« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.27

拒食……。

最近精神的にかなり危なっかしく、深夜になるとアナログ時計が『死、に、た、い、死、に、た、い』と独り言を呟いているような状態なんですよ。

これはいけないと何かアニメでも見てこの週末は早く寝ようと、いいちこを900ml飲んだのですが……『吸血姫美夕』を見ながらいいちこ2日で干してしまったときはさすがに精神的にヤバイと思いました。

更に1日1食+間食の生活が続いているわけで……年末から体重が4キロ減ってました。なんか、食べることに意味を見いだせないといいますか、食べてても虚しくなってくるといいますか。

死にたい訳じゃないけど、食べる気力が湧いてこない。
餓死っていうのは自殺に入るのかどうかと考えている今日この頃であります。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2008.02.23

生活パターン

4時に起きて仕事に行き、12時前に帰ってきて食事を摂る。
それから7時までパソコンに座り、9時に眠りにつき4時に起きて仕事に行く……。

これが朝ベースに考えれば健康的な生活なんでしょうけど……残念ながら起きるのは夕方の4時なのですよ……ああ、不規則。っていうか、1日1食……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.21

お客さんとパートさんから板挟み5

本日、苦心して作り上げたエクセルデータをコミック担当者のパートさんが見たらしい。

で、一言、

『打ち切られたからってすぐに返本するわけにはいかない』

と切り捨てられたそうな……。

いままでの苦労は一体……。

次は懲りずに少女コミックの品揃えをチェックしてみる。
ミッドナイト・セクレタリが日焼けしてたので、好きだったら交換推奨、でなければ返本。
僕らがいたが12巻目しか無かったので補充推奨。それでいて僕は妹に恋をするが日焼けして揃っていたりと。
とりあえず棚2段チェックしてみて、日焼けツッコミが50タイトルに達した。(冊ではなくタイトル……)

・ちなみに弊店のコミックの棚は63段です。
で、そのうちの6段が週刊のジャンプコミックス。それに対して5段がFCとなっています。ちゃおとちゅちゅを入れると7段となり、ジャンプ越えします。

これでいてジャンプから先の年齢層上の男性コミックが品薄。どうにかしたいんだけど、怒られるの覚悟で続けてみようかなあ……。

以下、現在の棚の状況です。
閉店後の暗いところで撮ってるので焼け具合はわかりにくいかも。
こんな感じです。

午後はお客さんにコミックを聞かれるため、現状では精神的にかなり辛いものがあります。
焼けてる本、売りたくないし……

Scomi_2  

 

 

 

 

 

 

 

Hiyake01_2

Hiyake02 

 

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.02.20

併売研究中

灼眼のシャナの隣にこれを置いておいたらどうだろうか。
他にやってる人、絶対にいそうだけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひぐらしのなく頃に実写化……

ひぐらしのなく頃にが5月10日に映画化されるそうで……僕としては2Dから3Dへの進化はしてほしくなかった……

そんなことを思いながらもスタッフを見てみると、なんと川井憲次氏のお名前ががあるじゃありませんか!

吸血姫美夕や地球防衛企業ダイ・ガードの人です。……例が古いかも知れませんけど。
最近では……おお、ガンダム00。

特に地球防衛企業ダイ・ガードは僕的トップのアニメなんですよ。
最初の1分見ていただければ気合の入り方が分かっていただけるかと。
コメント非表示推奨。

民間企業が巨大ロボットを持っていたらどうなるのか……というのを本気で考えているアニメです。その企業が保険会社だというのがまた生々しい。

民と官の癒着、法律の問題、組織の問題など。
社長が元自衛隊員元安保軍であったり、民に下るときに階級が大佐に上げられたり(箔付けの意味で)。

『この2週間で35件が解約……株価も値下がりを続けています』は名台詞だと思う。

これ、子供が見ても絶対分からないよ……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.19

テレパシー少女蘭アニメ化

さーて。

今日は、コミック担当者がぼくが作った例のリストを見ると思われる日であります。

……どんな結果になるのか……。

ああ、鬱だ。

 

とりあえずいいニュースとして……。

3月21日
テレパシー少女「蘭」~私の中に何かがいる~ 前編・後半が同時発売!!

(原作:あさのあつこ 漫画:いーだ俊嗣)

Contentimg111_4

 

 

 

 

ついにきたかといった感じです。
やっぱりというか、講談社さんはアニメ版のテレパシー少女蘭の放送に合わせて前後半をどばっと出版するようです。1ファンとしては、前半を読んだ後に半年間焦らされ、そのあと謎解き編を読むのが好きだったんですが……。

さて、蘭と翠の関係はどこまで進展してしまうのか。あさのあつこは同性愛の香りがする作品がおおいですが、この作品も例に漏れず。児童文学なのにどこまで突き進んでいってしまうのか。

ロリコンアニメの金字塔であるカードキャプターさくらを制作したNHKがアニメ化するくらいです。それだけである程度内容が分かっていただけるかと。

作画担当の人も、ただの萌え漫画じゃなくて動きのあるコマ割りが特徴ですので幅広い年齢層(特に大きいお友達)にも充分楽しめる作品に仕上がってます。もっともそれがメインターゲットと言われると返す言葉もないのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.18

選挙カーうるさい・・・

シフトが夕方から夕映に、昼夜逆転型の生活を送っているんですが……選挙の時期になるとホントしんどい。

選挙カーですよ、あの騒音をまき散らす車。

通り過ぎていく短い時間のあいだにも政策をしっかり言ってくれる候補者ならいいんですけど、名前を連呼してよろしくよろしくと言ってる候補者には絶対いれてやるものかと呪いの言葉を呟きながら再び眠りにつくことにしています……。党や名前で票が入ると思ってる候補者の典型です。
そうかと言って、共感している候補者が名前連呼していると失望してしまうのもまた事実。
いいかげん、選挙運動にインターネットを使わせるべきでは。

ぼくとしてはいま読書中のこの作品が脳裏をよぎった次第であります…… 

近い未来、本を持つこと自体が罪となり、持っていることが発覚すると焚書されてしまう。人々は刹那的な情報により日々を生き、しだいに深く考えることを止めてしまう……的なお話です。ああ、なんという風刺。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2008.02.17

文芸・実用・コミックの併売

かなり棚の状態がカオスだったので整理整頓しました。

まず問題だったのが、コバルト文庫のたなの上部にフランス書院の美少女文庫が並んでいることと、その横にBLが並んでいること。朝入荷されてきたエロを1カ所に集めた結果、こんな風になってしまいました的な。

これではいけないということで、その辺をお客さんの立場を考えながら整理してました。

出来ることならライトノベル台の向かい側を電撃コミックスやジャンプコミックなどにすれば年齢層が近づいていいかなーとは思うけど……やりたい、凄く棚を入れ替えたい。
ちなみに今現在のラノベの向かい側はフラワーコミック。狙って併売した記憶は……ありませんね……確か。こればっかりはコミック担当さんと連携取らないといけない。

ひぐらしのなく頃にの講談社BOXの隣に、太田出版の完全自殺マニュアルや完全失踪マニュアルを置いたのは我ながら良い仕事をしたと思ってる。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.02.16

マガジンコミック新刊

マガジンコミック発売日。
しかし週3くらいのコミック担当者が病欠。

同時にメジャーの既刊が入荷。
品出ししたいけど放置しておく。
怖いもの見たさでFCの中身を覗いてみたら濡れ場だった。エロ本コーナーに並べたい。

連載作品よりも読み切りのほうがエロ率が高い感じでしょうかね。

 

ちなみに言い忘れていたけど、弊店ではコミックよりも文芸書の売り上げのほうが良いんですよ。これってどうなんですかね……。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.02.15

一応、ひと仕事オワタ

ここ数日間、コミックの棚をチェックし続け、それを『返本推奨』『棚推奨』に分けてエクセルで一覧を作って店長に渡しました。

客観的にできたと思います。要は完結してる作品や日焼けしてる本を返本して、連載中の作品を並べてみたらどうでしょうか? 的なもので。

とりあえず、ぼくの書き置きが縦に破られて、テープで貼ろうともせずに返信があったのには絶句。それ、人としてどうなのよ……。

店長経由で冷静にいったほうが良さそうですな。

タイムリーに発売したこれみたいにならないことを祈るばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.14

今日もコミック調整

今日はメディアワークス系列のコミックの調整を検討した。

ランブルローズがあったり、ガンスリンガーガールが虫食い状態+日焼けしていたりと、かなり危機的な状況だった。苺ましまろとよつばとが無いのにかしましが虫食いであったりするミステリー。

今月のダヴィンチでよつばとが紹介されていたような気が。冗談抜きでぼくが担当したら棚の半分は入れ替わりそう。

問題は、これをどうやってソフトに伝えるかということで……ああ、死にたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.02.13

お客さんとパートさんから板ばさみ4

ガンガン、ブレイドコミックスの棚の状況をチェックしてみる。
連載終了してる作品が虫食い日焼け状態で刺さってたので返本を勧めることに。ワるきゅーレ、私の救世主様など。それでいてARIAが無い。

ブレイドMASAMUNE、ZEBELの新刊配本の売れ残りがそのまま棚に刺さってる印象。

ジンキ9が一冊だけあった。この人ってメディアワークスに移籍したんじゃなかったっけ……。

明日は電撃コミックスをテコ入れする。
チラッと見た限りだと、かしまし(全5巻)の1,3,5巻の虫食い日焼け状態だった。全巻揃っていれば売れるかも知れないけど、焼けている本は売りたくない。

 

それにしてもデスノートが棚に無いと担当者に聞いたら、当然のように『ストッカーに入っているけど、何か?』との返答が。泣きたくなる。関東では最近放送されたばかり。並べとこうよ……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.11

本日は飲み会

本日は飲みでした。
そして今日の一食目だったりする。

書店の話しから売れ筋の話し、コミック、実用、併売、青年向けなど、なぜかそのあとガンダムやアニメの話しにリープすることに。

『全員酔いつぶれタクシー事件』なんてことはなく、とても健全な飲み会であったと自覚しています。たぶん。

とりあえず、もう少し頑張ってみようかなと思えることができた、良い日でありました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

最近は食事=栄養の摂取=延命という思考がどうしても離れずに、規則正しい食生活はおろか食事すらもロクにとっていないような気がする。空腹になってもよほどじゃないと食べる気になれない。そうかと思えば食べ始めたら止まらなくなる。
大方1日1食。

去年の12月から体重が4キロくらい落ちた。さすがに自律神経のどこかが壊れているのではないのかと疑いはじめている今日この頃であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.10

お客さんとパートさんから板ばさみ3

コミック担当のパートさんと会った。
ぼくが置きたい本と返本するべきだと思っている本を書置きしといてほしいとのこと。

コミックの注文書さえも渡されずにこの作業をするのは大変だったけど、今日はとりあえず週刊ジャンプ・マガジン・サンデーを目次などを見るなどして吟味した。
返す本などはwikiなどを見ながらの作業。CMBが無いのにQEDが一冊だけあったりして割と絶望できた。
全部の月刊までは手が回らない。マガジングレートはよほどじゃない限り返してしまおう。

あと残りは、マッグガーデン、スクエニ、秋田、角川、………などなど。とりあえずヤングコミックスも返本決定。なんでこのお店、ARIAがないのだろうか。

ところで、「お客さんから聞かれた本を書いていくノート」ですけど、角が立たないようにナイスなネーミングを考えているのですよ。

『お客さんから聞かれたん デスノート』

………。

うーん。

やるんなら、無印良品の黒いノートに修正液で表題を書きたいところ。実現するかは知りませんが。

とりあえず今日は雨に濡れて帰ってきて疲れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.07

お客さんとパートさんから板ばさみ2

久々にコミック担当者のパートさんと話す機会があったので、その所感をメモ。

 

パートさんによれば、ジャンプコミックを例に取ると「ハンターハンター」「ワンピース」「テニプリ」は返品したいとのこと。

さすがにそりゃないだろww

なんて突っ込みたい気分を抑えつつ、

「斬」「タイゾー」返したらどうですか、と聞いてみたところ、「終わったからって返すわけにはいかない」と。「お客さんに聞かれるかもしれないから」

それは大変ごもっともなことだけど……、

『斬』ありますか?
なんて聞かれたことないですよ……。

つまり、午前中はお客さんからの問い合わせがないことになる。一体、「斬」と「ケロロ軍曹の虫食い」、どっちが聞かれる可能性が高いのか。

ワンピースを返して『斬』を置き続けるって言うのは、どう考えてもよくないと思うのですよ。

 

ちなみにハンターハンターは3月から再連載開始、ワンピースはジャンプの売れ筋です。これはやばいと、

「変わりに発注しましょうか……?」と聞いたところ
ダメ

ちょっと話をしてみてあんまりだったので、店長に青少年コミックスの発注を申し出ることに決めた。

他人の悪口は言いたくないけど、勉強不足過ぎる。雑誌の表紙見ればプッシュしてる作品が分かるのに。

ワンピース返本したいっていうのは迷台詞すぎると思いますし。

今月の支払い、かなり辛そうだった。どうにかしなければ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

お客さんとパートさんから板ばさみ

今日は「大奥」と「モノノ怪」がお客さんに無いかと尋ねられた。まあ、探してみて無いからぼくに聞きに来るわけだけど……無かったので謝って帰っていただきました。

ここで発注したい衝動に駆られるのですが、それをやったら怒られるのですよ、午前中のパートさんに。棚にスペースがない、二重発注になるなど。発注状況照会や書置はなんのためにあるのだか……。それにボーボボや太臓を返せば棚半分くらい余裕出るんですけどね。

コミックの位置をお客さんに尋ねられるのは、夕方以降が多いみたいです。
謝るのはぼく達、でも善かれと思って発注すると怒られる。午前シフトのパートさんは半エロのフラワーコミックとその周辺ばかり発注してる。誰か突っ込んでくれ。

さすがに大奥はS-bookで注文させてもらった。こればかりは今月に入って3回くらい聞かれたので二重発注になっても裁けると思ったし、客注伝票にもあったからだ。
発注状況を参照してみると、思った通り客注ぶんしか入荷予定がなかった。

……また怒られちゃいますけどねー……アハハハ

せめて、バガボンドとリアル、ハヤテのごとく、ライアーゲーム、よつばと、医龍、もやしもん、蒼天の拳くらいは本屋さんとして置いておきたい。
裏を返せばそれさえも置いてないのだ。

そんな感じで、どうしょうもなく理不尽なものを感じている今日この頃であります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.02.06

僕が覚醒剤決めたらどんな顔するだろう

ミュージシャンの岡村靖幸、覚醒剤で3度目のタイーホ……。

たった今、ヤフーのトップニュースで知ったところであります。書店員として、作家がお薬や自殺するのは慣れっこですけどね……。このまえは嶽本野ばらがやったばかりですし。

彼にはカルアミルクやスーパーガールのときの高音と低音を出すことができなかったのだろうけど……それにしても。

ぼくが彼に惹かれたのは、迫力ある低音にありまして、出所後のCDのように無理に高音をだしてもらわなくても……と思っていた矢先にまた覚醒剤。

せっかく喉が太くなっているのだから低音で攻めてみてたどうだろうか。懲りずにカラオケでは歌い続けようと思ってます。みんなからはキモイとか言われますけどね。

生暖かくウォッチしてるやつがこんな所にいるのかと、またカムバックしてくれることを、密やかに祈っています。とりあえず所感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それとなく打ち切られている漫画を担当者に伝えたい

うちの書店ではコミック担当者が実質一人(女性)しかいないので、レディース系コミックの品揃えは良いのですが、少年・青年系がちょっと弱い感があるのですよ。

ちょっとHなフラワーコミックの品揃えは素晴らしいと思うのですけどね、ジャンプを例に出すなら打ち切りになったり最終回を向かえている『斬』『ユンボル』『ハンズ』『ブリザードアクセル』『ボボボーボ・ボーボボ』『瞳のカブトレパス』『太臓もて王サーガ』が並んでいるのに、サンデーの看板タイトルである『ハヤテのごとく!』が並んでいないのですよ。『もやしもん』『医龍』はなんどお客さんに聞かれて謝ったことか。医龍の次の重版は2月7日……入荷しないだろうなあ……。

そこで気を利かせたつもりで半年近く虫食いになってる『ハヤテのごとく!』と『らきすた』を発注しておいたのですよ……書き置きもして、二重発注しないように。

そうしたら後日……勝手に発注しないでと書き置きが残ってました……主に謝ってるの、お客さんが多い午後シフトの僕たちなんですが……うーん。ちなみにコミック担当者は午前中のシフト。

理由は、棚がいっぱいなので入り切らなくなってしまう、二重発注してしまうからだそうで……。

 

ぼくの書き置き……読みました……? なんてことは置いといて……
それなら、打ち切られている漫画を返本すれば済む話しです。しかし下手に相手を刺激して人間関係をギスギスさせるのも良くないと思うのですよ。

それとなく、打ち切られている漫画や、最終回を向かえていて、これは動かないだろう! というコミックを返本してもらう妙案を考えている真っ最中であります。

ああ、頭と胃が痛い……。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »