« May 2007 | Main | July 2007 »

2007.06.29

ジンキが復活するらしい

マッグガーデンの編集長がジンキの著者に、

「メカに人権は無い」的な発言をしてしまったようで、急遽連載終了になってしまったジンキ。SF作家にそりゃないよ。

 

しかしジンキがメディアワークスから再連載されるようです。
まだ具体的には分かりませんが、萌王8月号から復活プロジェクト開始とのこと。

 

いやー、それにしてもジンキ、帰ってきますか。それもメディアワークスで。

……やっぱり。

予想としては、

1位:メディアワークス
2位:少年エース
3位:ガンガンWINGに返り咲き

だったのですが、

ブレイドで連載されていたときから思っていましたけど、この絵柄は電撃ガオ辺りが相応しいと常々思っていました。

最近のマンガには美少女&巨大ロボットの成分が足りないので今後の情報に大いに期待したいところであります。

そのときには是非、両兵メインの熱い展開を。

| | Comments (76) | TrackBack (0)

今日も

新人アルバイトが休みました。
風邪引いたらしいです。
こりゃ駄目かも知れないですね。人に教えるコツみたいなものが見えてきたときに伝えきれなかったっていうのは何とも煮え切らないものです。

 

さて、29日はちゃおコミックスの発売日。ということは『ないしょのつぼみ3』の発売ですよ。年に1回出て、アキハバラなどで『ないつぼ難民』なるものを出したといわれる伝説の作品です。

うちではそんなに動く作品ではないのですが、オリコンランキングや紀伊国屋のランキングを見ておくと面白そう。

もちろん発売の暁には閉店後にこっそりと買うんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.28

逃避現象

パソコンで仕事してると、無意識のうちにインターネットブラウザを立ち上げてネットサーフィンしている件について。

 

忙しいと 分かっていつつも やめられない そんなあなたは ネット依存症候群

(字余り)

 

現在徹夜明けの午前5時であります。
不意にこんな一首が浮かんでしまいました。壮大に字余りですが。

追い詰められると無意味にヤフーのニュースが気になったり、ブログを巡回してしまうのは僕だけではないはず。

これはきっとアレだ。
テスト勉強とかで無性にゲームがやりたくなる心理に似ているのかもしれない。

そんなことを言いつつ、今現在ブログを更新している僕にも言えることなんですけどね。昼型になるのは無理だからキッパリと夜型になってしまえと開き直りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日は

アルバイトがドタキャンしたので人手が足りなかった。

いや、まだ仕事を覚えきってない新人ですので戦力的にはあんまり変わらないのですけれど、早く仕事を覚えていただかないと困っちゃいますよ。

それ以前の問題でドタキャンは死亡フラグのような気ガガガ……夏休みを前にやめられそうな気がしてならない……。ああ、土曜日交替できることを前提に雇ったのに土曜日に入れないとかさ……。

なんで僕がバイトのシフトで頭を痛めないといけないのだろうか……僕もアルバイトなんですけど……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.25

クレームが入りました

いつものように書店に出勤し、エプロンをつけているところに店長に声を掛けられました。いつもの世間話のような口調ではなくて、ちょっと緊張したような声。こういうときは決まって良からぬ事を伝えられる前兆。そして悪いことに限ってよく当たる。

『バイトの女の子がさ、店内でガム噛んでて、その子に本の場所を聞いたら素っ気無い接客されたんだよね』

………とのクレームが入ったらしいのです。
話を聞いてみるとそのときレジにいたのは女の子2人。と言うことは僕が休憩に入っている時のことでしょうか。その間にガムを噛んでいた……ということになります。

正直、身内を疑うような真似をしたくはありませんが……恐らく先の手術で、抜糸するまで無理やり出勤してはいたものの、まともに働くことが出来ずに事務所で休んでいることが多かったのですよ、たぶんそのときの出来事かと……。

ただ、いくらなんでもクレームを鵜呑みにして身内に当たるのはどうかと思うので、しばらくは胸の中にしまっておきますよ。

『お客さんはちゃんと見てる』

って言うのが今回の教訓でしょうか。
しかしなぜ店長は僕に注意しといてなんて言い出したんでしょうか……いや、嫌われ者になるのは一向に構わないんですが(嫌だけど)、僕もアルバイトなんですが……。

こうやって中間管理職のようになっていくのだろうか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.06.22

書店でこれをやってはいけない!

最近、雑誌の立ち読みは3倍増くらいなんですけどね、売り上げが半分以下になってまして、このままだとお店が潰れてしまうかもなのですよ。

立ち読みされていくのは構わないのですけどね……このままだとお店、潰れちゃいます。

しかし、たまーに「ちょっとそりゃ無いだろ」的な客(便宜上)もいまして、そういったときはお引取り願っています……。

1.店内で飲食しながら立ち読みしてる客。

いちおう、いま君が読んでるのは売り物なんだから、飯食いながら読みたいのならば買って自分のものにしてから読んでいただきたいところです。アメ・ガムまではそんなにうるさく言いませんがポテトチップスはさすがに……。

2.立ち読みするときは物を選んでいただけると嬉しい。

書店ではたくさん入荷している本と、そうではない本があります。棚を見ながらたくさんあり品切れする可能性が低いと思った本を立ち読みしていただくととても嬉しい。
基本的に度が過ぎなければ雑誌の立ち読みはフリー。

逆にマンガの新刊はたくさんあっても、30分くらい立ち読みしてると1回目は何も言われないけど何度もやってると店員のあいだであだ名を付けられた挙句に人間観察までされちゃうぞ。そしてあんまりやり過ぎると「なにかお探しでしょうか」なんて感じで声を掛けられたり……。ちなみにコミックのビニールを破ると一発アウト。

3.過度の座り読みしてる客。

発見後10分までは放置。10分たっても微動だにしなかった場合はせめて立つようにとうながしています。それでもあと30分くらいはいるんですけどね。自己中&絶対買ってかない客ナンバー1。座り読みすると通路が塞がるし、重なってる平台が見えなくなって迷惑この上ないのです。さすがに年寄りには言えませんが。

4.地べたに座って紅茶飲みながら雑誌を読み始める。

これは問答無用で退店願います。ネットカフェに金払って行ってきてください。

5.たまに買ってほしい。

立ち読みは増えれど売り上げは減退……。
このままだとお店、潰れちゃいます。最近の雑誌なんてインターネットの普及で買う価値も無いかもしれないけれど、たまに買っていってほしいものです。

 

あとは個々のパターンによるでしょうか。
雨の日、上着を売り物の上に乗っけて乾かそうとする中学生や、車が行きかう駅前駐車場でキャッチボールをはじめる高校生、エロ本を3時間近く熟読してる岡村似の黒ぶちメガネ……。普通じゃ考えられないことをする人が世の中にはいるものです。

 

まとめると、基本的に雑誌の立ち読みはOK。マンガの長時間立ち読みはNGってな所でしょうか。

ぼくは街に人が集まるところは書店くらいしか無いと思っていますので、人を追っ払うような真似はしたくありません。マナーを守ってみんなが気持ちよく使えるような書店でありたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.06.21

メタボ気味・・・

夏服のズボンを引っ張り出して穿いてみたところ、ゴムがきつい。

最初は気のせいだと言い聞かせていたけれど、絞め付けられて気持ち悪くなってきた。もう限界。

たぶん原因は1日2食なのと間食+寝る前にアルコール(毎日ではない)。そして超長期にわたる運動不足。不足って言うかしてない。

体重は変わらずに59キロ程度のところを見ると……胸周りの筋肉が落ちて、腹にメタボリックが……ああ、恐ろしや。

とりあえず飲酒を控えるようにしようかと。
なんだか60キロの壁を突き破ったらそのまま逝ってしまいそうな予感がするのですよ。

眠れないときは酒に酔わずに活字に酔え、と……ああ、なんだか前も同じことを書いたような気が……今度こそがんばろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.06.20

ねむねむ

この2日間はダメ人間のように食っちゃねしていた。

昨夜はその締めくくりとばかりにカレーを作りこんで発泡酒を飲みまくった。

後から数えてみたら2リットル飲んでいましたよ。よくこんなに入ったものだ。

 

さて、明日はバイトの新人ですか。

あ、これ買ったのでよろしくお願いしますね>all

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2007.06.15

書店バイトテスト

本屋さんではアルバイトを雇う前に、面接のとき簡単なテストを受けてもらうことが多いようです。

そんなうちでも簡単なテストを実施しています。
詳しくはいえませんけれど、そのうちの1つが明治の文豪の作品を手当たり次第書いてもらうというもの。

例えば、芥川龍之介と書いてあったらその欄に知ってる限りの作品を書いていきましょう。たまーに青山剛昌とか書いてあったりするのであんまり力みすぎると足元すくわれます(笑)

しかしテストの本当の目的は正解率ではありません。
例えば森鴎外や芥川龍之介なんて一般人に聞いてもそうそう分かるものではありません。

せいぜい羅生門や蜘蛛の糸、舞姫を知っている程度でしょうか。それらを知っているのならば最低限学校の教育は受けてきたと見れる。
その後に魔術やら鼻やら或る阿呆の一生が出てきたら期待のホープです。

それではなぜテストを受けてもらっているのか。
それは、このテストの問題が書店員的に一般常識になりうることだということを知ってもらうためです。

お客さんに「司馬遼太郎どこにある?」って聞かれて分からなかったら決まって言われることがあります。「本屋なのに知らないのか」。この一言、言われるといつまでも覚えているものなのですよね。

 

あとはつり銭の計算問題。
1010-410=?
などと言った書店的レジの基本など。

 

ただしテストは店長の気まぐれで線結びクイズになったり、今をときめく作家が入ってきたりと一概にどれとは言えません。

お約束ですけれど大事なのは、テストの点数ではなくテストの後にどのくらい覚えていこうとしているのか……その姿勢っていうことになるのでしょうか。

| | Comments (112) | TrackBack (1)

どうしょうもない人生だけども

職場で流してる。

生きようと思った。

日経新聞にも載っていたシナー

| | Comments (72) | TrackBack (0)

2007.06.14

ゆとり教育の弊害なんて言いたくないけれど

ここ2日間は何もせずにただ惰眠をむさぼっていた。

22:00ごろ仕事から帰ってきて、翌日の15:00くらいまで眠り続け、昼食を摂り仕事に行く。
なにも解決して無いはずなんだけど、なぜか気が晴れた。明日からは普通の生活サイクルに帰ってこれそうな予感。

 

ところで新人のバイトから目が離せない。
なんというか、教えられたとおりに仕事をすることが出来ないようなのだ。
試しに日本の内閣総理大臣の名前を聞いてみたところ、安倍さんだと答えることができたものの与党と野党の区別を知らないらしく『民主党の安倍さん』とのファイナルアンサー。

これで18歳というのだから、ゆとり教育の片鱗を見せ付けられたような気がしました。だいじょうぶか、日本。

次からの面接のテストは一般常識を組み込もうと心に誓った次第であります。今のところの面接の問題は次のネタにでも。

いままで幾多の若者たちに仕事を教えてきましたが、今回ばかりは自信がありません。これで時給にして僕と30円しか差がないのですからやる気が……。っと、時給の話は抜きにして、そういった子に仕事を教え込むのも仕事のうちなのですから、ちょっと厳しく行くけど辞めないで下さいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.13

福利厚生か・・・・・・

週5でバイトして疲れてたのかもしれない。
働いている時間は少ないけれど、そのまえに読み書きやら家事やらと時間に追われていたのかも。
新人に仕事教えたりと色々と重なってたし。

今週の日曜は本も読まずに寝ていよう。 

それと福利厚生。

保険書無しで診察3000円、薬7000円て言うのは予想外。
院外処方でも保険が利いていたのかと驚愕の事実。診察200パーセント負担、薬代100パーセント負担。
ミソは1割負担や3割負担と言っていたので10割が限度と錯覚していたところでしょうか。20割負担て……ちょww
擬似的に保険書を持ってない体験をしてしまったのでこれは良かったのかも。凄い凹みましたけどね。このぐらいポジティブでないとやってらんないです。

さすがに今回の体験で福利厚生の重要さを思い知らされました。
店長に相談してみよう。せめて保険書。

もしそれでダメだったら、身の振り方を考える時期に来てるのかも。今の職場には愛着があるので離れたくないので、とりあえず相談してみることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.11

死にたい

ここ数週間前から、凄まじい劣等感に襲われていてどろどろの鬱状態。

保険書無しで病院に掛かることになり診察だけで3000円取られた。

新しく入ってきたバイトから目が離せず自分の仕事できない。
それでも給料は新人とほんのちょっとしか変わらない。福利厚生も皆無。
着る物も買えない。

物事に集中できない。
読書も出来ない。
アルコールを摂取すると楽に死ねるかなとかそんなことばかり考えてる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

有害指定図書

震撼書店員さんの記事によれば、大阪府は男性向けエロ漫画以外にも健全育成条例で有害図書に指定したとのこと。

http://www.pref.osaka.jp/koseishonen/jorei_public/hokatsu/hokatsu.html

 

これは私見ですが、指定された出版社を見る限り、ペンで敵に回したら怖いところの指定は無いようです。

 

この中で僕は1冊も読んでないので口出しする筋合いは無いかもしれませんけれど、少女コミックを初めて開いたときの気まずさと言ったらそりゃもう……。

ボーイズラブなどのカラーの1ページ目(恐らく一番強烈なものかと思われる)、あれ、カバー掛けるときに見えちゃうんですよね。歯に衣着せずに言ってしまえばグチャグチャのドロドロですよ、白い液体が。文学的と言ってしまえばそれで終わりかもしれませんけれど、なんか有害指定図書の選定方法には?マークがあるのですよね。

CERO指定方法も変わったことだし、有害図書指定も変わっていくときでは。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

2007.06.09

ブックライナーを導入したい。

書店向け『ブックライナー』なるシステムを取り入れようかと思う。
このシステムに加盟すれば、客注が2~4日で届くという優れものらしい。

なぜ今まで加盟していなかったのか?
それは店長の方針としか言いようがありません。

店長は批判的でしたので、ブックライナーの評判は正直なところ分かりません。

しかしアマゾンクラスの機動性は魅力的だと感じました。

客注が増える → スリップが増える → 配本が増える……

なんてことになれば良いな。

| | Comments (77) | TrackBack (1)

2007.06.08

新人が入ってきた・・・

新人のアルバイトが入ってきました。

疲れました。

さて、ここで問題です。
お客さんが1800円のお買い物で1万円を出されました。さて、おつりはいくら?

答えは言わずもがな、8200円です。

 

……しかし、まあ、なんでしょうか。アレです。

疲れました。

1800円をおつりとして渡そうとしたときは緊張のあまりミスしちゃったのかな? と思っていたのですが、どうやら本当に暗算が苦手らしく……。

レジから目が離せない状況であります。休憩も品だしもせずにレジの隣で監視(いやな言い方だけど)してないと、いつミスっても不思議じゃない状況なのですよ。

しかもよりによって電撃文庫の発売日ww
カバー掛けができるはずも無く1人で黙々とカバー掛ける羽目に。 

初めてです。
仕事の疲れを翌日に引きずったのは。

 

しかし悪い子ではないので、2ヶ月くらいは大目に見ながらも成長を楽しみにしたいと思いますよ。厳しいこと言うかも知れないけれど、恨むのなら自分の生まれを(ry

さて、神様のメモ帳2をゲト出来たので風呂に入りながら読むことにします。お休み。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.06.06

メディアワークスからこんな物が……

Sn380002 今月の電撃文庫営業さんのイチオシらしいです。

『神様のメモ帳2』

それにしても、まさかこんな恥ずかしすぎるポップが送付されてくるとはww

GJ!!

 

 

さっそく1巻目とあわせて飾り付けてしまいましたよ。あとは新刊を待つばかり。

いっぱい配本されたら良いな。あんまり配本が少ないと追加発注分が入ってくるまで我慢しないといけないのですよ。
 

さて、HJ文庫はこないだ強烈な地雷『ハカナさんがきた!』を踏みつけて以来手を出していないです。地雷覚悟で『ハカナさんが着た!』も読んでみようかしら……。

HJ文庫はまだまだ看板タイトルが出てない感がありますね。辛うじてくじびき勇者さまが良さそうだけど、重版かかんないと背表紙のデザインが真っ赤なままなのですよね。そんなわけで酷く雑然とした棚ざしの状態になっています。HJ文庫のやる気の程度を知ることができるかと。これじゃハートジャックも何も無いと思うのだけど。

 

ガガガ文庫はカオス。
自社と他社のノベライズに力を入れながら自社ブランドを確立しようと言うのか。
小学館のコミックを見るとまだまだ弾はありそう。コナンとか良いんじゃないっすかね。
まだガガガ文庫には手を出していないのでなんとも言えないですが。そろそろ売れ行きも落ち着いてきた頃だし何かに手を出してみようかと。

ロミオ微妙とかフリーダムヒロインの顔がゴツイとか、周りの意見を参考にしながらなにを読むかを決めたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.06.02

傷が疼く

水曜日に抜糸した。

腕は動くようになったけれどイマイチ違和感が。

1週間はリザベンを食後に3回飲まなくてはならない。ここで困ったことがあるのだけど、1日2食しか食べる習慣が無いんですよね。朝は牛乳かゼリー系しか食べる気になれない。

そんなわけでまだまだ腕が痛むので、今日のお仕事はアルバイトに任せることにします。腕が使えない書店員は頭しか無いのさ(笑)

ゲーセンでポップンミュージックなんてやった日には傷口が開きそうだ・・・。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2007.06.01

昨夜は

しこたま酒飲んで寝た。

しばらく酒は勘弁。

おとなしく後学のために勉強したいと思いますよ。

とりあえず株を購入してみて、その日のうちに売り払う。300円の利益也。

不安でたまらないので宵越しの株は持たない主義なのさなんて言ってみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

死にたい。

妹の就職が決まった。

両親は喜んでいた。父親は酔っ払い、母親には「お前ももっと稼いできなさい」といわれた。

ぼくも時代と身体さえ違えば、もうすこし平穏な人生を過ごせたのかと妄想してみる。

就活は30社くらい受けて全滅、フリーターになり実家から通勤。持病の喘息のために薬代はバカにならないし、ケロイドの切除手術のために1回の手術に2万円ほどかかる。

バイトだから保険だって出ないし、国民年金も払えないから年取ったら死ぬしか無い。

バブルで浮かれていた大人たちを見ながら育ち、就職活動は不況の真っ只中、フリーターになったかと思えば好景気になる。そして年金ももらえずに死んでいくしかない人生。

リセットボタンで僕の存在だけが消えてなくなってしまえばいいのに。

妹よ、就職おめでとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »