« 毎日毎日・・・ | Main | 重版未定…… »

2007.08.23

ショック療法

MF文庫Jの『けんぷファー』とHJ文庫の『AKUMAで少女』が既刊にしては売り上げ好調。

 

みんな百合が好きなんでしょうかね、ちなみに買っていかれるのは男性が多いです。
けんぷはバトルと恋愛どっちつかずになってるので中途半端な印象がありますが、AKUMAはその点では徹底している感があります。

 

それにしてもライトノベルにわかつきひかる。
ライトノベルの読者層は中高生が多いといわれています。大体期間にすると3年間。それ以降になるとガスバーナーの炎のように読者が少なくなるのだとか。

それはなぜか?
一概には言えませんが、萌えの先がないからだと思っています。もっと有体に言ってしまえば、濡れ場(あるのもあるけどね)。そこに投入されたわかつきひかる。彼は元々ジュブナイル・ポルノと呼ばれるフランス書院出身の作家であります。

彼がどのようにラノベを変異させていくのか……個人的に見ものなんですけれど、どうなんでしょうか。

 

NGワード:同人で発散

|

« 毎日毎日・・・ | Main | 重版未定…… »

Comments

濡れ場のあるラノベ売り場の文庫・・・えーっとBL小説だ!


・・・ま、フラ書とか二見とかそっち系出してますけど、
そういう方向に転がるのはさすがに未来がないと思うんだけどなー・・・。

Posted by: かけるん | 2007.08.23 at 03:00

び、びぃぇるとな!?

いやいやあそこまで極限まで突き抜けるんじゃなくて、ラノベの主人公たちは高校生なんだから、もうすこし自然に動かないのかなー、なんてことを言いたかったのです。BLは……まだ怖くて開いたこと無いですよ、はい。

けど、ラノベを見てると小説にしては栄枯盛衰が激しい部門ですからね、なにが原因なのかを追求するのは面白いかもしれません。

Posted by: tetsu@管理人 | 2007.08.23 at 04:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/16207407

Listed below are links to weblogs that reference ショック療法:

« 毎日毎日・・・ | Main | 重版未定…… »