« 棚改造 | Main | そっちにいったかw »

2008.03.19

棚刺し台を平台として考えてみる

とりあえず現在色々と試行錯誤中。
弊店の棚はチェーン店よりも平台が低く、棚刺しの一番下の段もかなり低い位置にあるのですよ。ですので背表紙がとても見えにくい。そこで編み出した(大げさ)な方法です……。

 Tana02

 

 

閉店後、くらい中で撮ったので画質がイマイチ&平台が手入れ中なのでカオスですが、こんなイメージで。これなら『いぬかみっ!』などの冊数が多いシリーズも圧縮可能。荒技だけど。
とりあえず文学少女の3,4,5が入ってきて1,2,6が保留中というのは泣けますね……。

こんな感じで、棚刺し台の使い方を研究しているところであります。

これで新高校生のハートも鷲づかみか!?

|

« 棚改造 | Main | そっちにいったかw »

Comments

文庫本が縦おきで十分高さがたりてると言うことは、棚の下駄は結構高めなんですかね?
棚在庫増やすなら、平台も全部縦置きという必殺技もあるわけですか・・・w
んで、所々シリーズものの1巻or最新刊だけ面陳にするとか。

手前が上になるようにおくのは確かに手に取りやすそうですねぇ。
お店の雰囲気的に多少カオスでも許されそうだから、結構いろいろ試してみるとおもしろそうですねー。

Posted by: かけるん | 2008.03.19 at 13:47

>平台縦置き考えてみたんですけど、コレやると手に取ったあと戻すのが辛そうなので保留にしておいたんですよ。やるんならブックエンド見栄えが良くて頑丈なやつ用意しないと端から崩落……なんて事もありそうですし。

なんか、店長の趣味で続けていた地方小出版の棚が空いてきたので、そこにアニメドラマの改変期で入れ替わるフェアを任されそうな気配なんですけど、このままだと本気でフラグが立ちそうな気が……。

Posted by: tetsu@管理人 | 2008.03.21 at 01:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87590/40553213

Listed below are links to weblogs that reference 棚刺し台を平台として考えてみる:

« 棚改造 | Main | そっちにいったかw »