« May 2009 | Main | July 2009 »

2009.06.29

お打ち合わせ

寝る前にケータイのメールチェックをしてみたところ、打ち合わせメールが……

 

 

 

 

 

目が覚めてしまいましたが……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

百歌繚乱:高城修三

めでたく第一稿を提出したので、積んで置いた本などを読み進めてますよ。

 

参考書で有名な文英堂から出版されている百歌繚乱などを紐解いてみたモノの、中~上級者向けの内容にインターネットと睨めっこしながら読み進めているところです。

北原白秋や与謝野晶子の歌は何となく分かるけど、スサノオノミコトの

八雲立つ 出雲八重垣妻ごめに 

八重垣つくるその八重垣を

なる歌が1ページ目に載っていたのですが……困ったことにこの本、歴史背景やその人物の解説は載っているものの歌の意味が載っていないんですよね……。

著者は高城修三という芥川賞受賞作家なのですが、この本は初級者にはつらいかも知れないです。参考書の文英堂ならと思い買ってみたのが失敗でしたか……。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.28

軽いトラウマ

どうしても忘れられない2008年3月1日14:53分……。

 

あのとき、電車に乗ろうとしていたぼくは、1つ前に並んでいた人……どうやら白い杖をついていて目が見えないらしい……が、ホームと電車の段差に戸惑っていたので手を伸ばして声をかけようとしたら、横に付き添っていたと思われる女性教師に手をはたかれてしまった。

 

 

それいらい、ぼくはどんなに人が困っていても声をかけることさえもなくなった。

そういった方々のなかにはプライドが高いひとがいることだって理解しているし、こだわりが強い人が多いことだって理解しているつもりだったのですが……。

おそらく、地元に盲学校があるのそのつながり。

しかし、たぶんこれからも声をかけることはないんだろうなぁ……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第一稿送信

27日夜。

第一稿の送信を終えました。

これでしばらく時間ができるかと。

 

同じことをやっている方々のブログをヲチッてますと、一週間以内に第一稿に赤が入れられて郵送(?)されてくるみたいなので、それまでしばしまったり……できたらいいな。

どちらにしても心臓に悪い一週間になることは間違いなさそうです。

 

さーて、2ヶ月ものあいだ掃除していなかった部屋を掃除したいと思うのですが、どこから手をつければいいものやら……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.27

e-hon

トーハンの営業の人がきて、店長がe-honにやっと加入する気になったらしい。

 

これでちょっとはマシになりますかね。

なったらいいな。

なればいいけど。

ならないかな。

はぁ。

 

7月は神様のメモ帳の新刊が発売。

毎月密かに楽しみにしてたA・MWのFAX通信の人が変わってしまうらしい。

次の人もやっぱりコミケとか行ってるような人なのだろうか……って、愚問ですよね。

 

ぼくもこっちの方に集中するためにシフトを減らして貰おうかと思案中。

うまくいけば、夏の終わりあたりには形になるのでしょうか。とりあえず第一稿が出来上がったので月末までには送信したいです。

週5でこのペースは、体調崩したら死ねそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.25

第一稿アップ

とりあえず第一稿が完成。

 

どんなに押さえようと思っても、文庫本300枚予定のところ、302枚になっちゃいましたよ。

 

20*20原稿用紙に換算してみると、400枚になってました。いやー、頑張った。

10日間で作ったプロットがまさかここまで膨らむとは。腕力勝負は苦手なんですけどなんとか乗り越えられました。

 

 

ときに、

執筆期間4月20日~6月24日の大体2ヶ月と5日で、400枚という事は……

400(枚)÷65(日)=6.1(枚)

 

もちろん、書きながら先方さんにメール送信したり、そのために添削もしていたわけなので、フルに書いていたわけじゃないんですが……意外と、少ない、かな……?

しゅ、週5でバイトもしてたから、そのくらいでちょうど良いでしょうかね?

仕事帰りに毎晩のようにゲーセンでマジアカやって、実質執筆時間が夜の2時から朝の6時だなんて事は口が裂けても言えない。

もっとまじめにやらないといけないけど、追い詰められないとついつい帰りがけに誘蛾灯の如くフラッとw 

 

〆切は七夕なんですけど、予想以上に日数が余ってしまいました。

しかし本当の戦いはこれから。

添削されて真っ赤に染まった原稿と向き合わねばならないという、誠に心臓に悪いイベントが待ちかまえているのですよ。

たぶん、受け取ったらイヤになって1日くらいふて寝を決め込むことでしょう。

2章を送ったあたりから、気持ち悪いくらいに駄目出しがなくなってきたので、後からドバッとくるパターンとみた。

さーて、いつメール送信しようかな、と……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.24

あと残り2枚。

昨夜のタイトルが17なので、昨日だけで文庫換算枚数15枚書いたと言うことに。暑くでゆだってたので、実感がないところが少々アレな気がしますが……。

これからのスパートで大筋を書き終える予定。

書き終わったら、書き詰まった箇所を数行飛ばしてきたので、その穴の修復作業に移行。

 

飲み会を目標にここまで頑張ってみましたよ。

七夕が〆切だというのに、これは7月に入る前に終わってしまいそうですね。とりあえず、6月30日の月曜日にメール送信しますか……。

 

  

次はアイドル声優スポ根ものとか。

参考にアイドルマスターをプレイしてみましょうか……なんて終わる前から考えてるのは集中力が落ちてきた証拠ですかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.23

17

むしむししてやる気が著しく減退中。

メガネの汚れが妙に気になり出したり、キーボードに当たる爪が気になったり。

 

あと17枚。

このまま素直に終わってくれれば予告通り300枚以内で終わってくれそう。

 

ただしこれが第一稿なので、本当の地獄はこれから待ってるんですけどねー……今は考えないでおこう……。

 

そろそろ提出時期についても検討中。

『○本の住人』のお兄さんによれば、〆切ギリギリに出せば時間がなくてそのまま通る可能性が高い(笑)……なんて言っていたけど、これは本当なのだろうか。

 

確かに、今年の4月の初旬は、10日までにプロットを3つ提出お願いしますと言われたので、〆切に余裕を持って提出したところ、結局5個提出した苦い思い出が。

2日間で1つのペースですよ。店の本棚とにらめっこしていろいろくっつけてみましたっけw

結局お許しを頂いたのは〆切ぴったりの期日でしたっけ……こ、この前例から鑑みるに……。いや、この10日間で無理矢理ひねり出したプロットが、後々財産になってくるわけでもあり……。

うーん、

やっぱり〆切には余裕を持って提出した方が良さそうですね。

 

……駄目出しは覚悟しておいた方が良さそうですが。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.22

あともーちょっと

暫定、あと30枚を切った。(文庫換算枚数)

 

これなら7月初めには間違いなく第一稿が完成する……はず。

この暑さにやられてずっと睡眠モードに入らなければ。

 

そしてリトバスもセブンスドラゴンもやりたい。誘惑が多すぎるので、そろそろサイゼリヤに行こうかと思案中。

寝酒を飲もうとしたらブラックニッカが消えていた。眠っている間に父親から1000円渡されたような気がする。

雨がやんだので午前3時くらいになったら休憩&ウォーキングがてら近くのコンビニにいくことにしますか……はぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.19

あともう一踏ん張り

僕の場合、一行ずつ埋めていくスタイルよりも、行き詰まったら先の方のプロットを固めていくので、一概にあと何枚と言えなかった罠。

 

とりあえず、今日のところは昨夜酒を飲みながら書いたプロットを翻訳していくことにしますよ。

 

いったい、何語で書かれているんでしょうかねー(笑)

 

落とす気がしねえ(by三井寿)

 

なんてことをいつか言ってみたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.18

44

300-256=44。

 

残りあと文庫枚数44枚。

昨夜は壮絶に寝落ちしてしまったので、午前中に起きてからカタカタ書いたのですよ。ですので少なめ。今日は午前2時と良い時間になってきたのでそろそろ書き始めたいと思います。

最初は枚数を気にせずに書いてみて、カットできるところはカットしていこうかな、と。でないとものすごく疲れてしまいそうですよ。

 

さーて、追い込みだー……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.17

疲れてるけど。

雨の中帰ってきたせいか、異様にお疲れモードですよ。

今年もゲリラ雷雨とか言われるほど突発的に降るのだろうか。昨日今日と関東圏の一部では局地的に雷を伴って降っているところをみるとその可能性が高そうですが。

 

そんなわけで風呂上がりに疲労が一気にこみ上げてきた感じです。さーて、これから追い込みですよ。

リミットが文庫換算枚数300枚なので、あと50枚書けばいいのですか。あるいはそれ以下でも言い訳なんですけど、お話にならなければダメなわけでして。

 

とりあえずあと50枚。

何年も前のコミケ68のときも、こうやってカウントダウンしてたっけなあ。振り返ってみれば局地的とはいえあれが僕のデビューだった。あの頃手伝ってくれた二人は元気にしているだろうか。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2009.06.13

努力はした

_ノフ○ グッタリ

 

添削するも、本日は15時からの勤務なのでデッドラインが7時なのですよ。
あと1時間半ちょっとで。

 

土曜日なので先方さんも休日とみた。

夕方あたりに送信することにします……orz

いや、善処はしたんですけどね……。

 

 

追伸。
頑張って朝にメールで提出。
うん、頑張れた。

あとは最終章+エピローグ。

〆切が七夕だから……20日以上あることに。

これは意外と余裕、か……? 

 

これがプログラムだったらカギ括弧一つ付け忘れただけで動かなくなるんですけどねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.12

ラストスパート

朝6時。

4章執筆終了。

3章を書き終えたのが6月2日なので、ちょうど10日間でできましたよ。

原稿用紙87枚。少なめだけど、これでもカットされる可能性が……。

今夜添削して、明日の朝方に送信予定。今から寝て夕方からバイトですよ。

 

きついけど、セブンイレブンの夜勤と今の書店を掛け持ちしてた頃に比べるとずいぶん楽なものです。

朝11時に寝て夕方の17時に出勤してましたからね。半肉体労働で。

 

次はいよいよ最終章+エピローグ。

一気に駆け抜けたいものですけど、どうなることか……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.09

風邪

このタイミングで風邪とかマジでないわ……。

 

まだ熱は上がってないのですが、風邪独特の感覚があります。
節々からビミョーに来るんですよねー……orz

 

風邪薬を飲んでちょっと睡眠時間、増やしますか……。

僕の活動範囲(家も職場も)両方とも新型インフルエンザの感染者が出ているところなのですよ。関東圏なのに。

ああ、今年はワクチン注射して意味があるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.08

あっ、ゲンガーだ!

なんのとは言えないけれど、原画を見せていただく。

 

〆切は七夕。

頑張りたい。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.06

ティアラ文庫が創刊

フランス書院からコバルト文庫版大きい人向けの文庫レーベルが創刊。

ティアラ文庫と言うそうです。

前々から公式サイトでアナウンスされていたのですが実際に見るのは今日が初めて。

剛しいらや七海ユウリなど他のレーベルで活躍している作家さんが目立ちます。

パラパラとめくった感じだと、美少女文庫に比べて濡れ場が少なく、想像していたよりもソフトでした。警戒していたのですがw

 

 

ただ、置き場所にものすごく困る。

下手をするとコバルト文庫と見間違ってしまうくらい表紙が本当に良くできているので、中学生の女の子とかが間違って買って行っちゃったらトラウマになりかねません。

とりあえず、創刊初日はきれいなおねーさんが『愛百合女学院へようこそ』を買って行かれる。小書店ですから初動はこんなものです。

むしろうちはフランス書院系は棚刺しで稼いでますからね。ネット注文時に品切れの書籍があるともったいないなーなんて思いながら華麗にスルーしてます。黄支亮とか。

 

フランスは美少女からえすかれ文庫を出して、今回のティアラ……。

うちで扱ってるのは美少女文庫、えすかれ、ティアラ、プランタン……これを棚1.5段に納めなければならないというのは……うーん、無理。

拡張するにもどうしたものか……ねぇ。

 

魔王子の花嫁 (ティアラ文庫)
魔王子の花嫁 (ティアラ文庫)

 

月花の守人―忘却のルカと月神の花嫁 (コバルト文庫)
月花の守人―忘却のルカと月神の花嫁 (コバルト文庫)

 

華の皇宮物語 (ティアラ文庫)
華の皇宮物語 (ティアラ文庫)

 

彩雲国物語 漆黒の月の宴 (角川ビーンズ文庫)
彩雲国物語 漆黒の月の宴 (角川ビーンズ文庫)

 

有無、違和感なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.05

死の6月

寝たい寝たい寝たい

夜に寝たい。

昼に寝ても疲れ取れない。

 

夜に酒を飲んでも眠れない。明け方に飲んでも眠れない。ブラックニッカ100cc飲んでも眠れない。

しょうがないから起きてるとみのもんたの8時またぎを見たあたりで眠くなってくる。

9時過ぎに眠り、睡眠時間が大体6時間くらい。

昼に寝ても疲れ取れない。

(一行目に戻る)

 

 

この仕事終わったら目が溶けるくらい眠ってやる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.04

本=モテる

「本=モテる」

の付加価値を。

 

といった記事をkongou_aeさんのブログで見かけたのが数ヶ月前の話。

記事の内容はとても面白く、福山雅治が文学少女に惚れる話をドラマで作る……な感じだったと記憶しています。文学少女が読んでいる本は各社のローテーションで。

 

今年の集英社さんのナツイチ2009はやってくれるみたいです。

書店員向けに動画が公開されていたのですが、出だし10秒で上の記事がフラッシュバックしてしまったほどですよ。どこかで応力が働いたとしか……。

今年の夏は熱くなりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.02

終わりが見えてきた、かな……?

 

午前4時半。

3章をメール送信。

原稿用紙90枚。総枚数236枚。

2章目を送信したのが5月22日なので、大体10日でアップしたことになりますかね。ちょっと抑えめ。サイゼリヤにいくお金もないので、家だとどうしても誘惑があるんですよねー……。

 

 

これから4章の執筆に取りかかる。

今日はもう、疲れたから骨組みに肉付けして寝ることにしますよ……。

ああ、もう一番鶏が……。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

死の6月

本日第3章をアップ……予定。

 

午前5時には送信したい。

 

リトルバスターズ エクスタシーを半年分のアフィリエイト代をつぎ込んでアマゾンで注文。やってる時間があるのかという自問自答は置いておくことにします。

流行を知っておかないと取り残されてしまいますからね。クラナドは草野球編に突入した直後にパソコンがおシャカになってしまいクリアすることはできませんでしたが……うーん。

 

 

書店仕事は相変わらず暇。

ただし、せんべいの売り上げが止まらない。せんべいで電車を走らせている某電鉄のようになっているんじゃないか。計算したこと無いから分からないけど。

最近、女性誌の今年の夏に流行るのはこれだーみたいな特集を見かけなくなったような気がする。やっぱり大事なのは広告主ではなく、読者視点と言うことですかね。肝に銘じておくことにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »