2005.05.20

ESクローン細胞

米韓チームが、患者の細胞からES細胞(万能細胞)を作り出すことに成功したそうです。
この技術を応用すれば、ES細胞から望みどおりの臓器を作ることができます。その臓器は、その患者自身の臓器なわけですから、拒絶反応はありません。

ES細胞の作るには、卵子が必要になります。
まず、女性から卵子を提供してもらい、その卵子から、女性の遺伝子が組み込まれている『核』を抜き取って『除核卵子』とします。その除核卵子に、患者の皮膚細胞などを移植して、しかるべき方法を取ると細胞分裂が始まり、望みどおりの臓器を作ることができるのです。

『しかるべき方法』と書いたのは、まだその方法が確立されていないからです。望みどおりの臓器を作る方法も確立されていません。確か、記憶が正しければ、なんかの薬品の濃度によってES細胞の分化があるらしいです。

しかし問題なのが、このES細胞、女性の胎内に移植すると子供ができちゃうんですよ。
これは患者のクローンなわけですから、日本の法律で言う『クローン規正法』に抵触します。日本だけではなくて、国際的にクローン人間は厳粛に禁止されています。

それ以前の問題として、ES細胞を作るためには生命の根源である卵子を潰すわけだから、倫理的な問題を常にはらんでいるのです。
今後、この議論に火がつくのは間違いないでしょうね。


それにしても……。
ついにリアルの世界もここまで来たかと思いました。
僕自身、このジャンルには興味を持っていまして、以前から注目していました。
遺伝子ドーピングとか、遺伝子組み換えとか、クローン人間……。
SFだけの世界かと思っていたら、意外とすぐそこまできているんですね。

ES細胞から作り出された臓器移植って言うのも遠くない未来にあるかもしれませんね。
そうすれば移植待ちで亡くなるっていうケースも消えるでしょうね。

このニュースの詳しいことは、ヤフーニュースに載ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.29

地震ていうのは

怖いものですね。
来るのが分かってて、完璧に対策を立てても、いざ来たとなったらガスの元栓締めてブレーカー落として、逃げ道を確保しておいて・・・そこで手が止まっちゃう。
で、どうしようか、って。
もし津波が来るぞ、なんてことになったら慌てて逃げ出すしかないでしょうね。

2005/3/28の地震では津波の被害はなかったものの、千~2千人が死亡したと伝えられています。
そのほとんどが建物の下敷きになったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.25

ライブドアvsフジテレビ3

これは私的な意見なので真に受けないでください。ただの呟きです。

フジテレビのホワイトナイトにはソフトバンク・インベストメント(SBI)がなるようです。
SBIはニッポン放送が所有している13.88%のフジテレビ株を借り受け、フジテレビの筆頭株主となりました。これによってライブドアがニッポン放送を経由してフジテレビと提携することは困難なことになりました。

ライブドアにとって最悪なシナリオは、SBIとフジテレビが提携して、パックマンディフェンス(逃げていた側が逆襲して飲み込むこと)をして反撃してくることだと思われます。もっとも、堀江社長は受けてたとうと言っていましたけど。
しかしその心配は今のところなさそうです。

SBIは今回の提携に際し、ライブドアよりも具体的なヴィジョンをプレゼンテーションしたことになります。やろうとしていることはライブドアに近い(それかおなじ)ことなんですけどね。
『SBIビービー・メディア投資事業有限責任組合』というものを立ち上げたようです。そこではネットとメディアの融合に対して模索するようです。
SBI側は、『フジテレビのホワイトナイトになるつもりはない。だがこの騒動を丸く治める策はある』と言っていました。

これに対してライブドア側は、ニッポン放送がフジテレビ株をSBIに貸し出したことに関して、なんらかの法的手段を行使できないかと検討しているようです。

しかし・・・・・・。
フジテレビの老人方は堀江社長がよほど嫌いなようですね。
ライブドア側が話し合いを求めてもちょっとしか応じないし、黙っていたかと思うと他のインターネット関連企業と提携するし。
それにしてもSBIでしたか。私は楽天が出てくると思っていましたけど。しかし今出てこなくても近いうちに出てくるでしょう。

 さて、素人目に見て、これからのシナリオを考えて見たいと思います。

 まずは、SBIとフジテレビが立ち上げたファンドにライブドアが参画するシナリオ。これは一番ありうると思います。

 次にライブドアがニッポン放送のフジテレビ株を取り戻し、従来どおりフジテレビと提携を呼びかけていくシナリオ。これもありえますね。フジテレビ側もSBIと手を結んだと言うことはネットとメディアの融合に対してある程度の期待はしているわけですから。

 最後にライブドアがLBO(レバレッジド・バイアウト:てこの意)によってフジテレビを買収すると言うシナリオ。これは一見なさそうに見えますけど、堀江社長のことだからなにをやらかすか分かりませんね。

これからどうなるかは、SBIの呼びかけにライブドアが応えるかどうかにかかっているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.24

ライブドアvsフジテレビ2

これは私的な見解ですから真に受けないでください。ただの呟きです。

 ニッポン放送株の新株予約権の発行に関する東京高裁の判決があったようです。
結果はライブドアの勝利です。
これを含めるとライブドアの3連勝と言うことになります。

 それにしてもその後のニッポン放送の亀淵社長の記者会見がなんともいえぬ哀愁が漂っていましたね。
亀淵社長はまず一言目に『残念だ』といって、その後も連発し、記者から堀江社長について聞かれると、
ずるい』と言ってました。
ずるいってあんた・・・・・・。あんたが生きている社会はこういうものなんだよ、って失笑してしまいましたけど、そこがカメちゃんの愛嬌と言ったところでしょうか。

 ライブドアの堀江社長は、フジテレビの買収は今のところ考えていないようです。当面のところはニッポン放送を通じたフジサンケイグループとの提携でしょうか。
『我々はこの分野に関しては素人だ。教えを乞うて行きたい』といった意味のことを言っていました。

 フジテレビの日枝会長は、記者会見には出てきませんでした。
その代わりに社長が出ていました。その社長は記者の質問に対して、あまりにも大げさな相槌を打って、慎重に言葉を選んでいたところから察するに、日枝会長は相当ご立腹のようです。当然と言えば当然ですが。

さて、これでライブドアとフジテレビのバトルは終わりました。……このままでは終わりそうにないけど。
楽天が動きそうかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.19

ライブドアvsフジ1

これは私的な意見なので真に受けないでください。ただの呟きです。

さて、ライブドアがニッポン放送を買収することがほぼ確実となったようです。しかしそれだけでは止まらずに、ライブドアはフジテレビも買収しようかという勢いのようですね。
ニッポン放送が持っているフジテレビ株が22%ほどですから、30%ほど買い足せばいいわけですから。
となれば必要とされている資金は2000億円だそうです。

ただ、ぼくが思うにフジテレビ買収の情報はブラフなのかな、と。
もちろん、やる気はあるのでしょうけど。

LBO(買収企業の資産を担保に資金を調達する方法)によってフジテレビを買収するという情報を流すことにより、フジテレビが交渉の席に着く可能性は高くなるわけです。
もちろん、今までどおりフジテレビ側が強硬な姿勢をくずさなかった場合、ライブドアはフジテレビを買収しようとするでしょう。

現状ではライブドアのほうが有利な選択肢が多いようですね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)