« 警察の不祥事なんて言いたくないけど | Main | 〆切に二日酔いってのは死亡フラグだと思うんだ »

2007.10.20

ついにこの日が……

今月の電撃文庫とMF文庫Jの売り上げが伯仲してます。

電撃文庫は新刊の配本が読者とズレているのに加え、既刊の動きが鈍ってきてる。アニメ版シャナⅡの1話目が導入としてはイマイチだったので今後に期待したいところ。3×5+αで全巻平台展開してるのですが……うーん、みんな素通り……。

その先に棚差ししているゼロの使い魔が売れていくというのはこれ如何に。さりげなく平積みして置いたきゅーきゅーキュートとかのこん、ネクラ少女は黒魔法で恋をするの動きが良い。新刊も指定した分を配本してくれるので計算しやすい。

 

思うに、電撃文庫はハイブリッドを前面に押し出すあまり、内容がお客さんに伝わっていないのでは。それに加え、ここ近年の新レーベルラッシュによる地雷に疲れた読者。

地雷踏みたくない読者はちょっとでも自分で理解できそうな方を選びますよね、何も選ばないって言うのも賢明な選択肢の一つではありますけれど。

電撃文庫の表紙を見ていると、何をしたいのだか分からない作品が多いのですよ。

 

 

と、ここまで書いておいて何ですけれど、雨の中帰ってきて疲れました。続きはまた今度にでもー

|

« 警察の不祥事なんて言いたくないけど | Main | 〆切に二日酔いってのは死亡フラグだと思うんだ »

Comments

バイト先はラノベ棚が少ないので、完全に読者視点の意見ですが……。

たしかに電撃文庫には前ほどの輝きがなくなっている気がします。(電撃hpを廃刊にして新たな雑誌を出すようですがタイトルがいまいちだったし……忘れたけど)
新たな路線をねらいすぎてどれを読んだらおもしろいかいまいちわからない感じがします。

ほかのレーベルも乱立しててわからないことはわからないんですけどね……。

Posted by: 魚の骨 | 2007.10.20 at 01:45

貴重な読者の視点ありがとうございます。

今の電撃を見ると、突出した新人が居ないという現状があると思います。居るには居るんですけど、ハードカバーで出したり、もう一押し足りなかったり。

それが重なり続けて新人が育たない空気になって、どうしても一つの作品で引っ張らざるを得なくなり……なんて事になりませんように。

他のレーベルもパソコンゲームのライターを引っ張ってきたりしてますけど、やっぱり新人が育つ空気じゃないですねー。

Posted by: tetsu@管理人 | 2007.10.24 at 00:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/16813203

Listed below are links to weblogs that reference ついにこの日が……:

« 警察の不祥事なんて言いたくないけど | Main | 〆切に二日酔いってのは死亡フラグだと思うんだ »