました。あんまりにもショックだったもので、友達にメールを飛ばして山口県から慰めてもらうしまつ。ゴメンナサイ。

 

2.ネクロネシア

プレイヤーは訳も分からずに鬱蒼と木々が生い茂る森に放り込まれ、とても作りこまれた巨大な昆虫類から逃げながらも脱出を図る。武器は体験版だと鉄パイプのみ。

こいつのせいで右側の二の腕から肩にかけて筋肉痛になりました。

鉄パイプを振り回すときは、右側のリモコンを振り下ろすんですけどね、別にそんなに勢いよく振り下ろさなくてもいいわけですよ。

ただ、出てくるモンスターが巨大なカマドウマがうじゃうじゃだったりとか、巨大なゴキブリがこっちに向かって飛んできたりと精神衛生上非常に良くない。

気づかぬ間に力が入っていたのか、右肩が筋肉痛になってしまいました。まさかここまで運動不足だったとは……。

 

3.ニード・フォー・スピード・カーボン

これは首都高バトルみたいな感じのレースゲームでした。今振り返ってみたら、これが一番まともにプレイできたソフトかもしれない……。そんなこと言っても散々なレース内容だったんですけどね。

さすがペーパードライバーでほとんど路上に出ないままゴールドカードになってしまったことはあります。僕の助手席は地獄に一番近いですからね。

このソフトの特徴として、コントローラーをハンドルに見立てるというものがあります。右側のコントローラだけを使うようで、それを両手で右端と左端をつまむような感じで持つのですよ。はい、ハンドルの出来上がり。傾けた方向に車が曲がっていきます。アクセルは右手のA・Bボタンで。

慣れるまでは130kmくらいで壁に突っ込んだりしましたけどね、全体の半分くらい過ぎた辺りからでしょうか、なんとなくコツが掴めてきてですね、真っ直ぐ腕を伸ばすよりも腕を縮めてやったほうがハンドルのニュートラルが確保できるので安定できるのですよ。例えて言うなら『前へ習え』よりも『小さく前へ習え』ですか。もう10年くらいしてませんけど。

そんなわけで後半は何とか車体を安定させることができるようになりました。しかしそこでプレイ終了。もっとやりたいと思いながらも、案内人さんにコントローラを渡すと『後半慣れてきましたね』、ですって! この、そこはかとなくゲーマーとしてのプライドをくすぐる言葉。かなりの商売上手のようです……。

 

と、かなり雑ですけどこれがWii体験会の感想です。

ハード自体を実際に見てみた感想としては、想像していたよりもずっと小さくて、薄型のPS2のようでした。

そしてまさか、冗談のつもりだったのに本当に筋肉痛になってしまうとは。右腕が痛いです。もしかしたら医療関係のリハビリに応用できるかもしれませんね。

まさかコンシューマで筋肉痛になるとは……Wii買って運動しようかなーw。なんて

|

« 幕張メッセ | Main | なつぽち »

Comments

久しぶりにブラクラなど踏んでしまいちょっと大変だった今日このごろです。
えへへ。

なんか、幕張はかなりすいてたらすぃですねー。
やっぱ2日にわけた上に一番最後だったのが効いたみたいで。
土日それぞれ13000人~4000人ずつぐらいだったみたいですよ。
煽りまくっててすみません^^;

周りがDSなのは、任天堂イベントだったこととDS付属のピクトチャットがこういう場ではかなり有用だからだと思います。
(人大杉でつながらなかった人も多いようですが)
プリインストールされてるWebチャットみたいな感じかな?
あと、人が多いとそれだけ通信機能がいきますからねぇ。
思わずポケモン対戦してみたり、ぶつ森ですれ違い通信をしてみたり、犬を散歩させてみたり・・・。

しかし、CoDといいNFSCといい洋ゲーばかりひいてますねw
やっぱり人が少ないところは・・・。
ネクロネシアは国産ですけど、微妙に評判がよろしくなかったり。
虫グロはダメなんで万が一やることになれば自分も筋肉痛になりそうです。
あぁ想像しただけで身震いが・・・。
まぁ、それだけ怖がってくれた人がいて、作った方も本望でしょうw

YouTubeでもうちょっと穏やかな動画とかみて癒されてくださいませ・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=dyMGftobO80
CoDはこちらがオススメ。
http://www.youtube.com/watch?v=5KY15m7-eOg

Posted by: かけるん | 2006.11.28 at 13:13

このCoDのプレイしてる外人さん、絶対パントマイムのプロですよね……。なんか、ハンドルの操作の仕方からそんな香りがしてきました。やはりメトロイドをプレイするときは丸まらないといけないのだろうかw

とりあえず筋肉痛は翌々日まで来ました。運動不足解消にはいいのかもしれないです。

Posted by: tetsu | 2006.11.29 at 16:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/12845022

Listed below are links to weblogs that reference Wii体験会in幕張メッセ:

» Wiiが猛威を振るうだろう。 [生活のキーワード]
Wii ・・・ 任天堂が発売する家庭用ゲーム機。Wiiの価格 ・・・ ¥25,000。Wiiの発売日 ・・・ 12月2日。 [Read More]

Tracked on 2006.11.29 at 02:25

« 幕張メッセ | Main | なつぽち »